2005-12-12

運転免許証取得!

やっと免許、取得できました。
実は、恥ずかしながら、一回Road Testに失敗していて、今日が二回目でした。
一回目は、左折の時に、レーンを間違えたのです。四車線の道路で、私はその道が一方通行だということを忘れていて、右から二つめの車線から左折したのです。しかし!そこは一方通行の道。一番左の車線から左折しないといけなかったという、なんともお粗末な。
しかし今回は無事クリア!ほっとしましたよ。。。

一週間前後で免許証が郵送されてくるそうですが、なんと明日から出張&帰省で日本に行くので、帰ってきてからのお楽しみ、ということで。

しかし、ストップサインのない交差点、試験だし、安全策で停止したのだけど、なぜ止まる?止まっちゃいかんよ、と注意された。徐行しながら曲がれだと。いいじゃん、より安全なんだから。
なのに、道を譲れのサインで、ぜんぜん遠くを走ってきていた車の先が会ったのだけど、その車を待たずにゆっくり曲がったとしても、何ら安全に支障はないし、その車はスピードを緩める必要もない距離なのに、その車に道を譲れだと。

また、二回目だったけれど、試験管のチェックする項目が全然違う。最初は車の装備をチェックしてからスタートだったのに、今回は永住権のカードを確認してからスタート。なんでそんなに違う?きっちりとマニュアルに乗っ取ってやれよ。あっ、マニュアルなんてないのかな?

まー、首尾一貫していないことは、この国ではいつものこと。免許くれるまでは黙って聞いておくか、でやり過ごすことにはしましたが。。。なーんか釈然としない。。。

アホでマヌケなアメリカ白人」なんて本がありましたが、ちょっと読みたくなってきました。

2005-12-06

華氏-8度

米国では温度は華氏という単位です。華氏という単位は、「健康な人間の血液の温度を96度、氷と食塩の混合物の温度を0度に定めたもの。」だそうです。この単位では、摂氏0度は華氏32度、摂氏100度は華氏212度になります。

さて、そうすると、華氏-8度は摂氏では何度になるでしょう。
正解は、摂氏-22度です。いやー、北海道の一番寒いところのような温度ですね。

さてさて、これからが本題です。
この華氏-8度、実は今朝のミネソタの最低気温です。ちなみに最高気温の予想は華氏10度=摂氏-12度です。

この温度は、1月の寒さだとか。いやー、本当に寒さ厳しいですねー。
でも、家の中や建物の中はすべて暖房があり、一日つけっぱなしなのです。
寒さを感じるのは、車が暖まるまでの5分と、車と建物の間の2分くらいでしょうか。
この時以外は、日本よりも全然温かくて過ごしやすいです。

2005-12-05

停電。。。

昨日は日曜日、朝起きて照明を付けるがつかない。停電です。
照明・テレビ・電話・電子レンジ、ぜーんぶ使えない。
日曜日だし、そう簡単に復旧しないだろうな、と、もうこういう緊急対応が全く出来ない国民性を理解しすぎている反応をしていいるところに、かなりここの生活に慣れてきている自分を感じ、苦笑いしながら、暖炉に火を付け、寒さをしのぎ出す。

1時間経過。。。。
2時間経過。。。。まだ直らない。
暖炉を使っているのに、部屋の温度は下がる一方。

お昼に友人が来ることになっていたので、今日は中止と連絡したいが、携帯電話を持っていないので、電話が使えないと、連絡手段がない。
仕方なく、車で近所のスーパーとガス・ステーションに行くが、そこも停電で電話がダメ。
友人の家までは車で15分なので、結局直接伝えに行く。

結局お昼をご馳走になり、門外不出のキャラメルの作り方を教えてもらい、そろそろ復旧してだろうと家に戻る。まだ復旧していない。。。

家の温度は、華氏51度(設置10度前後)。まだまだ凍結するような温度ではないけれど、念のために水道の水を出しっぱなしにして、モールに待避!このままいたら、凍え死ます。だって、外気温は氷点下-10度くらいなのですよ!!

モールは屋内になっているので、Tシャツで歩いている人がいるくらい温かい。とはいえ、Tシャツの人の神経は、異常に鍛えられているのでしょう。普通の日本人にはムリです。セーターは必要なくらいの温度です。

夜9時くらいまでモールに待避していたのだけど、いっこうに復旧しない。時々、家に電話をして、留守電になるかどうかで、状況把握していたのです。

朝からこんな事態で疲れていたので、覚悟を決めて帰宅。
暖炉に大量の薪を入れて、ローソク付けて、ちょっとロマンチックな演出で、夜を過ごす。
なんか、キャンプみたい。S'moreを作って、ティーを飲んで、ちょっとまったりと。

暖炉でぽかぽかになってきたところで、電源復旧!!

あーよかった。災害にあって電気・ガス・水道が途絶えてしまった方々の気持ちが少しわかりました。

2005-11-30

まろの杜

米国には、日本から沢山の人が来ています。そして、皆さん日本との違いを感じられます。
私も当然そのように思った一人です。

まろの杜というサイトがあります。
http://homepage2.nifty.com/maronomori/

「そうそう、そうだよねー」と読む耽ってしまいました。
実体験を伴わないとわかりにくいかもしれません。
実体験をしに、是非来てください。

運転免許証

国際免許証を持っていたので、ずっと目を向けないようにしていたのですが、ついにこっちの運転免許証を取得することにしました。

100ページ足らずのこのマニュアル、「これを読めば誰でも受かる」という奥様の言葉を信じ一通り読破。昨日、試験会場に行ってきました。
試験はブースに入って、ヘッドセットつけて、タッチパネルで回答していくというもの。日本のようにマークシートじゃないです。ちょーお手軽で簡単。答えるたびに正誤が表示されるので、間違えたときには焦って来ちゃう。ちょーおおポカをやらかしましたが、無事知識試験には合格。
実地試験を今度やって合格したら、無事免許取得、ってことで、実施試験の勉強がてらドライブにでもいこうかな。。。って、外は雪ですが。。。。

試験問題の例:

・4方向停止しなければならない十字路で、隣り合う方向から同時に交差点に張ったときに、右側が優先か、左側が優先か?(正解: 右側)

・21以下のドライバーが飲酒運転と検出される濃度は?(正解: 検出されたらどんな量でも。21歳以下の飲酒自体が違法です。21歳以上の場合、0.08 以内はOK)

こんな問題が、難しい部類かな。あとは、標識の意味とか、当たり前の話ばかり。
確かに、マニュアル読んでさえおけば、誰でも受かりそう。

 Posted by Picasa

2005-11-25

Thanksgiving

昨日はThanksgivingでした。
Thanksgivingについて知らない方は、ここをみてください。
今回は、奥さんにお願いして、典型的な定番料理を全部そろえてもらいました。

ロースト・ターキー、スタッフィング、クランベリー・ソース、マッシュ・ポテト+グレービー、さつまいものシロップ煮+マシュマロ、インゲンのカーリック炒め、ビスケット、アップルパイ+バニラアイスクリーム。

ターキーは、丸ごと買うととても大きすぎて、食べきれないので、胸肉だけのターキーを買ってきました。それでも6-8人分のお肉があります。普通のアメリカの家庭でも食べきれないようで、翌日はターキーサンドウィッチというのが定番だそうです。

このターキー、皮のパリパリのところに微妙な塩加減だと、うまいことうまいこと。焼き鳥の皮に近いですね。甘いクランベリー・ソースと見事なバランスでした。スタッフィングは、ソーセージを加えていて、お肉好きにはたまらない。

しかし、細かい作業がそう得意でないアメリカの家庭でみんな作られていることからわかるとおり、作り方はいたって簡単。ターキーなんか、塩・こしょうして、オリーブオイル塗って、オーブン入れるだけ。

日本から遊びに来てくれた方には、是非ディナーにだしたい料理です。

 Posted by Picasa

2005-11-16

クイ

道のそこら中に杭が打たれています。
除雪の時とか車での通行の際に、雪で協会がわからなくなってしまわないようにあるみたいです。
小さな旗のような物が立っている場合もあります。 Posted by Picasa

初雪

初雪です。なんと気温は-10度。
足下は凍結してました。 Posted by Picasa

2005-11-06

なべ

ミネソタは寒くなってきました。寒くなってくると食べたくなるのがなべ。
日本の電化製品、結構こちらでも手に入るので、なべを買ってしまいました。
土鍋がほしかったですが、ガスコンロがないので断念。
すき焼きや日本風の焼肉もやりたいので、電気のなべで、なべをを交換して、いろいろな料理ができるタイプを買いました。

今日は鳥なべ!
来週は、友人を呼んでなべパーティーにしよう。

 Posted by Picasa

とうふ

食事にあまり困ることはない毎日で、日本の食材もほとんどそろってしまうミネソタですが、豆腐だけは
いいものが手に入りません。今日は、自家製の豆腐作りに挑戦したのでした。

日本から、豆腐を作るための木の枠だけは持ってきていたので、あとはレシピ通りに作るだけ。日本ではにがりがブームですが、その影響か、こちらのオリエンタルショップにもにがりはあるんですね。

写真は、ちょっとピントがずれてしまってますが、味はどんぴしゃ!
おからもたくさんできたので、これまた新米とともに食べるおかずがたくさんできました。

 Posted by Picasa

2005-10-29

S'more

暖炉で、S'more というのを作ってみました。
I want some more の some more を略して S'more というのだとか。
アメリカのキャンプファイアなどで定番のお菓子だとか。

作り方は簡単、グラハムバーに、火で焼いて、ちょっときつね色になったマシュマロと、板チョコを載せて、サンドイッチにしただけ。キャンプファイアでは、その辺の小枝にマシュマロをくっつけて焼くのだとか。

結構甘いです。甘いものが好きな人は好きかも。日本だと、大きなマシュマロがあまりないので、味はちょうど良くなるかも。でも、小さいと焼きにくいかな?


 Posted by Picasa

暖炉を使ってみました

朝は氷点下になりだし、本格的に寒くなってきました。
せっかく家に暖炉があるので使っています。
今日は、暖炉で焼き芋を作ってみました。オリエンタル・ショップで日本のさつまいもを買ってきて、アルミホイルでくるんで、暖炉に放り込んで小一時間、ふっくらとできあがり。
塩を少々、奥さんの実家ではさらにバターもつけていたというので試してみたところ、ばかうま。
暖炉、最高!

Posted by Picasa

2005-10-17

結婚パーティの写真

こちらでやった結婚パーティーの写真ができてきました。
ちゃんとしたアルバムを制作中ですが、完成までまだまだ時間がかかるので、一部を載せます。
12月に日本に帰国する際には、アルバムを持って行きます。





2005-10-11

紅葉


家の周りの紅葉が美しくなりつつあります。
家のある SHERWOOD の入り口から、家の前の通りまで、写真に撮ってみました。

最近は曇りがちの日が多いので、こんなに良い天気は久しぶりです。

2005-10-10

アウトレットモールに行ってきました

アウトレットモール、行ってきました。
車で45分くらいでしょうか。田舎でハイウェイのリミットが70マイルになるような場所です。
えっ、これしかお店ないの?と思って車を止めるために回っていったら、あるわあるわ。
何店舗あるんでしょうか。ばかでかいモールでした。
Ralph Lauren, Nike, BrooksBrothers, Banana Republic, CalvinKlein とメジャーどころと、後は日本では有名じゃないのですが、米国では有名なお店たちがずらーーーーーーりと。

ただ、Mall of America とかの屋内モールではないので、冬はいきたいないですね。
暖かいときには、何でも定価よりも安いので、おすすめ。

でも、私たちが買ってきたのは、下着くらいでしたが。。。
何買いにいってんだか。

2005-10-08

Stillwaterへ行ってきました

いよいよ秋本番になってきました。

車で45分くらいのところにある、Stillwater という小さな町に行ってきました。アンティークのお店がたくさんあるところです。

ここの川沿いのレストランは、眺めがよくて秋を感じるのには最高です。昨年は、美しい紅葉が広がっていたのですが、今年は少し早いようで、すこし色づいてきたくらいでした。

最近は、朝の最低気温が5度以下の日が続いてきていて、いよいよ寒さ対策に入らないといけないです。

明日は、ブランドもののアウトレットショップがあるモールまで行く予定です。冬支度に入ります。 Posted by Picasa

2005-10-01

逮捕劇を見たとです!

はじめて、生で逮捕劇を見てしまいました。

これまで、ハイウェイでスピード違反でつかまっている程度はありましたが、今回は違います。
容疑者が車から、頭の後ろで手を組んで出てきている、そのまわりにはパトカーが7,8台という状況です。

買い物に出かけた途中のハイウェイで、途中パトカーが何台もランプを光らせて走っていったのです。
なんだろうと思っていたら、途中から渋滞が。そのパトカーが一台の車を止めて、ハイウェイの片側を止めて、容疑者らしい人物に対して、何か言っているようでした。遠くて、また、先を急いでいたので、迂回してしまい、最後まで見てはいません。

警官が何人も出てくるかと思いきや、はやり銃社会、警戒して車の中から容疑者に話しているようでした。
車のまわりには、手を挙げた容疑者が動き回っていて、パトカーを先頭に渋滞が出来ている、という状況。

でも、ここは治安が悪いわけではないです。
車を追跡していたために、たまたま私たちの通り道でとなっただけなのでした。

2005-09-23

森村農園。Web SITE

結婚パーティーも終わり、余裕が出来たので、実家の農園のサイトを改修してみる。

これまで、兄がHTMLで手作りで更新していたのだけれど、これだとどうしても更新に手間取ってしまう。 そこで、CMS(コンテント・マネージメント・システム)を導入して、更新を簡単にしようかとやってみた。

さくっと、4時間くらいで完成。良いんでないかな。


仕事でもこの領域に関しては、いろいろ調べているので、沢山ソフトウェアがあることはわかっていた。 まえまえ使ってみたいと思っていた Joomla にしてみた。(仕事でも、使えるかどうか試してみたいという思惑もあり。)

Joomla は、Mambo というソフトウェアを前身としたもので、ライセンス上の問題で、つい最近 Joomla としてリリースされたソフトウェア。 Mambo は、こっちに来てから雑誌で Award を受賞していたことから知ったのだが、良くできているソフト。日本では、Xoops とかが日本発ということもあり有名ですが、欧米では Mambo が最も有名らしい。日本にいたのでは、なかなか知る機会がなかったソフトかもしれない。

2005-09-18

Wedding Party in MN

ミネソタでのウェディング・パーティー終わりました。
8月に、こっちでウェディングをした奥さんの友人は、何から何まで注文通りにやってもらえていなくって、すっごいストレス状態だったのです。私たちも同じようなことになっちゃったらどうしよう、、、と心配していたのですが、すべて注文通りに出来上がり、良かった。

天候は、雨が少し舞いそうという天気で、晴天にはならなかったのだけれど、影が出来ないので、写真撮影には適した天気でした。St. Paul の古い街並みの中で写真を撮ったので、逆に良い雰囲気だったと思います。

ドレスとタキシードを着て歩いていると、すれ違う人みな Congratulation! と言ってくれます。
うれしいですねー。
ホテルからレストランまで、クラシックカーを頼んであったので、それに揺られレストランへ。
車から降りて来たら、近所の子供が車に興味を持ってやってきて、ウェディングだと話したら、お祝いだっていって、$5 プレゼントしてくれた。

レストランは、古い煉瓦造りのお店。地下なので、キャンドルと花でデコレートして、とっても良い雰囲気。この雰囲気、ちょっと日本では難しいかなー。

日本での結婚式・披露宴のDVDも見てもらい、出席してくれた人々は、日本人でもちゃんと知らない、みたことのあまり無い神前式の結婚式を知ってもらえた。

良い式が出来て大満足なのでした。
プロカメラマンの写真の出来上がりが楽しみです。


これは、ホテルから St. Paul 市内を撮った写真です。前方に見える教会を超えていったところにレストランがあります。

2005-09-10

パーティーまで残り一週間

ミネソタで奥さんの友人たちを招いてのパーティーを、来週行います。
今は、その準備で買い物やら、コンピュータで印刷物作ったりやらで忙しがっています。

日本での結婚式は、ぜんぶ椿山荘の方にお任せで出来たので、とっても楽チンでしたが、こちらは全部自分たちで手配してやらないといけないので、なんだかやり残していることがあるのではないかと落ち着かないですね。

今日は、ドレスの直しが出来たということで、取りに行ってきました。
ギリギリになって、花もオーダーしてきて、あとは音楽を決めるのが一番大きな作業でしょうか。

来週は、日本での結婚式のDVDを来てくれた方々に見せる予定です。
日本の神前式を知ってもらう良い機会です。

2005-09-03

ステート・フェア

ステート・フェアに行ってきました。ミネソタ州のお祭りのようなものです。
(写真、ホワイトバランスを変えていた(屋内用にしていた)のを忘れていたので、青っぽくなっちゃいました。)

農業が盛んな州だけあり、ミス・ミネソタがトラクターで牽引されていたり、牛のでっかい置物があったり、山羊やニワトリ専用の建物があって売りに出されていたり、まるで実家とかのお祭りみたいじゃん、て感じでした。

フェアでは、食べ物は何でも串に刺して食べ歩くというのがおきまりで、ミートボールの串刺しとポークチョップ(骨付きのトンカツ用のお肉の箇所だと思います。)の塩焼きを食べる。
ミートボールは、ローカルの新聞に載っていたのでトライしてみたのだ。単純なミートボールです。スパゲティー味のミートボール。ただ、味にコクが足らない。屋台食だから、しょうがないか。
ポークショップは、フェアの名物。お肉自体は美味しかった。でも、私にはちょっとしょっぱい。こっちの人々は、味にメリハリが強いものが好きなので、ちょうど良いのだろうけど、私には厳しい。

その他、ポップコーンを大量(直径20センチ、長さ80センチくらいの袋ですよ!)に食べ、お腹いっぱいに。でも、ほとんど奥さんです、食べたのは。奥さん、ポップコーンが大好きなのでした。













2005-08-26

LASIKやって一週間

LASIK やって一週間、目に違和感は全くなく、快調です。目薬もいらなくなりました。

コンピュータに向かっていて、ちょっと視点がずれると、つい落ちてきたメガネを直す動作をしてしまいます。手が空振りをしているさまが、自分でもとっても滑稽です。

ジムに行くと、汗を拭くのにメガネを取らなくて良いのに驚き、サウナにはいるのに、一緒に入っている人々がよく見えすぎてしまってグロかったり、まー、そんなところです。

今日は金曜日で、4時前だというのにどんどん人が帰っていきます。
私もそれを見習って。。。。

2005-08-20

LASIK やりました

LASIK やりました。裸眼で 20/20 vision (正常視力)です。
まだ一日しかたっていないので、多少違和感があるのですが、もうメガネなしで、ぜんぜん大丈夫です。
左目は、何ともありません。右目だけ、少しだけ痛みがあり、ぼやけもあるのですが、これは通常で、2,3日もすればなくなるということです。

一週間は、目の表面を削っているので、それが直るのを助けるクスリと、感染症を防ぐためのクスリ、ドライアイになったときのクスリ、これを一日4回やればいいそうです。

よく見えすぎて眩しいので、サングラスを買いました。普通にサングラスが買えるなんて、ちょっと前までは信じられなかった。

これからコンタクトレンズとメガネ、捨てちゃいます。

2005-08-13

LASIK

LASIK(レーシック)をやることにしました。
LASIKは、レーザーを使って、近視や乱視を矯正する治療です。
奥さんも7年前にカリフォルニアで治療を受けているのですが、治療を受けた翌日の朝、ベッドからメガネなしで部屋の反対側にあった時計の時間が見えるようになったといっています。
その他、数人LASIKをやっている人がいますが、みなやって良かったといっています。

昨日、クリニックに行って、コンサルティングを受けてきましたが、もっとも危険性が少ない目のようです。視力は1.5くらいまで回復するだろうといわれました。

いろいろ調べてみると、合併症等を引き起こす確率は、コンタクトレンズなんかよりも低いみたいです。かなり安全ですね。

というわけで、来週の金曜日、治療を受けてきまーす。

2005-08-09

スモーク・サーモン

奥さんの友人の結婚式に出席するため、ミネアポリスから北に170マイル(270km)いったダルース(Duluth)に行ってきました。

五大湖の一つ、スペリオール湖の西の端に位置するところで、結婚式は船を貸し切って、湖の上で結婚式と披露宴が行われたのでした。 とっても良い結婚式でした。
新婦は、日本人の女性で、ご両親がいらっしゃっていたのですが、日本語がわかる人は他にいないため、奥さんは通訳、私は話し相手と、新郎新婦のお手伝いが出来て良かった。
五大湖は、Google Mapでは、この辺です。 縮小していって下さい。


このあたりはサーモンが有名なので、スモークサーモンを買って帰ってきました。


2005-08-02

メジャー・リーグ

メジャー・リーグ、地元の球団、ミネソタ・ツインズの試合を観戦にいく。
日本のように、やかましい楽器がないので、選手のプレーの音が聞こえるし、すっごい近くに選手を感じることが出来る。

特大ソーセージ(長さ30センチくらい)をほおばり、バケツいっぱいのポップコーンを食べながら、楽しく観戦出来ました。


ファーマーズ・マーケット

ファーマーズ・マーケットにて。



2005-07-22

スロークッカー

スロークッカーを使った料理にはまってます。
今日も、油で表面だけ焼いたチキンと野菜、スロークッカー用のソースを放り込んで、会社に行き、買ってきたら、はい、できあがり。ちょー簡単。

忙しい時には、とっても重宝でしょう。

アメリカでは、結構ポピュラーな料理方法だそうです。
まだチキン用だけしか使っておらず、ポーク用はまだ試していないので、美味しかったら、今度日本に帰る時には買って帰ります。
それまでに、スロークッカーを用意しておきましょう!

SOAP にラブラブ

仕事で Web サービスの実装を開始。
単純なサービスと呼び出すクライアントを作成してみる。
SOAP-RPC って、すごい。簡単にリモートのメソッドをコール出来る。
もう、はまりまくり。

2005-07-15

甲高幅広

私の足は、甲高幅広、そう、靴は非常に似合わない。
アメリカでなら、そんな私にでも合う靴があるのではと探し回りました。
結論は、下駄が一番似合うでしょう。

アメリカだと、大きなサイズがあるため、大きさには困らないです。
でも、やっぱり私の足では、かっこいい靴はダメみたいです。

11インチの靴で、幅がちょうど良くなるけれども、先っぽは1インチくらい余ります。
まー、仕方がないか。

2005-07-06

照明の写真

照明を入れ替えましたが、写真をとったので掲載します。

玄関:


ダイニング:

2005-07-04

料理するぞ

昔、といっても10年くらい前、実家にいた頃よく食べていた、なすのサラダが食べたくなり、母親にrecipeを送ってもらい、作ってみる。

こっちのなす、でかいっす。日本のなすなら5本のところを、半分だけ使って作ってみました。
ホタテを買い忘れてしまったので、ホタテはなしだったのだけど、まーまーのお味に。
奥さんにも喜んで食べてもらえました。

来週は、煮込みを作ります。

4th of July

米国で向かえる、初めての 4th of July(独立記念日)です。
奥さんも、永住権を取得してから最初の記念日。

奥さんの友人の彼氏の家で BBQ をし、私たちのお祝いにと、星条旗をかたどったケーキでお祝いしてもらいました。

あー、ケーキの写真とっておけばよかったぁ。。。

2005-07-03

照明を総入れ替え

家の照明、すべて(14個くらい)新しいのに交換しました。
これまで、あまりセンスが良いとは言えない、照明ばかりが付けられていたのです。
前に住んでいた人、そういうことには無頓着だったのかな。

思い切って、すべての照明を交換してしまいました。
日本のように、はめてねじったら装着終わり、というようには出来ていなくって、
壁・天井に着けられた穴に、照明接続用の器具を付けて、配線を手でねじって付けて、キャップを付けてしっかり固定&ショート回避、最後に照明をねじで留める。

家の天井は、最も高いところで5mくらいの高さになるので、8段の脚立を買ってきての作業。
照明といっても、シャンデリアなので、重さ15kgくらいはあるものもあり、それを片手で持ち上げ、もう一方で配線を繋げたりと、かなりの重労働でした。

日本のような簡単な装着方法、なぜ普及していないの!

2005-07-02

結婚披露パーティー in Minnesota

こちらでのパーティーの準備、進めています。

日本と違って、いろんな人を自分たちで手配しないといけないので、結構大変です。
今日は、招待状、カメラマンと車、ケーキとを決めました。

招待状は、日本と違って、文章は結構自由に書いて良いみたいです。とはいえ、私にそんな作文能力はないので、奥さまにおまかせ。

こちらのカメラマン、日本とは取り方が少し変わっていて、アーティスティックに作ってくれるので、楽しみです。カメラマンは、全部 Mac 使いでした。

車は、ホテルからパーティー会場までと、その他写真のために手配しました。
1940年制作のパッカードという車にしました。

ケーキは、私の大好きな Byerly's にオーダーすることに。

さてさて、あとは何が必要かな。

庭木の手入れ

庭木の手入れをする。
親父にFAXして、どう切るべきかアドバイスを求め、とりあえずやってみた。
親父のやっている姿はよく見ていたので、どうやったら良いかはわかってはいるものの、
実際にやってみると難しい。まっすぐにならない。
買ってきたハサミも、安物($9)ではあまり切れ味も良くない。
試行錯誤を繰り返しながらも、まー、形になったかな。はじめてにしてはよくやったということにしておこう。



2005-06-30

英会話のレッスン

英会話のレッスンを開始。
大学とかで英語を教えている人が、ボランティアでやってくれるということで、お願いする。
非常にわかりやすい良いアドバイスをくれる人でした。

まず、私のレベルだと、
  • Fluency
  • Vocabulary
を心がけろと。

発音のために、
  1. 口を大きく開けること
  2. 「えー」とか英語の世界にない音をなくすこと
  3. wとrの時の唇の動きに注意すること(キスする時のように、口をすぼめる)

ということだそうです。

さて、明日から練習に励みます。

2005-06-23

Google Maps

Google Maps というサイトで、全世界の衛星写真が見られます。
私たちのお家は ここです。

実際には、もうちょっと西側です。

日本の場合、東京都内は最も詳細な写真が見られましたが、松本はダメでした。
空港と鎖川はわかるのですが、家まではよくわかりません。
ざんねん。

dakota

副社長が日本から来ていて、食事のお供で dakota という Jazz の楽しめるお店に。
ミネアポリスのダウンタウンにあるお店で、最近 St. Paul からうつってきたので、とても内装が綺麗。

Jazz を楽しめて良かったのですが、今回はなんといっても、ステーキがおいしかったです。
アメリカに来て、いろんなところでステーキを食べていますが、今までのなかで一番おいしかったです。
肉汁が中にすっごくでていて、ブルーチーズバターが上にのっていました。
奥さん曰く、日本のステーキによく似ている、だそうで。
付け合わせがインゲンだったり(これもおいしい)して、確かにアメリカらしくないといえば、らしくないかな。

日本から来られてステーキを食べたい時には、このお店へご招待。

2005-06-20

水道修理完了

うまくいかず持ち越しだった水道工事、完了しました。
先週うまくいかなかった箇所は、蛇口をねじ込む手前のやつだったのですが、ここは、予めハンダが中に入っているタイプを買ってきて、無事水もれなく完了。
しかし、これまで発見されていなかった水漏れの発見され、また Home Depot へ部品の買い出しに。

上の方なので、パイプの切断はうまくいかないし、バーナーで熱すると、天井まで焦げちゃうし、いろいろありましたが、無事に修理完了。

ふぅー。




Posted by Hello

2005-06-14

今日の英単語

Michael Jackson の裁判から。

acquit - ~に無罪判決を言い渡す
accuse - 訴える、非難する、告訴する

2005-06-13

Water Heater

アメリカの給湯設備は、熱したお湯をタンクに貯める形式が一般的です。
ガス漏れのようなにおいがしたので、チェックのためにガスを止めたのですが、お湯がでなくなりました。

Home Depot で買った本を読んで、どういう原理で動いているか確認すると、なんと、種火が必要で、24時間種火がついているということなのです。ガスを止めてしまうと、種火が消えてしまうので、ガスを送ってもお湯は温まらないのです。

家の中で、24時間、この種火がついているとは、ちょっと怖いです。
この Water Heater も古いので、新しいのに変えることを検討しだしました。
タンクに貯めないタイプも普及しだしているようです。日本で使っているような、温度をデジタルで指定出来て、お湯の蛇口をひねってお湯を出すと、湯沸かししてくれるタイプ。
なんと、Paloma のが Home Depot に並んでいて、タンクのあるタイプに較べると、割高なのですが、こちらの方が安心なので、かってしまうかも。。。

次は、furnace(空調)の購入か。。。

配管工事

ガレージに水道の蛇口があるのですが、これが冬に凍結してしまって破裂してしまっていたので、修理しだす。

Home Depot で、部品と連結の仕方の書かれている本を購入。簡単にできるだろうと作業開始。
米国の水道管は、L字に曲げたりする箇所には、ハンダで固定するのが一般的。
パイプをカットして、接続部品で繋げて、ガスバーナーで熱してハンダを溶かし、固定する。
電子機器でハンダに離れていたのだけど、ガスバーナーで熱して溶かすというのには、ちと不慣れ。
2時間もかかってしまった。蛇口を付けて、水を流すと、、、みごと噴水のように水漏れ。。。
ハンダで接続した箇所の一つが、ぜんぜんダメだったみたいです。他の箇所は、予めハンダが中に付いていて、溶かすと接続箇所の中からハンダが溶けるようになっているのですが、失敗した箇所は、外からハンダを溶かしてあげないといけない箇所で、しっかり均一にハンダを付けられていないようでした。

来週、リベンジです。

2005-06-06

結婚式・披露宴

先週、ついに結婚式・披露宴を日本でやりました。

結婚式
神前式で行う。まー、うまくできたでしょうか。誓詞もつっかからずにうまく喋ることができたし。ただ、三三九度の時に、お酒をすこしこぼしてしまったのでした。拭き取るものがなく、ちょっと困った。
海外から来てくれた人がいたのだけど、めったに経験出来るものではないので、喜んでもらえたと思う。頭数あわせできてもらった方々、サンキュー。

披露宴
いきなり新郎挨拶で口がまわらずつっかかる。いやー、久しぶりに緊張したー。
乾杯が終わってお酒が入ってからは、ちょーリラックスしてしまったけど。
普通、新郎新婦って食事が取れないものだと思っていたけど、見事に完食。
料理はぜんぜん試食していなかったので、心配していたのですが、とってもおいしくて良かった。
さすがフォーシーズンズの料亭。
新婚旅行でいった温泉旅館ででた、鴨といちじくという料理を、披露宴で思い出の料理としてお願いしたのだけれど、見事なお味でした。料亭でもはじめての料理ということで、係の人も興味津々でした。


結婚式・披露宴て、こんなに疲れちゃうものなんですね。たいしたことないだろうと思っていたのですが、間違いでした。普通、このほかに二次会があるだなんて、信じられない。二次会やらなくて良かった。

今回、新婦は和装で、披露宴の最後までやったのでが、着物をしっかりとしわなく維持するために、肩の方からお腹の方にかけて、すっごく引っ張るらしいのです。これにより、新婦はめちゃくちゃ肩こりになり、宿泊先のホテルで、マッサージをお願いしました。これからやる人には、披露宴の後、すぐ近い場所のホテルで宿泊し、マッサージを予約しておくことをお勧めします。

あと、フォーシーズンズ・ホテルは最高でした。
ホテルには文句はないのですが、他のお客の見苦しさにはまいりました。
サービスを受けるのに慣れていない人、もはやノイズとしか言いようがない会話、
携帯電話で話ながらいきなり立ち上がり怒りあらわにする人、勘弁して下さい。
やっぱり、良いホテルには、それなりの人しか来ちゃ行けないと思います。

私たち夫婦は、それなりになれる可能性のある人、良いものを知ることで成長出来る人、ってことにしておいて下さい。(^^;

2005-06-04

米国帰国

日本では、インターネットへの接続環境がなく、しばらく更新出来ませんでした。

米国に戻ったので、落ち着いて書いていきたいと思います。

2005-05-23

日本帰国

一時日本帰国しました。
結婚式が目的の予定だったのですが、東京オフィスの移転と同じタイミングとなり、会社の経費で帰国、米国に戻ることができたのでした。

1ヶ月半ぶりの日本は、
・蒸し暑い
・満員電車、嫌い
・オフィスは個室がいいよー

はやく米国に戻りたい。。。

2005-05-18

ドレスを決めました

こちらでやる Wedding Party のドレスを決めました。
7,8 件のお店を見て回ったでしょうか、なかなかこれだっていうドレスがなくて、探す元気も萎えてきてしまいそうになってきていた時、Hourse of Bride という小さなお店で、なんと二つもステキなドレスを発見!

ごくごく小さいお店なので、ぜんぜん期待せずにいったのに、お店の中は全部改装されていて小綺麗なのです。置いてあるドレスは30点くらいですが、いいものを揃えているのです。しかも、とってのリーズナブルなお値段で。

二つのドレスをどちらにしようか、二人でかなり悩みました。
いただいたティアラがあり、これを是非使いたいと思っていたのですが、最後はティアラが導いてくれました。無事パーティーにも間に合うようにオーダーができました。

ここのお店のいいところは、ここで買うと、タキシードのレンタル費用が無料になること!
(男性って、この程度の扱いなのね。。。)

さて、後は演出を考え出そう。

2005-05-16

blogger へ移行しました

blogger の方が楽しそうだったので、こっちに移行してみました。
ブックマークに入れている方は、変更をお願い致します。

http://teru-morimura.blogspot.com/

2005-05-11

ジムに通い出しました

日本でも運動のためにジムに通っていまいしたが、生活も落ち着いてきたので、こちらでも通い出しました。奥さんが行っているジムです。
このジム、ロッカーが有料で、ロッカーを使わなければ、荷物を全部もって移動する必要があります。ジムを利用する時のロッカーを与えられるものだと思っていたので、かなりとまどいました。いろいろ荷物持っていて、サウナとシャワーを浴びる時に鍵のかかったロッカーにものがないというのは、どうしても不安でダメだったので、有料のロッカーを取得。結構みんな荷物を持って歩いている。すべてのジムがこういう形式ではないらしいのですが、米国でこんな所があるということにビックリ。
マシンとかは、日本でも使ったことがある機械なので、問題なし。ただ、重量がポンドなので、まだ毎回換算しないとよくわからない。また、みんな体が大きいので、マシンの調整を小さい人用に変えないと行けないのだけれど、改めてこちらだと、大きい人でないということを実感。
日本だと、スポーツドリンクとか沢山売っているのに、ここにはCokeくらいしか売っていない。なんてこった。みんな運動した後に、甘ったるいお菓子とか食べてる。ここはダイエットとかが目的と言うよりも、社交の場といった方がいいかもしれない。

2005-05-10

夫婦間の会話が英語になりました

こちらでの生活にもかなり慣れ、道も覚えて、何不自由ない生活ができるようになりました。
しかしながら、慣れすぎてしまって、英語使わなくてもぜんぜん生活できてしまう。なんてこった。日本でも会社での仕事以外、会話なんかしなくったって生活できてしまいますが、それと同じってことね。
図書館で、英会話のクラスがあると言うことで、近くの図書館に行ったのですが、募集したけどあまり集まらなかったと言うことで、今はやっていないとのこと。別の図書館に行ってもいいのだけど、週一のクラスじゃ、やっていないのとあまりかわんない。
というわけで、ネイティブと同じに話せる奥さまが先生となってくれることに。日常生活の夫婦間の会話を、英語とすることになりました。ネイティブよりもとっても発音の良い奥さまなので、リスニングはテレビやDVDの映画とすることにしました。
さー、がんばるぞ。

ミネソタでもウェディング・パーティーやるです

3週間後、日本で結婚式と披露宴をやります。が、ミネソタでも、ウェディング・パーティーをやることにしました。
奥さんはここで生活していて、ここに沢山友人がいるのにもかかわらず、当然みんな日本の披露宴に招待しても行けないわけで、ここでもパーティーをやっておきたかったのでした。
パーティー会場の下見とウェディング・ドレスを見にいろいろまわったのですが、パーティー会場、ホテルだと、やっぱり日本と同じような事情のようです。
まず、会場のレンタル費用が高い、花とかの装飾も別途費用がかかる。料理がおいしくない。
ってわけで、St. Paul の WA Frost というレストランにしました。http://www.wafrost.com/
ドレスは、日本にくらべて低価格帯の商品が沢山ある。$300-$1500が主流かな?$2000を超えてくると、結構いい品物。米国では、ドレスは女友達と買いに行くのが通常なので、夫婦で買いに行っていると、私は一人男性で、ちょっと気恥ずかしいが、まーいいや。
ドレスは、もうちょっと検討の必要ありかな。完成まで3ヶ月くらいかかるので、今週中には決めてしまう予定。

2005-05-07

永住権、取得しました

永住権、取得しました。
移民局(INS)のオフィスに行って、送られてきたレターを渡して、パスポートにポン。以上。
正式なカードが後から送られてきますが、それまでの間は、このパスポートへのスタンプで代用できるとのこと。
手続きを、昨年10月にスタートしてから、7ヶ月で永住権を取得できてしまった。こんなに簡単に早く取得してしまって、長く時間のかかっている皆さん、ごめんなさい。お先です。

2005-05-05

永住権

U.S. Department of Homeland Security より、私の永住権が承認されたという通知が届く。やりました!ついに永住権取得です!!!
あと一ヶ月くらいで、永住権のカードが届くとのこと。それまでに日本に帰る予定もあるので、パスポートに永住権取得者であることを示すスタンプを押してもらいに行くことに。Webからアポイントをとり、明日オフィスに行くことに。
いやー、まったく難なく永住権を取得できてしまいました。弁護士のいったとおりだぁ。。。こんなに簡単とは!奥さん、ありがとう!

2005-04-30

今日の英単語

cold feet - 不安、おじけ、躊躇
例: I thought I would get cold feet before the wedding. 私は結婚式の前におじけづくだろうと思った。

弁護士の所へ

今日は朝一は弁護士の所へ。お家の名義を、今は奥さんの名義になっているものを、共同名義に変更しにいった。
アメリカで生活して行くには、弁護士のお世話になる機会が多い。永住権の手続きは、専門の弁護士がやってくれているし、こういった住宅関係も、弁護士にやってもらう。こうした方が、いろいろ自分たちで調査してやるよりも、時間はかからないし、便利。
共同名義にすると、その情報が公になってしまい、ローン会社から私にもローンを支払えと来てしまうらしい。ローンの組み替えが必要になり、何十万円も費用がかかってしまう。
そこで、弁護士は証書(deed)というものを作って、共有資産であることの証書を、原本を弁護士が、控えをわれわれが持つということにした。
1時間とかからず、弁護士料$175くらいを払い、完了。
これで、万が一、奥さんが亡くなっても、私はお家に住み続けられる。

2005-04-28

食器洗い乾燥機

Dishwasher が朝到着。取り付け(Install)をしてもらった。さっそく使ってみることに。
朝食後、お皿をそのまま機械に放り込む。この機種の一番のウリは、軽くお皿を流して、大きな汚れをとるという作業が不要なこと。だから、ダイニングからお皿を持ってきて、そのまま放り込める。2分で片づけ終了。
音も静かで、省エネ。一年間の電気代が、$33だということだ。これで朝をゆっくりでき、夜じっくりくつろげるぞ。

すばらしきかな、dyson

dyson 到着。プレゼントしてくれた兄貴、サンキュー!
奥さんに、クリスマスプレゼントをもらった子供みたい、とからかわれながら箱を開け、さっそく使ってみる。
絶句。すごい吸引力。そして、本当に吸引力が落ちない。絨毯の中、奥に入り込んでしまったチリやホコリをどんどん吸い取ってくれてる。髪の毛もぜんぜん残っていない。すごい吸引力なのに、動かすのにそれほど力はいらない。
掃除機を検討している方には、絶対お勧めです。

2005-04-26

日本からの来客

先週は、会社の日本のセールスの方々7人が、営業成績優秀ってことでやってきた。こちらに住んでいる者として、皆さんをご案内。
自宅でBBQ、会社とホテルの移動のためのドライバー、GalleriaやByerly'sに案内。Byerly's は、みんな瞳を輝かせて買い物していました。こういうごく日常がいいみたいですね。沢山お土産の品を買い込んでいました。MSPの売店は、ぜんぜん品物が充実していないので、ちょうど良いショッピングになったようで、よかった。
みなさん、また来年来てくださいねー。来年は、SPAに行きましょう!お金持ちの方の奥さまが、趣味でやっているSPAなので、低料金なのに、非常に良い環境、サービスが得られますよ。なんでも、毎年赤字なのですが、旦那さんがやってきて、赤字分の小切手をその場で書いて置いていくんだとか。男性ももちろんOK。私も、マッサージとか眉毛のお手入れとか、やってもらったことあります。女性は、さらにネイルをやってもらってもいいですね。

車の運転、開始しました

国際免許をもっているので、米国で運転することは問題はない。しかし、日本と全く逆な事が多々あるため、しばらく奥さんの運転で慣らしていたのだが、ついに自分で運転するようにしました。
左ハンドル、右側通行は問題なし。ウインカーも間違えることはなく。赤信号での右折も問題なし。日本にはない、赤矢印信号も、何の違和感もなく。日本の方が来ていたので、後部座席に乗せていたのですが、その方の「赤矢印は止まれなんだぁ」の一言で、そういえば日本にはなかったなぁと気がつくくらいに。
しかし、道路が悪い。freeway でも穴だらけ。みんな平気で穴を踏みながら走ってる。信じられない。

今日の英単語

ditto - 同上、口語的表現

今日の英単語

I'm committed to 名詞, 動詞 + ing - 〜を誓う、約束する

2005-04-20

今日の英単語

food poisoning - 食あたり、食中毒

TV 壊れる

TV が壊れました。週末、掃除のためにちょっと移動したら、ホコリか何かでショートしたのでしょう、電源がランプがつかなくなりました。
また、大きな買い物です。まいったー。今の時代、液晶なのだろうけれど、まだまだ高いので、普通のブラウン管で、ただしワイドにだけはしよう。
テレビでニュースからの英語がないと、まったく英語に触れなくても良い生活になってしまうので、なるはやで手配しなくては。
12ヶ月程度無利子で、そのお店のカードを作ると、10%引きのような買い物をしたかったが、SEARSはもうカードを作ってしまったので、無理であった。BestBuyは、無利子なのだけど、特典がない。結局、一番安いのは Circuit City であった。他よりも$80安い。特典はないけど、12ヶ月無利子で、Free Shipping!
まもなく私のソーシャル・セキュリティーが届いたら、それで SEARS でカード作ってしまうと、10%引きかな?
もうちょっと要検討だ。

2005-04-17

ダイソン、吸引力の落ちないただ一つの掃除機

家中の大掃除を実施!
奥さんは、お掃除は得意としていないなり。掃除機に溜まるゴミは、ちゃんと捨てようね。
しかし、普通の掃除機では、すぐに吸引力がおちてしまい、ぜんぜん綺麗にならない。コロコロも買ってきて、何とかお掃除完了。
ダイソンまだかなー。

BBQ

BBQセットを購入して、アメリカ風のBBQに挑戦!初めてなので、奥さんの友人夫婦に来てもらい、いろいろ教えてもらうことに。
いきなり問題発生。火がつかない。。。ボンベを買ってきたのだけれど、ボンベにはプロパンガスが入っていないということらしい。gas station にいって、充填してもらうためのボンベなのだということだった。
近くの gas station にて、充填。1プロパンガス、$16なり。
BBQは、カバブ、牛リブ、ターキーのソーセージの三種類。おいしく焼き上がり、大成功!!!
来週、会社の人々を招待して、パーティーなり!

2005-04-16

食器洗い機

食器洗い機、買いました。食事の後かたづけで、洗い物は私がやるのですが、めちゃくちゃ手が荒れるのです。水が硬水だっていうこともあるのでしょう、もう毎日日本から持ってきていたフェルゼアを塗っていたのですが、ついにあきらめました。
一応、家には dishwasher が付いていたのですが、これがすっごくふるくて満足に洗い上げてくれないので、全然使っていなかったのです。新しい機器は、今後家を売るような時には、資産価値を上げてくれるものなので、投資だということで、思い切って買いました。一年間 no interest (無利子)なので、分割で払っちゃえばいいでしょ。
今回選んだのは、SEARS のブランド Kenmore。GEのマークもあったので、GEのOEM製品でしょう。食事の残り物とかも一緒に入れちゃっても大丈夫なタフなやつ。一週間後の到着なり。

2005-04-15

Teru - 30才から米国生活

髪を切りに、米国で初めて美容室へ。奥さんのいっているアップタウン近くの美容室へ。Timという、いつも奥さんの髪を切ってもらっている人に切ってもらった。
wild と conservative の間ということにしてもらったのだけど、wild, but not too wild という感じに。
日本では、頭頂部が薄く見えてしまうことを恐れて、長めにしていたのですが、今回は思い切って切ってしまいました。結構良い感じに仕上がり満足。整髪も楽になった。
しかし、美容室での英語、よくわかりません。奥さんに任せっきりにしてしまったのだけど、今度おしえてねー。

2005-04-09

やっとわかった英語の授業

英語の授業で、道の聞き方、答え方を学んだ記憶があるが、どうしてこんな英語で目的地に到達できるのか、理解できなかった。
しかし、こちらで生活を始めると、なるほど、あの授業の内容でいいんだということがわかってきた。
こちらでは、すべての道に名前が付いていて、それが見やすくなっている。どの通りを右に、とかで十分目的地に到達できる。日本では、こうはいかない。しかし、その反面、こちらの地図はぜんぜんわからない。通りをたどっていっても、途中で交わって他の通りと区別できないのに、何も書かれていない。地図をたどってしまっては、全然目的地に到達しないであろう。
こういう違いを、英語の授業で教えてくれると、もうちょっと楽しい授業になるんだろうになぁ。

デスクを組み立てる

IKEAからデスクが届いたので、組み立てる。ヨーロッパから進出してきた会社とはいえ、クオリティーに関しては心配していたのだが、部品が間違っているとか、組み立てたら長さが合っていないとか、そういうトラブルはなく無事完成。よかった。
これで自宅から仕事がやりやすくなった。

システムトラブル

Marshall Field's に、ベッドとチェアをオーダーしにいったら、システムトラブルで何も出来ないとか。ここでカードを作って買うと、10%引きなので、カードを作りたかったのに作れない。
裏でシステムトラブルの対処のために動いている人のことを想像すると、他人事とも思えず。。。

2005-04-07

お家のリノベーション

仕事の後、こちらのオフィスの方の家にディナーに招かれ行く。
Saint Paul まで行くが、結構距離がある。40分くらいはかかったであろうか。こんなに通勤時間がかかるというのは、こちらでは珍しい。
お家は、なんと1886年とかに建てられた家だというではないか。それをリノベーションして今まで使ってきているらしい。壁とかは自分で塗ったのであろう、日本人からしたらとても手抜きに見えるクオリティーではあるが、不思議と全体の印象は良くできている。
家具もアンティークショップで買ってきたというだけあって、いいものだ。なんといっても時計の音が素晴らしく良かった。
しかし、とてもお金がかかっていることは容易に想像できる。見てはいけないものを見てしまった。。。

いいサイト、みーつけた!

ミネソタ州政府観光局
http://www.minnesota.gr.jp/


ミネソタの知っとこ情報が盛りだくさん。日本から来てもらう人には、ここを見てから訪れてくれたらいいかも!

2005-04-06

仕事開始

私はジャパニーズサラリーマン、仕事をしなければ食っていけない。今は米国オフィスに出張扱いで来ているのである。もちろん仕事で必要があってのことなのだけれど、今日から仕事なのだ。
3日間、上司と共に打ち合わせ。米国のビジネスのやり方に慣れなければ。。。もちろん英語力も。。。
がんばれ、自分。

2005-04-05

Byerly's

妻の永住権が取得できたので、今日はdeliでちょっとしたパーティ風な夕食に。Byerly's は、この辺では一番良いスーパーでしょう。鮮度も品揃えもいい。しかもフロア内は全部カーペット。
海のないミネソタ州、魚介類はあまり良いものがないのですが、ここには刺身で食べられるマグロも売っています。ここのdeliは大変充実しているので、副社長もよくきて買っていくとか。
レジでは、「plastic or paper?」と聞かれます。ビニールの袋にするか、紙袋にするか、って聞いているのですが、最初は何のことだかわからなかった。前回来た時に妻に教えてもらっていた。家でのゴミ袋にするのでplasticを指定。私も少しはこなれてきたものだ。
夜はワイングラス一杯で、ぐてんぐてんに酔っぱらって、就寝。。。zzz...

永住権

今日は永住権のインタビューの日。妻が永住権の申請をしていて、私は配偶者としてその申請に途中から加わることで、永住権をもらえることとなっている。
弁護士に手続きはやってもらっているため、私たちがやるべき事は非常に簡単。
今回、私が加わったのが、永住権の手続きの最終段階であったため、永住権を取得するための偽装結婚等ではないことを示すためのインタビューであった。
必要な書類は、政府から送られてくる書類に書かれているが、弁護士から念のために持って行った方が良いというものを揃えて持って行く。
日本人ということであまり疑われなかったのか、戸籍謄本を婚姻照明として持って行ったのだが、それを見て終わり。新婚旅行とか、新しい家族ということでみんなで写真館でとった写真とか、結婚式がまだなのだが、結婚式場へに支払った前金の領収書、見積書、招待状とか持って行ったのに、何も見てもらえなかった。残念。見てもらいたかったのに。
妻はその場でパスポートに永住権のスタンプを押してもらった。やった!!私は、指紋の提出が出来ていなかったため、それが終わった後にもらえるらしい。
さらに、こちらでの労働許可をもらいにいく。昨年申請してあって、申請から90日でもらえることになっているのだが、そこは米国政府、連絡などありゃしない。こちらから出向いていった。よくあることらしく、予約をしないといけないのだけれど、その予約の理由に、90日たっても音沙汰ないんだけど、というのがある。
無事労働許可も取得でき、これを持ってソーシャル・セキュリティの発行オフィスへ。ソーシャル・セキュリティって、よくわかっていないのだけれど、とにかく米国で暮らして行くには重要なものだということで、ちゃんと手続きしておく。年金にも関係しているらしいし。
いろいろなオフィスを見て回って気が付いたことは、・ミネソタには日本人が少ない。・永住権や労働許可等が必要な人というのは、移民の人々なので、知識や教養がまちまち。システマティックに手続きが出来るような工夫を政府はやっては見たものの(電光掲示板とか、試したのであろうものは沢山あるが、使っていない)、手続きに来た人がそれに追いつけないために、古いやり方を続けている。・何かと風刺される日本人ではあるが、移民のようなシステムの中では、危険度が低いと判断されているのであろうか、手続きはスムーズ。(とはいえ、永住権の手続きには4年もかかっていた)・政府の人とは、気長にかまえて、何を言われても逆ギレしないように、いわれたことには素直に従う、whyは考えない、こういう態度が必要。

2005-04-04

銀行にて

米国の銀行を初体験。
妻のアカウントに、家族として加わる。日本のように窓口があるのではなく、担当の個室のオフィスにて手続き。
ソーシャル・セキュリティをまだ持っていないため、クレジットカードはオープンできなかったが、普通口座(Checking)のカードは後日送ってくれることに。
銀行員の操作している姿から、すべてのシステムは Web ベースのもみたいであった。もう、そういう時代なんだな。
妻のサインが旧姓のままなので、新しいサインにしたいということであったが、この場合には、こういう銀行員の前で、旧姓の古いサインと新しいサインを書いて、書類にこの人がちゃんと確認しましたよ、というサインをして、サインを変更する手続きも完了。
ソーシャル・セキュリティを持ったら、クレジットカードをオープンするです。

2005-04-03

家具を買いに行くのだ

服が揃ったら、家具も買いそろえないと。
女性で一人暮らしのお家には、新婚生活には不向きなものも多く、とりあえずベッドとデスクは必要になった。自宅で日本の勤務時間帯に仕事をするために、デスクは必需品。
一流百貨店ということになっている Marshall Field's の家具専門のお店で、ベッドを下見。ゲイの店員の英語が、まだ不慣れな私にはかえって聞きやすくてちょうど良い。
ダイニングの椅子が、これまではルームメイトのものを使っていたということで、新しい椅子も必要だということに。ますます出費が。。。
お姫様風のベッドに目星を付けて、このお店はこれまで。
私のデスクは、IKEAというお店に行くことに。ヨーロッパから進出してきた家具のお店だということです。3Fのショールームで品物を選び、メモしていき、2Fの倉庫から自分で商品を取り出してレジに進む。家具は自分で組み立て。
店員のミスで、$300もするデスクがタダになりかけたのに、他の店員に気づかれてしまった。残念。。。
IKEAの店舗、大きいので、全部見て回るととても疲れてしまう。途中、ショートカットできるルートもあるので、これを使いながら歩かないと、へとへとになってしまうでしょう。

2005-04-02

ショッピング!

ミネソタ州ミネアポリスといえば、やっぱり Mall of America。米国最大の屋内ショッピングモール。
翌週からの勤務に向けて、仕事着の買い出し。日本ではスーツが基本だったのだけど、こちらではシャツとパンツであれば、基本的にOK。シャツは、日本のように裾を出してしまってはダメで、パンツの中にしまわないといけないらしい。米国では、シャツを中に入れたらそれなりにフォーマル、というような意識があるみたい。
いろいろまわった結果、私にはBANANA REPUBLICとEddie Bauerが似合うみたいだ。日本でLサイズな私も、こちらではMサイズ。ちょうど良い品物が沢山あってうれしい。
しかし、こちらは原色系の服がなんて多いんだろう。こんなの日本出来ていたら、後ろ指指されるよ、絶対。こういうセンスは真似しないようにするぞ。
値段が手頃なものが沢山あったので、ついつい買いすぎてしまう。

2005-04-01

渡米初日

いよいよ新生活を米国で開始するため渡米。行き先は、ミネソタ州。成田から一日一便(時々二便あるようです)の直行便で、ミネアポリス・セントポール空港(MSP)へ。
空港では、すでに米国生活10年以上の妻が空港で待っているので、現金を一切持たずクレジットカードだけ持って行く。日本の銀行口座に資産がありますが、必要な時には現地で引き出してしまえる。最近は便利だ。
Immigrationで並ぶ列の選択を間違えました。最後に入国審査を受けることに。H1-Bのビザで米国にいる妻の配偶者として、H-4のビザを取得していたので、妻に会いに来た、といったらすんなり入国OK。前に並んでいた日本人ビジネスマンは、いろいろ聞かれていて、すっごい時間がかかっていたのでよかった。
二ヶ月ぶりの妻、我妻ながらちょっと緊張してしまった。こういう緊張感、ずっと続いて欲しい。この緊張感があれば、ずっと仲良くやっていけるような気がする。
三月末に、雪が降ったというのに、ミネソタはすっごくいい天気。私の渡米を歓迎してくれているということにしておこう。