2006-12-31

初めての大晦日 in アメリカ

先月日本に帰ったので、今年の年越しはアメリカで過ごすことにしました。

友人に大晦日のパーティーに誘われていたのですが、午後から大雪になってしまったので、家でゆっくり過ごすことにしました。

アメリカでは、日本ほど年末年始を盛大に祝ったりはしないので、テレビ番組も静かなものです。
唯一、Dick Clark という人の毎年定番の番組がABCであり、この番組では音楽とNYのタイムズスクエアからの中継があります。中継といっても、NYは時差があって一時間早いので、生中継ではないのですが。。。

英語のレッスンで、`Watch the ball drop' という表現を学びました。アメリカの年越しのカウントダウンは、タイムズスクエアの中継をみるのが定番だそうで、この `Watch the ball drop' というのは、タイムズスクエアにあるポールの上に乗っかっているボールが、23:59 から 0:00 にかけてポールを下がっていくのをカウントダウンしながら年を越すイベントのことだそうです。そして統計によると、年が明けたら、5%の人はペットにキスを、5%人は近くの人にキスを、その他大多数は愛する人にキスをするのだとか。

日本では、まだまだ紅白が人気なのでしょうね。今年は日本のテレビを見ることも出来ないので、夕方から紅白の出演者と曲目をみながら、YouTube で出場者を検索し、音楽を鑑賞して、自前の紅白歌合戦を楽しんでみました。知らない人、未だにこの曲の人、様々でしたが、WaT のウエンツ瑛士の経歴に妙に関心を持ってしまって、それだけで30分楽しめました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウエンツ瑛士

夕食は、実家でだとブリとか刺身とか、ご馳走で過ごしていましたが、こっちでは、どうにも食材が手に入りませんでした。ハマチまではありましたが、刺身では無理でしたし。。。そこで、今年は年越しそばを天ぷら入りの掛け蕎麦とざるそばで食べてというディナーとしました。もっと食べたかったのですが、お腹いっぱいになってしまって、これ以上は無理。天ぷらがとてもおいしかった。

明日、というか今日ですが、おせち料理を食べたいところですが、食材が手に入らなかったと言うこともあり、いつも通りの食事でいこうかと。お雑煮だけは作ってもらう予定ですが、奥さんが矯正していて、餅は食べられないので、ちょっと気がひけています。あと、黒豆だけ日本から買ってきてあったのがあったので、煮てもらってあります。これがあるだけで、十分幸せ。。。

0 件のコメント: