2006-09-22

謝らないアメリカ人

よく言われることですが、アメリカ人は謝るということをしません。
これまで、奥さんがいろいろやってくれていたので、この『謝らないアメリカ人』を経験することはなかったのですが、初めて経験しちゃいました。

これまで通っていたジムが、買収されたので、新しいジムに通い出していたのですが、新しいメンバーカードが発行されるまで、古いカードに新しいメンバーシップ・ナンバーを書いてくれたものを利用していたのです。しかし、このナンバーが間違っていて、私の通った履歴が他の人に履歴になってしまっていたことがわかりました。このジムは、月に8回以上通うと、保険会社が$20還元してくれるのです。つまり、ジムに通っているという履歴がないと、$20損しちゃいます。夫婦で$40です。これはきわめて重大な事態です。

受付に行って状況を説明すると、ここでは出来ないから、レジストレーション・カウンタに行けと言われる。受付のあなた、あなたが間違えた番号書いたんだよ。覚えていないの?アジア人なんか少ないから、覚えているでしょ?何を話したか忘れてしまったけど、この時点で半分切れかかっていました。

まーまーまー、という感じで促されて、レジストレーション・カウンタに行くと、ここでも出来ないから、本部の顧客窓口に電話しろと言われる。なんで私が電話しなくちゃいけないの?あなた達が間違えたのでしょ。この事態の前に、申し込み書が三週間以上処理されていないとか、二重課金とか、メンバーシップ・カードの写真を、奥さんと逆に印刷しちゃったとか、間違いばっかりしていて、全然改善しないくせに、私のカードを見た瞬間、「あなたのワイフから話は聞いているわ。」って。人を覚える前に、仕事覚えろよ。ちゃんと処理をしろよ。しかも、話は全く違う話やー!ブチーッ!!と久しぶりに切れてしまった。もう、こんな人たちと話をしたくもないので、帰ってから電話してみることに。

帰ってきてから、本部に電話してみると、それは支店の方で処理すべきものだからと言われ、電話を転送され、また通っているジムの人と話をすることに。このジムのマネージャと話をして、やっと履歴を移せることに。

顧客の前に出る人々が、各人の役割をまったく理解していない。そして、責任を取りたくないでの、とにかく次の人へと回すことしか頭にない。あなた方の能力のないことで、なぜお金を払っている顧客が、あなた方の能力の足らない箇所を補ってあげなければならないの?

これだけたらい回しにされたあげく、誰一人からも謝罪の言葉はなく。。。

これまで、自分でこういうことをやっていなかったので、初めて噂のアメリカのサービスを体験し、奥さんに大変感謝と、ますます、サービスに関しての関心が高まった体験となりました。

(こんな交渉、アメリカで一人で英語で出来てしまったことに、ちょっと感激。成長したなぁ、自分。)

0 件のコメント: