2006-11-05

スモール・ビジネスを考えてみる

散髪に行った帰りに、サロンの近くのチーズ・マーケットというお店に寄ってみる。なんとイベリコ豚のサラミなんかあったので、買ってみたりした。そのお店は、つい数週間前にオープンしたところ。オーナーであろうおじさんは40代後半かな。自分の好きなことでビジネス始めましたって感じだけど、内装は結構お金かけたような気がする。奥さんとかが、インテリアとか好きなのかもしれないな。これまで必死にお金を貯めて、念願のお店をオープンしたのでしょう。 でも、好きなことをやっている充実感があるのでしょう。とてもいい表情をしていました。

店舗型のお店は、どうしても開業資金が沢山必要になる。店舗を借りて、内装を整え、仕入れして、オープンしたら、営業時間はその場を離れられない。インターネット上の店舗だと、初期投資が抑えられるとは一般的に言うけれども、それなりに初期投資は必要である。インターネット上にサイトを構築して運用システムを構築して、等々にかかる費用がそれなりに必要になるから。それなりに準備してからでないと、インターネット上だからといって、格安でビジネスをスタートさせることは出来ない。

幸か不幸か、私はITエンジニア。サーバのレンタル・ホスティング、サイトの構築や運用システム、オンライン決済等々、全部私が作ることが出来る。こういうスキルを無料で使えるのは家族だけでしょう。

というわけで、こういうメリットを活かして、いよいよスモール・ビジネスを立ち上げようと検討中。
奥さんがやりたいビジネスを、IT面でサポートする予定。

現在は、アメリカ人の友人たちに意見を聞いて、ビジネス・モデルを精査しているところ。
なぜアメリカ人かっていうのは、対象を英語圏の人々としているため。日本人に限定するよりも、市場規模がはるかに大きくなるので。

さて、どうなりますか。こうご期待!

0 件のコメント: