2005-12-05

停電。。。

昨日は日曜日、朝起きて照明を付けるがつかない。停電です。
照明・テレビ・電話・電子レンジ、ぜーんぶ使えない。
日曜日だし、そう簡単に復旧しないだろうな、と、もうこういう緊急対応が全く出来ない国民性を理解しすぎている反応をしていいるところに、かなりここの生活に慣れてきている自分を感じ、苦笑いしながら、暖炉に火を付け、寒さをしのぎ出す。

1時間経過。。。。
2時間経過。。。。まだ直らない。
暖炉を使っているのに、部屋の温度は下がる一方。

お昼に友人が来ることになっていたので、今日は中止と連絡したいが、携帯電話を持っていないので、電話が使えないと、連絡手段がない。
仕方なく、車で近所のスーパーとガス・ステーションに行くが、そこも停電で電話がダメ。
友人の家までは車で15分なので、結局直接伝えに行く。

結局お昼をご馳走になり、門外不出のキャラメルの作り方を教えてもらい、そろそろ復旧してだろうと家に戻る。まだ復旧していない。。。

家の温度は、華氏51度(設置10度前後)。まだまだ凍結するような温度ではないけれど、念のために水道の水を出しっぱなしにして、モールに待避!このままいたら、凍え死ます。だって、外気温は氷点下-10度くらいなのですよ!!

モールは屋内になっているので、Tシャツで歩いている人がいるくらい温かい。とはいえ、Tシャツの人の神経は、異常に鍛えられているのでしょう。普通の日本人にはムリです。セーターは必要なくらいの温度です。

夜9時くらいまでモールに待避していたのだけど、いっこうに復旧しない。時々、家に電話をして、留守電になるかどうかで、状況把握していたのです。

朝からこんな事態で疲れていたので、覚悟を決めて帰宅。
暖炉に大量の薪を入れて、ローソク付けて、ちょっとロマンチックな演出で、夜を過ごす。
なんか、キャンプみたい。S'moreを作って、ティーを飲んで、ちょっとまったりと。

暖炉でぽかぽかになってきたところで、電源復旧!!

あーよかった。災害にあって電気・ガス・水道が途絶えてしまった方々の気持ちが少しわかりました。

0 件のコメント: