2005-09-23

森村農園。Web SITE

結婚パーティーも終わり、余裕が出来たので、実家の農園のサイトを改修してみる。

これまで、兄がHTMLで手作りで更新していたのだけれど、これだとどうしても更新に手間取ってしまう。 そこで、CMS(コンテント・マネージメント・システム)を導入して、更新を簡単にしようかとやってみた。

さくっと、4時間くらいで完成。良いんでないかな。


仕事でもこの領域に関しては、いろいろ調べているので、沢山ソフトウェアがあることはわかっていた。 まえまえ使ってみたいと思っていた Joomla にしてみた。(仕事でも、使えるかどうか試してみたいという思惑もあり。)

Joomla は、Mambo というソフトウェアを前身としたもので、ライセンス上の問題で、つい最近 Joomla としてリリースされたソフトウェア。 Mambo は、こっちに来てから雑誌で Award を受賞していたことから知ったのだが、良くできているソフト。日本では、Xoops とかが日本発ということもあり有名ですが、欧米では Mambo が最も有名らしい。日本にいたのでは、なかなか知る機会がなかったソフトかもしれない。

2005-09-18

Wedding Party in MN

ミネソタでのウェディング・パーティー終わりました。
8月に、こっちでウェディングをした奥さんの友人は、何から何まで注文通りにやってもらえていなくって、すっごいストレス状態だったのです。私たちも同じようなことになっちゃったらどうしよう、、、と心配していたのですが、すべて注文通りに出来上がり、良かった。

天候は、雨が少し舞いそうという天気で、晴天にはならなかったのだけれど、影が出来ないので、写真撮影には適した天気でした。St. Paul の古い街並みの中で写真を撮ったので、逆に良い雰囲気だったと思います。

ドレスとタキシードを着て歩いていると、すれ違う人みな Congratulation! と言ってくれます。
うれしいですねー。
ホテルからレストランまで、クラシックカーを頼んであったので、それに揺られレストランへ。
車から降りて来たら、近所の子供が車に興味を持ってやってきて、ウェディングだと話したら、お祝いだっていって、$5 プレゼントしてくれた。

レストランは、古い煉瓦造りのお店。地下なので、キャンドルと花でデコレートして、とっても良い雰囲気。この雰囲気、ちょっと日本では難しいかなー。

日本での結婚式・披露宴のDVDも見てもらい、出席してくれた人々は、日本人でもちゃんと知らない、みたことのあまり無い神前式の結婚式を知ってもらえた。

良い式が出来て大満足なのでした。
プロカメラマンの写真の出来上がりが楽しみです。


これは、ホテルから St. Paul 市内を撮った写真です。前方に見える教会を超えていったところにレストランがあります。

2005-09-10

パーティーまで残り一週間

ミネソタで奥さんの友人たちを招いてのパーティーを、来週行います。
今は、その準備で買い物やら、コンピュータで印刷物作ったりやらで忙しがっています。

日本での結婚式は、ぜんぶ椿山荘の方にお任せで出来たので、とっても楽チンでしたが、こちらは全部自分たちで手配してやらないといけないので、なんだかやり残していることがあるのではないかと落ち着かないですね。

今日は、ドレスの直しが出来たということで、取りに行ってきました。
ギリギリになって、花もオーダーしてきて、あとは音楽を決めるのが一番大きな作業でしょうか。

来週は、日本での結婚式のDVDを来てくれた方々に見せる予定です。
日本の神前式を知ってもらう良い機会です。

2005-09-03

ステート・フェア

ステート・フェアに行ってきました。ミネソタ州のお祭りのようなものです。
(写真、ホワイトバランスを変えていた(屋内用にしていた)のを忘れていたので、青っぽくなっちゃいました。)

農業が盛んな州だけあり、ミス・ミネソタがトラクターで牽引されていたり、牛のでっかい置物があったり、山羊やニワトリ専用の建物があって売りに出されていたり、まるで実家とかのお祭りみたいじゃん、て感じでした。

フェアでは、食べ物は何でも串に刺して食べ歩くというのがおきまりで、ミートボールの串刺しとポークチョップ(骨付きのトンカツ用のお肉の箇所だと思います。)の塩焼きを食べる。
ミートボールは、ローカルの新聞に載っていたのでトライしてみたのだ。単純なミートボールです。スパゲティー味のミートボール。ただ、味にコクが足らない。屋台食だから、しょうがないか。
ポークショップは、フェアの名物。お肉自体は美味しかった。でも、私にはちょっとしょっぱい。こっちの人々は、味にメリハリが強いものが好きなので、ちょうど良いのだろうけど、私には厳しい。

その他、ポップコーンを大量(直径20センチ、長さ80センチくらいの袋ですよ!)に食べ、お腹いっぱいに。でも、ほとんど奥さんです、食べたのは。奥さん、ポップコーンが大好きなのでした。