2005-04-30

弁護士の所へ

今日は朝一は弁護士の所へ。お家の名義を、今は奥さんの名義になっているものを、共同名義に変更しにいった。
アメリカで生活して行くには、弁護士のお世話になる機会が多い。永住権の手続きは、専門の弁護士がやってくれているし、こういった住宅関係も、弁護士にやってもらう。こうした方が、いろいろ自分たちで調査してやるよりも、時間はかからないし、便利。
共同名義にすると、その情報が公になってしまい、ローン会社から私にもローンを支払えと来てしまうらしい。ローンの組み替えが必要になり、何十万円も費用がかかってしまう。
そこで、弁護士は証書(deed)というものを作って、共有資産であることの証書を、原本を弁護士が、控えをわれわれが持つということにした。
1時間とかからず、弁護士料$175くらいを払い、完了。
これで、万が一、奥さんが亡くなっても、私はお家に住み続けられる。

0 件のコメント: