2005-04-07

お家のリノベーション

仕事の後、こちらのオフィスの方の家にディナーに招かれ行く。
Saint Paul まで行くが、結構距離がある。40分くらいはかかったであろうか。こんなに通勤時間がかかるというのは、こちらでは珍しい。
お家は、なんと1886年とかに建てられた家だというではないか。それをリノベーションして今まで使ってきているらしい。壁とかは自分で塗ったのであろう、日本人からしたらとても手抜きに見えるクオリティーではあるが、不思議と全体の印象は良くできている。
家具もアンティークショップで買ってきたというだけあって、いいものだ。なんといっても時計の音が素晴らしく良かった。
しかし、とてもお金がかかっていることは容易に想像できる。見てはいけないものを見てしまった。。。

0 件のコメント: