2006-11-12

殺気立つショッピング・モール

急に日本に出張することになりました。あと一時間くらいで家を出て、空港に向かいます。

昨日は、日本に行くために、ちょっと買い物に行ったのですが、モールは、なんか殺気立ってます。
クリスマス・ショッピングの時期は、いつもこうだと聞いてはいたのですが、怖いです。

駐車場内では、我先にと、停止マークがあっても止まらない人多数、道路を横切ろうとしていると、いつもなら止まってくれるのに、ぜんぜん止まってくれない。
お店にはいると人だらけ。新宿の駅の構内かと思っちゃいました。
車のナンバー・プレートが州外の人が多いし、モールの地図をみながら歩いている人が結構いたので、州外からクリスマス・ショッピングに来たのでしょうね。Thanksgiving あけからが本格的なクリスマス商戦ですが、すごく混むので、この時期からみなやり出しているのでしょうね。

日本に行くと、毎日こういう混雑かと思うと、ちょっと憂鬱だけれども、休暇をもらって実家にも帰ることにしているので、それを楽しみに行ってきます。

2006-11-08

会社ぐるみでの慈善活動

United Way という慈善活動団体があります。
今、オフィスでは、この United Way への基金集めの週間になっていて、いろんなイベントがあります。

Cake Sale という、クッキー等のお菓子を販売して、売り上げが寄付されるという日があり、奥さんはズッキーニ・ブレッドを焼いて持ってきました。

ビンゴとかサイレント・オークションとか、カジュアル服を着られる券(ジーンズ・白・ハワイアンのシャツに限る)の販売とか、この一週間は様々です。
ビンゴなんかは、社内アナウンス用のスピーカーを使って、業務時間10時からスタートしたり。

昨年は、サイレント・オークションで、シマノのいいものらしいマウンテン・バイクをゲットしました。90ドル以下だったと思います。このお金がみな寄付となるので、自転車は手にはいるし、寄付は出来るし、とても良いことをした気分でした。(その後の自転車の利用率は、かなり低いですが。。。)

会社ぐるみでの社会貢献、こういうやりかたと言うのは、 大変好きですね。
日本の会社も見習って欲しいです。こういう場を通じた社内のコミュニケーションとかも活発になるし、いいことが多いと思います。

2006-11-05

スモール・ビジネスを考えてみる

散髪に行った帰りに、サロンの近くのチーズ・マーケットというお店に寄ってみる。なんとイベリコ豚のサラミなんかあったので、買ってみたりした。そのお店は、つい数週間前にオープンしたところ。オーナーであろうおじさんは40代後半かな。自分の好きなことでビジネス始めましたって感じだけど、内装は結構お金かけたような気がする。奥さんとかが、インテリアとか好きなのかもしれないな。これまで必死にお金を貯めて、念願のお店をオープンしたのでしょう。 でも、好きなことをやっている充実感があるのでしょう。とてもいい表情をしていました。

店舗型のお店は、どうしても開業資金が沢山必要になる。店舗を借りて、内装を整え、仕入れして、オープンしたら、営業時間はその場を離れられない。インターネット上の店舗だと、初期投資が抑えられるとは一般的に言うけれども、それなりに初期投資は必要である。インターネット上にサイトを構築して運用システムを構築して、等々にかかる費用がそれなりに必要になるから。それなりに準備してからでないと、インターネット上だからといって、格安でビジネスをスタートさせることは出来ない。

幸か不幸か、私はITエンジニア。サーバのレンタル・ホスティング、サイトの構築や運用システム、オンライン決済等々、全部私が作ることが出来る。こういうスキルを無料で使えるのは家族だけでしょう。

というわけで、こういうメリットを活かして、いよいよスモール・ビジネスを立ち上げようと検討中。
奥さんがやりたいビジネスを、IT面でサポートする予定。

現在は、アメリカ人の友人たちに意見を聞いて、ビジネス・モデルを精査しているところ。
なぜアメリカ人かっていうのは、対象を英語圏の人々としているため。日本人に限定するよりも、市場規模がはるかに大きくなるので。

さて、どうなりますか。こうご期待!