2007-12-25

クリスマス・ディナー

宗教的には全く無関係なクリスマスですが、クリスマスのディナーは大好きです。

日本だとチキンですが、米国だとチキンというのはほとんどなくて、たぶん、ビーフかハムが一般的だと思います。

今年はハムにしてもらおうかとも考えたのですが、いつも行くスーパーにてクリスマス・ディナー用の食材の注文票があり、それにテンダーロインが載っていて、今年はこれにしてもらいました。

お肉はオリーブオイル、塩、こしょうを付けて、ハーブも散らして、オーブンに。25分オーブンで焼いてできあがり。
付け合わせは、ニンジン、いんげん、マッシュ・ポテトです。これに、ポップ・オーバー(写真にはありません)を付けて。ポップ・オーバーは、昨年も作りましたね。
さすがにテンダーロイン、柔らかく、肉のうまみを楽しめました。

デザートには、オペラという種類のフランスのケーキにしてもらいました。チョコレートやバタークリームたっぷりの本格的なケーキです。 ビターなチョコレートがよく似合い、とてもおいしかった。

来年は、いよいよハムかな。

2007-12-23

冷凍庫

突然ですが、冷凍庫を買いました。140リットルほどのタイプです。
いつも週末に作った食事をお弁当にして冷凍しておいて、平日はこのお弁当を持って行き、会社の電子レンジで温めてランチにしています。
しかし、出産を間近に控え、お弁当を沢山作り置きしておきたいし、ランチ意外にも使えると楽だろうということがあります。
また、搾乳機で搾った母乳を冷凍保存しておき、子供を預けた先で与えてもらえるようにしておくことで、粉ミルクを使わずに育てることもできます。日本では、あまり搾乳をすることはしないようですが、こちらでは、冷凍状態が良ければ半年は大丈夫と言われていて、みな推奨しています。
今の冷蔵庫だと、すでに沢山入ってしまっていて、余裕がないし、日常の開け閉めで、かなり中の温度が変わるようで、上の方にできている氷が溶けていることが多いです。
長期間の保存には、上の扉が開くタイプの方は、温度変化が少なくなるということで、これを選びました。
今週のクリスマス休暇から、お弁当やセールで買った品などを冷凍保存させ出しましたが、数時間でしっかり冷凍されているようです。
だいぶ、出産に向けた準備が整ってきました。

2007-12-10

車、ぶつけられたぞ!

今朝、奥さんが車を運転中、赤信号で停止しているときに、後ろからぶつけられてしまいました。
奥さんにはまったく別状はなかったので、ご心配なく!!

停止がぎりぎり間に合わず、ぶつかってしまったという感じだったそうです。
車は、二箇所ひっかき傷、50cm位の擦り傷程度でした。一応、修理の見積もりに行ったら、数百ドル程度で修理できるとか。ただ、表面以外の傷もあるかもしれないとの事でしたが。

奥さんも車も、その程度なので良かったのですが、私、すっごく憤慨しています!

このぶつけた相手は、不動産屋さんで、乗っていた車もレクサス、相当お金を持っている人なのでしょう。
奥さんが修理費に関して連絡すると「保険のエージェントとやっちゃってよ。」みたいな、高々数百ドルのお金、相手にしていらんないの、みたいな態度。

この人、事の重大さを全くわかっていません。車は人殺しの道具にもなるというのに!しかもこの人は、アクセルとブレーキを間違えたということなので、本当に重大事故になる可能性があったというのに!!

もう、とっても怒っているので、他にも壊れているところがあれば直させちゃいたいと思ったものの、買って数ヶ月の車、故障なんてないし、傷も他にはなし。こういう危険ドライバーを通報する仕組みでもあったら通報するのに!くやしい!!!

Angry Pooh!

2007-12-09

クリスマス・コンサート

昨夜は、友人の参加している合唱団の、クリスマス・コンサートに行ってきました。

近くの教会にて開かれ、指揮者はプロの方だし、何人かプロの歌い手もいるそうです。 アメリカの作曲家の作品や、世界のクリスマスの曲など、全16曲もからなっている本格的なものです。 知らない曲が多かったですが、クリスマス・キャロルのコンテストで優勝した曲がいくつかあり、なかなかの選曲でした。

とちゅう、奥さんのおなかの中の子が、これまでになく激しく動き出しました。きっと音楽に合わせて踊っているに違いない!音楽が大好きなんだなね!この友人にピアノを教えてもらうようにしないと!!親ばかだ~~~。

YouTubeに、教会でのコンサートの動画がありました。それをみてもらえると、雰囲気がわかってもらえるかな。 この動画で歌っている曲『Carol of the Bells』は、昨日のコンサートでも歌われました。定番中の定番ですからね。



2007-12-02

子育てのクラス

最近は、病院で開催されている子育てのクラスに参加しています。

内容は、たぶん日本で教えているであろうものとほぼ同じだと思います。
友人らから、日本の本をプレゼントしてもらったので、沢山読み込んでいたので、日米の若干の相違点と感想をいくつか。


みんなでっかいです!さすが、世界一肥満率が高い国です!
クラスに15組くらいの人がいたのですが、日本的に普通と思える人は、私たち以外には2組しかいませんでした。それ以外は、夫婦共々BMI30以上だと思われます。正直、妊娠しているなんて、このクラスに来なかったら思わなかったと思います。

米国では、BMIが20以下の人の適切な体重増加が、11kg から 16kg と言われています。
日本と全然違いますよね。友人の友人の話で、妊娠中にアメリカから日本に引っ越しした人がいます。
その人は、アメリカではもっと体重増やしなさいと言われていたそうです。
でも、日本の病院では、体重を減らしなさいと言われたんだとか。


米国では、長さの単位は、インチやフィートです。
そう、メートル条約に加盟しながらも、ヤード・ポンド法の使用が禁止されていない、唯一の先進国。
そんなアメリカでも、子宮口の大きさの単位は、センチ・メートルでした。

子供の体温に関しては、摂氏ではなく華氏でした。
ここだけなんでセンチ・メートルなのか、すっごい疑問。
しかも、100.4度を超えたら病院に、ということだったのですが、100.4 度って、なんでそんな中途半端な。
と思って計算してみたら、華氏100.4度=摂氏38度なのですね。
なるほど、摂氏38度って言いたいのだけど、慣用単位が華氏だから、華氏にして100.4度ってことね。


日本の本には、陣痛の間隔が10分間隔になったら病院に、と書いてありますが、こちらでは5分です。


健康保険の適用範囲が、出産後2日(帝王切開だと3日)までです。
適用範囲内の間しか病院にいられません。
生まれて二日後には自宅に戻ることになります。


出産に必要な費用は、ほとんどすべて保険で全額カバーされます。
妊娠しているかどうかわからない最初の診断のみ費用が若干かかるだけです。
# これは加入している保険の種類にもよりますが。


出産予定の病院は、キリスト教系の病院なのですが、キリスト教徒でも利用可能です。
やはり宗教関係は、お金が沢山集まるのでしょうか?すっごくこぎれいな病院です。

病室は個室で、その病室でそのまま出産することになります。
必要な機材一式が、すべてその個室にそろっています。
(ただし、帝王切開の時だけは、専用の部屋に移動になります。)

トイレやシャワーも個室についているし、テレビやCD・ビデオプレーヤー、専用の電話番号もあります。
無線LANのインターネットアクセスもOKです。
だんな用の簡易ソファーベッドもついてます。

こんな病院が、家から車で15分以内の場所なので、ものすごく助かります。
これは、先に書いたとおり、保険で全額カバーされます。

なんか長くなってきたので、今日はここまでで。
まだ、二日クラスが残っているので、新しい発見があるかどうか楽しみです。

2007-11-24

手作りマシュマロ

寒さが本格的になってきたミネソタ。
そんな寒い日には、やっぱりホット・チョコレートですよね。
甘党には最高の飲み物。

「ホット・チョコレートに、バニラ・エッセンスとシナモンをふりかけ、マシュマロのせる」というのをレシピ・サイトのランキングでみてしまい、奥さんに作ってもらいました。しかも、マシュマロは手作りです!!

今回は、このレシピを参考にマシュマロを作りました。
http://www.foodnetwork.com/food/recipes/recipe/0,1977,FOOD_9936_1590,00.html

すっごく簡単なんですよ。
1.グラニュー糖とコーンシロップ、お湯を計量。
2.それを鍋で華氏240度になるまで熱する。
3.2.を水とゼラチンの中に混ぜて、ミキサーで混ぜる。
4.卵白を足して混ぜて、表面を油で拭いたトレイに入れて2-10時間待つ。
5.固まったマシュマロを、油で拭いた包丁で切って、粉砂糖やココアパウダーに混ぜて、くっつかないように。

買って食べるマシュマロとは味が全然違って、甘すぎず、味わい深くて、とってもおいしいです。
ホット・チョコレートに溶けたマシュマロも全然とろけ方が違いますね。
(お、マシュマロをホット・チョコレートにのせる場合には、チョコレートを少なめにしましょう!)

これまでで最高においしいホット・チョコレートだったかも。

今度は、ストロベリーやコーヒー味など、いろんな種類を試してみようと思っています。
Posted by Picasa

2007-11-23

サンクス・ギビングのディナー

昨年は、日本で胃腸炎で寝込んでいたために何も特別なことをしなかったサンクス・ギビング。
今年は、一昨年と同じように、すべて作ってみました。

ターキーは、塩とオリーブオイルだけで焼いてしまうと、肉の水分がなくなってしまい、パサパサになってしまうことを、一昨年知りました。
今年は、少しでもジューシーさを残した焼き方を試してみたかったので、mixi (のアメリカ在住者のコミュニティ)で知ったレシピを試してみました。
塩とスパイスの水に漬けてから、おなかの中にリンゴとオニオン、シナモン等のスパイスを入れて焼くというもの。 http://www.foodnetwork.com/food/recipes/recipe/0,1977,FOOD_9936_8389,00.html

これがなかなかうまくいって、パサパサでない、ハーブの香り豊かなターキーになりました。

年に一回しかやらないメニューですが、毎年新しいレシピに挑戦していきたいですね。
一番ジューシーに仕上がるのが、フライド・ターキーだと聞いたので、いつかこれを試してみたいです。これは、ピーナッツ・オイルで揚げるのだそうです。油っぽくなく、中はジューシーに仕上がるのだとか。あー、早く試してみたい。。。

Posted by Picasa

2007-11-21

アメリカの贈答用果物

今まで知らなかったのですが、アメリカにも贈答用の果物というものがありました。
写真を見るからに、そんなにおいしそうではないですね。
でも、お値段は結構高い。

最近、日本の農産物の輸出量が伸びてきているというニュースを聞きました。
これなら、日本の農産物、アメリカ市場でぜんぜん通用すると思います。
今は、中国などへの輸出が多いようですが、アメリカ市場を席巻してほしいですね!!

Harry & David
http://www.harryanddavid.com/
59.95ドル、総重量 2.6kg





Hickory Farms
http://www.hickoryfarms.com/
36.99ドル、総重量約 2.5kg

2007-11-10

食品に添加物

日本のニュース記事を読んでいたら、コミックの「美味しんぼ」で、食品添加物に関して取り上げているとか。
日本にいたとき、時々読んでいたりしましたが、まだ続いていたのですね。
 
でも、「美味しんぼ 食品添加物」で検索をすると、
 
 
のようなサイトや、
 
「「美味しんぼ」という漫画で息子が拒食症に」
 
とか、
 
「食べるな危険」
 
なんて本もありますね。
 
 
でも、結局は、ここのサイトに売りに出ているソーセージのように、

「自然で純粋なおいしさを追求したら「無添加」になりました」

こういうことなんじゃないかと思います。
 
日本だと99%の食品に添加物が使われているそうですから、添加物なしのものだけで生活することは不可能でしょう。
米国では、オーガニック食品だけのスーパーがあり、オーガニック食品だけで生活は可能です。でも、とても生活費が高くなってしまうでしょうけれど。
 
経済的なバランスを取りながら、できるだけ添加物の少ない、地元でとれた食品を利用していくのが良いのでしょうね。
 

2007-10-21

紅葉狩りに行ってきました。


昨日は、気温が摂氏20度の超えたのではないでしょうか?とても暖かな日でした。 こんな暖かな日も最後でしょうね。 この機会をのがさぬよう、紅葉をみに行ってきました。 少し遠出をしてもよかったのですが、やはり妊娠中の奥さんが大変でないよう、遠すぎず近すぎずの場所へ。 ちょうど、雑誌で隣のウィスコンシン州のハドソンというところが載っていたので、そこに行ってきました。 Stillwater の少し南に位置するところです。Stillwater だと混んでしまっているでしょうが、ここはのどかなところでよかったです。 駐車スペースが沢山余っていたので、すぐに車を止めることができたのがよかったですね。Stillwater だと、駐車場さがしが大変ですからね。 Stillwater のようなアンティークはそれほどなく、ふつうのお店が多い町でした。たった2,3ブロックしかメインストリートがない、本当に小さな町です。 そんな小さな町なのですが、そんな町にもついに日本語の書かれたTシャツが進出していました。 このほかにも、「若虎」なんて書いてあったものもありましたよ。 川沿いのレストランで、とても暖かいのでテラス席で昼食をいただきました。 あっ、おっきいブルーチーズ・ハンバーガー、写真撮っておけばよかったなぁ。

Posted by Picasa

リンゴ狩りにいってきました。


更新が遅くで、すでに先週のことですが、リンゴ狩りに行ってきました。
アメリカでのリンゴ狩りというと、遊園地まであるような大きなものがあると聞いていたので、すごいところを想像していたのですが、今回いったのは、こぢんまりとしたのどかなりんご園でした。

ここのりんご園は、会社の同僚の兄弟がやっていて、会社の同僚が手伝いに来ていたので、農家の裏方の方まで見せてもらってきました。私の実家はリンゴ農家ですから、日米の比較ができて楽しかったです。

日本と米国のリンゴの違いというと、次のようなところがありますね。
・種類が違う。(ふじのような種類は、冬が早くいのでミネソタでは育てられないそうです。)
・小さい。
・傷物がおおい。
・ミツが入っていない。
・酸味が強い。
・水分が少ない。

今回は、ハラルソンという種類がちょうど収穫の時のようです。
つがるよりも、少し酸味が強い感じの味でした。もぎたては、意外と水分もあって、若干ですがみつ入りでした。
大きさは、やはり小さいですね。

冷蔵庫を見せてもらうと、すごい量が入っています。こんなに入れてしまっては、そこの方は重さで潰れてしまうんじゃないでしょうか?お店でうっているリンゴが傷だらけなのも納得です。

木についているリンゴは、日本の基準では多すぎですね。これが大きくならない理由の一つでしょうね。

やはり、私は、アメリカのリンゴはピーナッツバター(ピーナッツと塩だけで、日本でよく売っているようなものとは違うものです)を付けて食べるのがよいみたいです。リンゴそのものでは、日本のリンゴとの比較をどうしてもしてしまって。。。

りんご園の中のバスは、なんとトラクターです。ミネソタらしいですねー。こういうのは、日本でもやってほしいなぁ。
Posted by Picasa

2007-10-07

またまた結婚式に行ってきました

昨日は、今年三回目の結婚式へ出席。
新婦はいろいろお世話好きで、私がこちらに移ってくる前に永住権の手続きのため一週間滞在した時に、パーティーを開いてくれたり、友人が他の州に引っ越す時にもパーティーをやったり。

そんな彼女の選んだ相手は、ちょっとなよなよ系で、歩く時に背筋伸ばせーと言いたくなる感じのギーク。
そんなところが彼女には良いようで、幸せそうな二人でした。

今回の結婚式は、ミネアポリスのダウンタウンにある図書館だったんです。
そういうところでの結婚式は初めてです。宗教的なことはやりたくなかったのかな?
プリクラを持ってきてあって、そこで撮影したら、隣のメッセージ・ブックに写真付きで二人へのメッセージをかけるようにしてあったりして、これはなかなか楽しかったですね。

スピーチの時に、こちらの結婚式では初めて出し物を見ましたよ!日本では普通ですが、こちらではあまりありません。
6-8人くらいのグループで、アダムス・ファミリーの替え歌をアカペラで歌ってくれました。

ハネムーンは、メキシコに行くとか。これからも幸せにね!
Posted by Picasa

2007-10-02

合理的なギフトの仕組み - レジストリー

米国で結婚する時や子供が生まれる時には、結婚式や出産日の少し前に、シャワーというイベントを開きます。
これは女性だけで催されるイベントで、参加できない私には、どんなことをやっているのか詳しくは知らないのですが、その中でギフトをあげるのが基本です。
また、シャワーとは別に、結婚式に行くにはギフトを持って行きます。

こういうギフトは、日本だと何が良いかなぁと悩んで、近い仲なら欲しいものを聞いたり、キャッシュが一番良いだろうとご祝儀にしたり、というようになるところでしょう。

こちらでは、欲しいものの一覧を作って、その一覧の中から選んでもらいます。
レジストリーと呼ばれている仕組みです。

ギフトに良いものを扱っているお店にいくと、店舗の中にモニターとキーボードがおいてあるのですが、これがレジストリーの一覧を検索して、一覧を印刷したりする端末です。この端末で一覧を印刷して、買い物をすると、レジストリーには購入済みと表示されて、他の人と重複することがないようになっています。今は、インターネットを使うのが当然ですから、オンラインでレジストリーを検索して、ギフトを購入することも、もちろん出来ます。

合理的な仕組みですよね。欲しいものがもらえるし、送る側も何も送ろうか悩まなくて良いし。

日本の Amazon にウィッシュリストという仕組みがありますが、これはレジストリーと同じものです。
日本にもレジストリーを広めようとしているのでしょうね。


今回子供が生まれるにあたって、友人らがベイビー・シャワーを開いてくれることになりました。
なので、私たちもいくつかのお店で、このレジストリーの登録をしています。

もし、この合理的な文化の生み出したレジストリーというものに、どうしても参加してみたいという方がいらっしゃいましたら、クレジットカードをご用意のうえ、次のURLにアクセスしてみて頂ければと思います。(当然英語のサイトですが。。。)

Target (ターゲット)
http://www.target.com/gp/browse.html/ref=cm_lc_bct_home/?ie=UTF8&node=306503011
奥さんの名と姓、Arrival Stateは「Minnesota」を、Arrival Dateは「February」を選び、「Search」をクリック。検索結果の氏名(奥さんでも私でも、どちらでもOK)をクリック。

Babies "R" Us (ベビザラス)
http://www.toysrus.com/registry/index.jsp
「find a registry」で、奥さんの姓と名を入力、州は「MN」を選び、「FIND REGISTRY」をクリック。

2007-09-26

友人の本を紹介させてください

友人が本を出版しました。この場で、紹介させてください。

「なぜもったいない働き方をするのか」(田村圭著)という本です。若手のビジネスマンの方を対象とした本です。

仕事とのうまいつきあい方と言うんでしょうか、どうしたらストレスのない円滑なコミュニケーションを、上司や周りの人たちと出来るようになるのか、ということに関しての本です。

2007-09-23

車を買いました

車を買いました。この前書いた通り、トヨタの Matrix です。
サイドエアバッグを付けると、ルーフ付きになってしまうパッケージだったので、ルーフもついてしまいました。
広いアメリカですから、長い距離を走行することも考えて、クルーズコントロールもつけました。
新しいのは、やっぱりのり心地が良いですね。カローラは全然力がなかったので、高速道路の合流で流れにうまく乗れなかったのですが、もうそんなこともなくなります。

ナンバープレートがついていないですが、後ろに貼り付けてある黄色い紙が、21日間の一時的な許可証になっていて、ナンバープレート無しでも走行できます。



もう、紅葉が始まってきているので、新しい車で少し日帰りの小旅行をしようかな。
Posted by Picasa

2007-09-18

誕生日にあらためて思った

米国に来て三回目の誕生日を迎えました。
子供が来年生まれるということもあってか、誕生日というのは、生んでくれた人に感謝すべき日だなということを、今更ながら奥さんと話しています。
仕事を調整したり、デイケアを手配したり、名前考えたり、初めての出産だといろいろ勉強したり。
こういうことを生まれてくる子供のために親がやってくれて、その上でものすごくいたい思いをして生んでくれるわけですからね。
 
でも、実の母親にこれを伝えるのは恥ずかしい。。。
この blog にだけとさせて。。。
 

2007-09-15

デイケア探し

子供が生まれた後、奥さんは 2-3ヶ月の休みをもらった後に、仕事に復帰する予定でいます。
 
一度仕事から離れて仕事をしていなかった期間が長くなればなるほど、次の就職先探しが難航したり、給与水準が低くなってしまったりします。
まー、これは日本でも同じかもしれませんが。
また、奥さんは家でずっと子供と一緒というよりは、仕事を通じて社会との関係性を維持していることの方が、良いタイプだと思います。もちろん、子供への愛情は沢山与えるのですが、子供にも将来がありますが、奥さんにも将来があります。子供は、大きくなったら家を出て行くことになりますから、両方をバランスさせることが必要でしょう。
 
というわけで、デイケア探しに一所懸命な最近です。
 
デイケアは、次のように年齢で分けられているようです。
0ヶ月から16ヶ月までを Infant(インファント)、
16ヶ月から3才までを Toddler(トドラー)、
3才からを Preschool(プリスクール)、
4才からをPre-Kindergarten(プリキンダーガーデン)
5才からをKindergarten(キンダーガーデン)
 と定義しているようです。
 
Toddler までは、だいたい年齢に沿ってやり、その後は子供の成長にあわせて、無理にその年齢になったから次に進めると言うことはしないようです。
こちらの学校の始まりは9月ですが、7月とか8月に生まれたこの場合、一年遅らせて通わせることも普通だとか。
また、Kindergarten は、だいたい小学校に付いているので、そこから公立のところに行かせることが多いようです。
 
そうして、デイケアにかかる費用が、この順番に高いのです。
なんと、Infant をデイケアセンターに朝から晩まで一週間預けると、$300(35,000円)位になります。一月に15万円くらいになっちゃいます。
また、Infant だと時間単位とか半日だけというオプションがなくて、週に二日とか三日というオプションがあるセンターもありますが、それでもそんなに安くはないです。Toddler以降だと、半日だけとか、いろいろオプションを選択できる場合があります。
 
センターではなく、自宅で預かることをビジネスにしている人たちもいます。
たいてい、こういうところはライセンスを取得して定期的に抜き打ち検査があったり、ライセンスの更新で毎年研修を受ける必要があるということです。
一日$35で預かってくれるところもあり、センターに比べるとかなり安いです。
 
センターとホームケア、いくつか見学に行っているのですが、双方メリット・デメリットがあり、悩ましいです。
 
センターのメリット
  • 比較的清潔。毎日部屋を消毒しているところもあります。
  • 施設の安全性が高い。入室にはPINが必要とか、扉に手とかを挟まれないようにガードがあったり。
  • Toddler以上だと教育をしっかりやっている。(センターによって、かなり差はあるが。)
  • 様々な子供に接していて、いろいろなタイプの子供の扱いに慣れている。経験25年なんていう人もいたり。
  • 小さい時から、沢山の人々がいる場所の中で成長できる。
ホームケアのメリット
  • 安い。
センターのデメリット
  • 高い。
ホームケアのデメリット
  • 衛生的でないところが多い。普通の家で、平均的なアメリカの家庭はそんなに清潔じゃないです。
    カーペットにペットの毛が沢山ついているなんてところも。
  • 一人でやっているので、その人が病気とかなると、バックアップがないことがある。
  • Toddler以降、教育までやれるところはない。
 
Infant の時というのは、安全・清潔で、きちんと食事を取らせると言うことが重要でしょう。これを満たせるならば、センターでなくとも良いでしょう。
Infant のときはホームケアにして、Toddlerからは教育をしっかりしたいのでセンターにする、というのが理想ですかね。
 
毎週部屋を綺麗に掃除して、カーペットにゴミが落ちているとすぐ拾っているような性格の私が、満足できる清潔度のホームケアがあればいいのですが、まだそういうところは見つからず。
 
子供ができるということは、なかなか大変なことなのだとわかってきましたが、でも嫌じゃない。
むしろ、こういうことで夫婦でディスカッションしていくのが楽しいですね。
もうちょっと調べて、早くデイケアを確保し、安心して出産をむかえたいですね。
 

2007-09-06

姓名判断が信じられない

まだ早いのですが、子供の名前を考え出しました。
命名関連の本を買って読み出しているのですが、姓名判断が信じられなくなってきました。
 
姓名判断に用いる漢字を、旧字体を使うか新字体使うかくらいは知っていましたが、今回調べていくと、何ら信じるに値するものではないような気がしてきてしまっています。
  1. 旧字体と新字体で画数が全く異なり、全く違う結果が出る。
    (ここまでは想定済み)
  2. 旧字体を使う流派内でも、画数が違うことがある。
  3. 姓と名とで、画数が変わるという流派もある。
  4. 仮成数(姓と名の文字数が異なるときにバランスを取るために、天格または地格の画数に付加する数。姓が二文字、名が三文字だったら、天格の画数に文字の差分1を足す。)を使う流派と使わない流派がある。使うのは新字体での診断に多いような気がする。この1画の違いで、ぜんぜん結果が異なってくる。
  5. 二冊買った本では、どちらも新字体で仮成数を使うものであったが、オンラインで無料で出来るタイプのものは、旧字体か新字体を選べるが仮成数を使わないものばかり。
流派によって違うから、どれか自分の信じる流派に絞って考えよう、とかいてあるサイトが多いです。
流派によって全く異なる結果になるのって、そもそもどうなの?と思ってしまう。
結局、自分たちが正しいと思って選ぶものが一番良いんじゃないのかと。
姓名診断自体は、名前を決めるときのクライテリアの一つなだけとして、これを判断基準にはしないことが無難か。
 
 

2007-09-01

車選び進行中

子供ができると、奥さんとは別々の行動を取らないといけなくなります。
というのも、奥さんが会社に早い時間に出勤し、私がデイケアに子供をできるだけ朝遅くに連れて行く。仕事が終わった奥さんが子供をピックアップして、私は遅く仕事を開始した分だけ遅れて帰る。こうして、できるだけデイケアの費用を節約しようと思っているのです。また、子供の検診とかでも別行動になるだろうし。

もう一つ重要なのは、やっぱり車でのセイフティー機能。今のは10年以上前の車なので、衝突安全性とかエアバッグとか気になってきてしまいました。

これまで、奥さんが学生時代から使っていた車を二人で使っていました。しかし、こっちは車社会。車がないと別々の行動はきないんですよね。というわけで、どうしても車がもう一台必要です。


今の車はセダンなので、子供を乗せる時に大変であるという話はよく聞きます。従って、少し車高が高くなる車にしたい。子供は、できれば二人くらい欲しいので、小さすぎてはいけなさそう。でも、ワゴン車まで大きくて高額のものは買えない。故障が多い車ではメンテナンスが大変なので、高信頼性の車が必須。

こういう条件で、Consumer Report という、車の信頼性に関する調査データの本で調査。やっぱり日本車が一番信頼性が高いそうで。この本から、私の勝手なランキングは、
1位、レクサス。買えない。。。次!
2位、トヨタ(除くレクサス)。だいたいみんな良い感じ。ただ、緊急時の操作性だけアベレージ。
3位、ホンダ。仕事での苦い思い出が。。。私たちの稼いだお金が彼らの給料になるのは嫌。
4位、メルセデス。無理!
5位、スバル。結構売れてる。日産車よりも見かける。

というわけで、今の候補は、トヨタの Matrix。日本では発売されていない車種らしい。
http://www.toyota.com/matrix/index.html?s_van=GM_TN_MATRIX_INDEX

次は、ディーラー選びですね。

2007-08-25

Chocolate Rain と Ana Free

最近、朝のニュースから夜のコメディーショーにまで幅広く登場する曲、それがこの『Chocolate Rain』です。なんと、ミネソタ大学の大学院生の人だということなのです。 人種差別をテーマとした曲だということらしいのですが、彼の歌い方とその謎めいた歌詞で人気です。







でも、最近の私のお気に入りは、Ana Free というポルトガルの女性シンガーの曲ですね。
全部の歌詞はわかりませんが、メロディーが好き。










あー、ギターとかピアノとか弾けたらなぁ。『もしもピアノが弾けたなら』(古!)でも歌うだけで満足するか。。。

2007-08-18

友人を招いてディナー

今日は友人を招いてディナーを。
親戚が来た時に持ってきてくれた小豆の水煮と餅米があるので、それでお赤飯を。
鯛(red snapper)が売っている ことを最近知ったので、買ってきて塩焼きに。
ゴボウも普通に売っているので、それで炒り鶏を作る。
戌の日には少し早いのですが、ちょっとした祝い膳に。

というわけで、来年早々に家族が増えることになりました。
Posted by Picasa

2007-08-05

豪邸におよばれ

昨日は、奥さんの所属するクッキングクラブのパーティーにおよばれしました。
いつもは女性だけのクラブなのですが、昨日は、旦那さんや子供、ボーイフレンドも連れてきて良いというパーティーだったので、私も一緒に行ってきました。

およばれした家は、裏から湖に出ることの出来る豪邸。
玄関を入ると、正面の窓から湖を眺めることが出来るんです。
キッチンとか、全部新しくしていて、とても綺麗でおしゃれ。
ガラス張りのシャワールームで、日本で結婚式の後泊まったフォーシーズンズ・ホテルのお風呂と同じ感じでした。

当初は、ボートで湖に出ようということになっていたのですが、雨が全然降っていないため、水位がかなり下がってしまっていて、残念ながらボートは乗れず。
でも、庭にはアスレチックがあったり、パトミントンコートがあったり、焚き火(というよりは、キャンプファイアーに近い)の出来る場所があったり。

ミネソタ人あこがれの家というのは、こういう家なんだろうけれど、日本人にもあこがれの家でした。

写真がなくて、ごめんなさい。

2007-08-02

橋の崩壊に驚愕...

ミネアポリスで高速道路の橋が崩壊した事故について、皆さんからご連絡頂いておりますが、私たちは大丈夫です。

友人関係で巻き込まれたような人がいないことを祈っていますが、救助にはまだまだ時間のかかりそうな様子で、少し心配です。

この道路は、私たちの家・会社からは、だいぶ遠い場所で、日頃ほとんど使うことのない道路です。
ただ、この周辺経済には重要な幹線道路だと思うので、地域経済への影響も心配ですね。
橋の下を走っている貨物列車も、しばらく運行できないでしょうし。

この事故をきっかけに、全米の危険な橋が補強工事や掛け替えによって、より安全になってくれればと思います。

2007-07-29

テレビ電話

以前、テレビ電話についていろいろ調べた結果を書きました。
そして先月末、ついに東京の奥さんの実家にテレビ電話が導入されました。

結局、インターネット回線を引いて、PCを購入、ということになりました。
ただ、普通のPCでは使えない可能性が高いので、ソニーのテレビサイドPCという製品にしてみました。
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/TP1/

また、カメラは被写体の動きを追跡してくれ、高画質で、ハンズフリー通話が可能な製品に。
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/245&cl=jp,ja

そして、いざというときのために、こちらからリモート操作ができるようなソフト(VNC)を導入して、こちらからサポートが出来るようにしたのでした。
(Windowsに標準のリモート・デスクトップは、Vista Home Premium がインストールされているために利用できず。)

実際 Skype でテレビ電話をやってみたところ、ちょっと問題が。。。

ADSL を使ってインターネット回線を引いているのですが、NTTの基地局までの距離が結構離れているために、速度があまりでないようなのでした。
音声通話だけであれば問題ないのですが、画像がつくと音声にまで影響が出てしまって、通話が困難になるのでした。

また、リモート操作のソフトは入れたのですが、ルータの設定が不十分のようで、こちらから接続が出来ない状態なのでした。

日本に行くことがあったら、ADSL から FTTH に回線を変更して、ルータ等設定し直しが必要ですね。

しかし、74才になる母がPCをがんばって使いこなそうとして、Skype でのテレビ電話だけでも使えるようになったということは、驚きです。今度は、DVD Player としての使い方を覚えてもらおうと思っています。

香味焙煎

先週、親戚が来る時に日本から持ってきて来てもらったお土産に、ネスカフェの香味焙煎があります。
http://jp.nescafe.com/koumibaisen/

こちらではスターバックスの豆を買ってきてあって、毎回豆を挽いてからコーヒー・メーカーでコーヒーを作るのですが、やっぱり時間がかかってしまいます。

昔からの習慣のためか、夜寝る直前になぜかコーヒーが飲みたくなってしまうのですが、そんな時にインスタント・コーヒーは便利です。

ほとんどのインスタント・コーヒーは好きではないのですが、この香味焙煎だけは好きで、学生時代から、常に家にはあるのがこれでした。日本オフィスでも、コーヒー・メーカーからコーヒーを作っていたのですが、安い豆であまり好きではなかったので、このインスタント・コーヒーを持って行って飲んでいたくらいなのでした。

久しぶりのこのコーヒー。止まりません。毎日何杯も飲んでしまいます。
香味焙煎、日本限定販売だそうですが、是非とも米国でも販売して欲しいですね。

2007-07-24

親戚がミネソタに来てくれました!

先週は、母と伯母さん、従兄弟や義弟がミネソタに来てくれました。
ミネソタの良いところを案内しようと、沢山連れ出してしまいました。






  • ミネアポリスのダウンタウン
    日曜日に行ってしまったので、お店がオープンするまで、ターゲットで買い物。
    Dawnyの柔軟剤の香が好きで持って帰りたいというのにはビックリ!日本で買うと、めちゃくちゃ高いんだとか。
  • スティル・ウォーター
    途中のワイナリーのツアーを体験。
    実家は農業なので、鋭い質問が。奥さんが通訳をしたのですが、通訳しな くとも動作でわかっていたり、言葉じゃないんだね。
    スティル・ウォーターでは、ショッピングとディナー・クルーズを楽しむ。
  • Mall of America
    ミネソタでのショッピングの王道です。
    コーチで結構時間使いましたね。時差ぼけでショッピングどころじゃないといった感じもありましたが。
    若い人はアバクロが良かったようです。
  • Albertville Premium Outlets
    ル・クルーゼが安い!!私たちも買っちゃいました!
    あと、コーチの小銭入れをお土産用に大量購入したり。
  • Famers Market
    なんでそんなものの名前知っているの?みんな詳しすぎ!
    コーンにバターとレモンペッパーかけて食べるやつ、みんな美味しかったようです。
    ミネソタのコーン、ホント美味しいです。
  • オリジナル・パンケーキ・ハウス
    アメリカの朝食といったら、これでしょう。
    大きさにビックリしていましたね。
  • Fuddruckers
    マクドナルドのメガマックで驚いてちゃだめです。
    やっぱり本格的なハンバーガーは、こういうお店で食べないとね。
    みな、すごい笑顔の良い写真でした。
  • W.A. FROST
    私たちのウェディング・パーティーをやったところなので、案内。
    相変わらず、食事の量に慣れていない感じでした。どこで何を食べても、大きいですよね。
  • Byerly's
    デリのセクションで、30分以上かけて厳選!
  • Home Depot
    日本と同じものがかなり安いそうです。
    Toolsセクションは、男性には大好評!
  • William Sonoma
    調理器具をギフトにするのが流行っているとかで、チェリーの種抜きを10個もご購入。
    やはり女性陣にはここが良いみたいですね。
  • 植物園
    ちょっと葉っぱを見ただけで、なぜ植物がすぐわかるのでしょう?
    私には出来ない芸当ですね。
    りんごや野菜もあり、日本とは違うところに興味津々でした。
いろいろ行きましたが、反省点をいくつか。

  • お迎えに遅刻しました。ごめんなさい。レンタカーするのに手間取ってしまって、到着が遅れてしまったのでした。
    しかし、着いて私たちがいないことを確認すると、すぐに両替して電話をかけてきたお袋、ちょっとすごすぎます。
  • ホテルで、部屋が予約していたものとは違っていた。いきなりアメリカのカスタマー・サービスの悪いところに遭遇。「部屋がない」しか言わない受付。しかも「予約の確認できるものを出せ」とくる。ふざけるな!予約はそっちのコンピュータで確認したらわかるだろうに。
    後日、奥さんがクレームを入れて、結局$180位返却してもらった。
    現場の人間には、間違えてもそれを解決することは出来ないので、すぐ「マネージャと話をするから、連絡先を教えてくれ」というのが一番ですね。そして、実際に連絡すると、ちゃんと対応してくれることが多いようです。
  • クレジット・カードでの支払いの際には、ID(パスポート)の提示を求められることがあることを伝えていなかった。パスポートは常に携帯していた方が良いですね。
  • シャワーの使い方を説明すべきだった。
    去年、友人が来てくれた時にも間違えてしまって、服を濡らしてしまったということもあって、部屋に案内したら説明しなくちゃと思っていたのに、すっかり忘れてしまっていました。

最後に、沢山お土産をもらってしまって、とっても嬉しかった。リクエストもらった方が楽だからっていわれて、欲しいものを沢山リストアップしてしまったのですが、予想を超える沢山のお土産に感激です。ありがとうございました。

2007-07-04

三回目の独立記念日

早いもので、米国で三回目の独立記念日を迎えました。

市民権を持っていない私たち夫婦には、単純にお休みということで、ゆっくり出来て良いのです。
ただ、朝から独立記念日ならではの食べ物を、テレビで沢山見せつけられ、これに便乗させてもらいました。

よくある独立記念日の食べ物の一つといえば、ハンバーガーなのですが、これを奥さんに作ってもらいました。米国では、お肉だけのパテでハンバーガーを作りますが、日本のハンバーグのように、タマネギとパン粉が混ざるのも捨てがたい。中間を取って、タマネギだけいれてもらいました。
パン粉がないので、お肉の脂は落ちてヘルシーに。でも、タマネギが入っているので、パサパサ感がない。

バンズ(パンのこと)は、バターをあらかじめ塗ってから、その上に焼いたパテ(チーズのせてとかしてある)と野菜とベーコンをのせる。サラダと、新ジャガをオリーブオイルとハーブで混ぜて、オーブンで火を入れたものを付け合わせに。お好みでヘインツのオーガニックのケチャップを。ピクルスもお忘れなく!

美味しかったー。またつくって欲しいなぁー。
Posted by Picasa

2007-06-14

今週の CSA

さー、今週も CSA からの野菜が届きました。

今週は、いつのもレタスとイチゴに、
・ ケール
・ エンドウ豆
・ 大根(赤い方)
・ かぶ(白い方)
・ コリアンダー
が入っています。

ケールは、最近日本でもあると思いますが、家では温野菜で食べることが多いですね。
大根は白い方で、赤いのは赤カブじゃないのか?と思われるかもしれないですが、赤い小さい方が大根です。
こちらではラディッシュといったら、赤いやつのことを指し、ダイコン・ラディッシュというのが、日本の大根に該当します。

コリアンダーは、タイ料理によく使われていますね。
こちらでは、メキシカンとかに使ったり、もちろんタイ料理にも使いますね。
家では、サルサを自家製するのですが、その時にいつも入れますね。

先週のグリーン・オニオンは、チーズと一緒に混ぜてパンにのせて食べました。美味しかったですね。
今週の食材は、日本食が何かできあがりそうな気がしますね。何になるのか、この一週間も楽しみです。
Posted by Picasa

2007-06-10

またまた結婚式でした

昨日は、またも結婚式におよばれしてきました。

これまで米国で行った結婚式は、キリスト教の伝統的なものではなかったのですが、今回は新婦のお兄さんがプリースト(カトリックの宣教師?牧師?よくわかりませんが)なので、そのお兄さんによる伝統的な結婚式でした。

新郎の方がちょっと緊張していたのかな?汗だくで途中で新婦からハンカチを貸してもらっていたり、プリーストが様々なジョークで皆を楽しませてくれて、厳かだけどフォーマルすぎない良い結婚式でした。

プリーストは、新婦の名前と新郎の名前で Google で検索したら、何万件ヒットした。でも、新婦と新郎の名前を一語として検索したら、たった一つしか見つからなかった、ということを話をしました。でもこれは本当の話ではなくって話のネタで、ちゃんとおちがあって、今後人生は二人が求めるもを二人で一緒に追い求める人生にして欲しい、ということを話しました。

IT系の人の結婚式だったら、日本でも使えそうですね。

2007-06-08

今週の CSA

今週の CSA からの食材は、
ほうれん草
・グリーン・バター・レタス
・いちご
・アスパラガス
・グリーン・ガーリック
・オレガノ
でした。

いちごは、今年最初と言うこともあって、少し早めのもので、赤さが足りないですが、スーパーで買うと、つぶされてしまっているような物が入ってくるので、それに比べれば全然良いですね。

先週の野菜は、葉っぱが普通スーパーで買う物より厚みがあって、味が濃い感じがしました。やっぱりオーガニック(このCSAは認定を受けている)の野菜ですね。

今週は、グリーン・ガーリックとオレガノがめずらしいものですね。グリーン・ガーリックというのは初めて聞きました。今まで口にしたことはあるのでしょうけれど。オレガノは、香辛料として口にしていることは多いですが、乾燥されていない生の物を料理に使うなんていうのは初めてです。

週末に奥さんが何を料理してくれか楽しみです。
Posted by Picasa

2007-05-31

CSA の初めての野菜が届きました

以前書いたとおり、 農家から直接野菜を購入するという CSA の野菜の配達が、今日から始まりました。
いつものスーパーに行って名前を伝えると、このボックスを持ってきてくれました。

レタスやほうれん草、アスパラガス、チャイブなどが入っていました。
鮮度は、この辺りのどこのスーパーよりも良いようです。
まだ始まったばかりということで、野菜の量は少なめということです。

配達の日までに、メールで何が届くか連絡をくれるのですが、40種類くらい作っていて、それを毎週代わる代わる送ってくれることになっているので、来週からどんな物が来るか楽しみですね。
Posted by Picasa

2007-05-06

CRAVE

日本の人にお薦めなお店が出来ました。Galleria というショッピング・モールにある CRAVE というお店です。

http://www.cravemn.com/ (音楽が流れるのでご注意を)

なにが良いかって、生魚の鮮度がとても良いのです。いくつか日本食レストランはありますが、どのお店よりも、ここ CRAVE の方が鮮度はよいです。

マネージャの Jac という人が話しかけてきたので聞いてみると、毎日シカゴから取り寄せているそうです。

お値段は少し高めなのですが、ミネソタ、ツイン・シティー近郊にお住まいの方で、鮮度の良い生魚を食べたいときにはお薦めです。

ホーム・インプルーブメントのその後

2ヶ月くらい前にホーム・インプルーブメントについて書いた気がします。今日はその後の進捗について書こうかと。

キッチンの壁を塗り終わった後、ドアのペイントを完了させました。ドアは両面塗る必要があるし、プライマー、ペイント、ペイント二度目、ペイント三度目、と何度も塗りが必要なため、すごく時間がかかったのでした。その甲斐あって、なかなか良い仕上がりに出来ました。ヒンジやドアノブもすべて新しいものに変えています。まったく違う家になったみたいです。

今は、キッチンとバスルームのキャビネットを塗っています。ニス塗りしてあるキャビネットにヤスリをかけ、その後、着色ニスを使って塗っています。まだ裏面だけ二度塗りが終わろうとしているところですが、結構良い仕上がりです。

キャビネットが終わったら、窓枠を塗って、バスルームの壁を塗って、すべてのベースボードを交換し、ウォール・プレート(コンセントやスイッチのプレート)を交換したら、今年のホーム・インプルーブメントの予定は、一応完了となる予定です。まだまだあるなぁ。。。しかも、やればやるほど新しい課題を見つけてしまって終わりがないですね。

まー、この家を売りに出すときに、家の価値が上がるためには、このくらいの作業はしかたがないか。

2007-04-28

チキンダンス

昨日は、友人の披露宴に行ってきました。
これで米国では3回目かな?今回はケニア出身の男性とミネソタ生まれ(たぶん)の女性の結婚です。なんと会場はゴルフ場です。とても美しく芝生の広がっているゴルフ場でした。
(写真には、新郎・新婦は写っていません。。。)

プロのDJをお願いしていたので、こちらの人に言わせると、典型的な米国の披露宴だったそうです。

こちらの披露宴では、ダンスに結構時間をつかって、皆で踊るのですが、チキンダンスというものを初めて知りました。こんなダンスです。
http://www.youtube.com/watch?v=0sTqJE4sdb0

奥さん曰く、これを踊らないと披露宴に行った気がしない、というくらいこちらの結婚式では行われるダンスだそうです。みればわかりますが、誰でも踊れます。

また、披露宴に来てくれた人が、チップを出して、新郎と新婦と踊るなんて言うのもやりましたね。日本ではあり得ないですけどね。二次会だったら出来るかもしれないですね。

こういう典型的な米国の披露宴というのは初めてだったので、なかなかおもしろかったです。
Posted by Picasa

2007-04-07

農家直送野菜・果物

ミネソタ州は、農業が大きな産業の一つです。

私たちの住んでいる Twin Cities 周辺には、結構農業をやっている地域が多くて、そういった農家から、直送の野菜や果物を購入することが出来ます。

CSA (Community Supported Agriculture) といって、調べてみると、30種類以上のコミュニティーが見つかりました。

http://www.landstewardshipproject.org/csa.html

これらのコミュニティーに申し込むと、毎週(または隔週)で野菜や果物(ところによっては卵や肉も)を、配達してくれるか、または引き取り場所がいくつかあるので、そこまで取りに行くと受け取れるようになります。

ボックス一つで、一週間の家族4,5人分の分量になります。二人で食べるのでは大きいので、ハーフサイズというのを提供しているところもあります。

毎週、オーガニックの野菜を売っているところで食材は購入しているのですが、生産者からの直送の鮮度の良いもの、そして中間マージンがなくて少し安いほうが良いですから、これらのコミュニティーから野菜を購入することを検討しています。

オーガニックというのは、USDA(United States Department of Agriculture) NOP(National Organic Program) という政府の認定しているところや、MOSA(Midwest Organic Services Association, Inc.) という団体の認定しているところ、認定はないけれども、オーガニックの手法で栽培しているところ、名前にオーガニックとあるけれども、実際はよくわかないところ、などなど、いろいろです。

USDA NOP の認定というのは、結構お金と時間がかかるようで、良質のオーガニック野菜を作っていても認定が取れないところも多いらしく、そういったところに対して MOSA は認定をしている団体のようです。

この前、O-157 が流行ったりしていましたら、やはりちゃんとしたオーガニックの認定をもらっているところでないと不安です。

遠くまで引き取りにいくのは大変なので、家まで配達してくれるか、近くに引き取り所のあるところでないといけない。

二人なので、ハーフサイズを提供してくれているところでないと、困っちゃうでしょう。

この条件で探すと、BC Gardens か Featherstone Fruits & Vegetables が候補に残りました。

いつもいっているスーパーが引き取り所であることから、Featherstone に注文をすることにしました。

5月から10月までの期間なので、まだ野菜は受け取っていないのですが、とっても楽しみです。

2007-03-26

ホーム・インプルーブメント

先週末は、キッチンのペンキ塗り等々、もろもろホーム・インプルーブメントに明け暮れました。

ペンキ塗りは、紆余曲折あり、当初の計画から色も変わり、塗り終わったら午前2時までかかっちゃいました。

今回、いろいろ課題がわかりました。

  • 私たちは、色選びのセンスがないこと。
  • 備え付けの家具類の色を変えないと、どんな色のペンキを使っても、古さはなくならないこと。
  • 床がすべて絨毯であることで、色選びに制約があること。

この事実を踏まえ、これからもっと大がかりなホーム・インプルーブメントをすることにしました。

  • 雑誌等で、すてきな家を探し出し、それをまねること。
  • 備え付けの家具等は、新たに買って交換する+ヤスリをかけてニスを塗り直す。
  • 細かなパーツ(扉の取っ手やスイッチやそのフレート)も、すべてマッチしたものに交換する。
  • バスルームは、すべてリフォームし直す。(予算に余裕があれば、ウォシュレット付きにする。)

さー、どこまで出来るかわかりませんが、早速雑誌を買いに行って、研究開始です。

2007-03-23

ビデオ電話

ちょっとブログの更新をさぼり気味です。

いま、キッチンのペンキ塗りやら、バスルームの蛇口を変えたり、ホーム・インプルーブメントにはまっているので、PCの前に仕事以外で座っていることが減ってきているのでした。

この週末にキッチンのペンキ塗りを完了させる予定です。

そんな中、奥さんの実家から浅草で買ったお菓子やら沢山届いたのです。

奥さんの実家にPCがあったら、感謝の気持ちをビデオ電話で伝えるところなのですが、残念ながらPCはありませんし、実家のお母さんは使いこなすのは、ちょっと大変でしょう。

私の実家には、PCとカメラが付いているので、いつでもビデオ電話が無料で可能です。Skype 様々です。

しかし、PCがない場合には、いろいろ難しいことがわかりました。

調べていくと、NTT東西のフレッツフォンというのがあり、機器とサービス契約をすればフレッツフォンに対応しているプロバイダー間は、ビデオ電話が可能です。

http://www.fletsphone.com/

専用機器だと、難しくなく使えていいですよね。でも、海外とのビデオ電話は無理なのが難点。

日本国内だけだったら、これが良いでしょうね。

海外とも使えるものだと、アシストプランという会社のものがあるみたいです。

http://www.assistplan.com/assistfon/

これ、月額基本料が安いのですが、どこにも機器の値段が書かれていないのですが、機器の値段が結構高いみたいです。

近未来通信のような会社もあったので、ちょっと警戒しちゃいます。

何も日本の会社じゃなくても良いじゃないか、としらべてみると、D-Linkという台湾の会社のものが比較的安価でよさげです。

この会社のものは、昔から秋葉原でよく見かけたし、使っていたこともあるので、まだ安心です。

http://www.dlink.com/products/?pid=302&sec=0

この電話機だと、ディレクトリーサービス(インターネット電話の電話帳)に、i2eye というシステムを使うそうなのですが、これがWindows にインストールされている NetMeeting と互換性があるそうです。

ということは、相手はテレビ電話の機器であるのに、こちらはPCという使い方ができそうです。

難点は、機器が英語版であることでしょう。使いこなせるかどうかが心配なところです。

いろいろ選択肢はあるのですが、今ひとつ決め手に欠きますね。

やっぱりPCを使ってもらうのが、結局一番便利そうなきもするし、でもPCだと値段がな。

うーん、どうしよう。。。。

2007-03-10

明日からサマータイム

しばらく更新をさぼってしまいました。
二月はずっと日本のオフィスにいて、東京の奥さんの実家にはインターネットアクセスがないので、更新できないのでした。

日本から戻ってきて、時差ぼけがすっかり抜けて、快調になりだしたと思ったら、明日からサマータイムです。昨年までは、4月の最初の日曜日がスタートだったのですが、今年から3月の第二日曜日からと変更になりました。
日本語ではサマータイム、夏時間と言いますが、家の周りにはまだ40センチくらいの雪があるので、日本語だとすごく違和感がありますね。米国では Daylight Saving Time といいます。イギリス英語だと Summer Time だとか。ちなみにドイツ語でも Sommerzeit というとか。ミネソタには、アメリカ英語の Daylight Saving Time が似合います。

仕事上で、この夏時間の開始が変わったことによるシステム変更なんて言うのがありましたが、ニュースでも Mini Y2K とかいって報道していました。あまり影響はなさそうというのが大半の意見ですが、どうなりますか。

この夏時間、導入するかどうかは、各自治体が決められるそうで、導入していないところもあるとか。アリゾナ州の大半の自治体は導入していないそうです。もともと4つのタイムゾーンをもっている米国本土ですから、そういう時差のあるのには慣れてはいるものの、自治体毎決めれるというのは、困っちゃう人もいるんでしょうね。

我が家では、すでにPCをのぞくすべての時計の時間を変更してしまいました。
外は春っぽくなってきたし、部屋のレイアウト変更とかもしたし、夏時間になるし、気分一新していこうかと思ってます。

2007-01-29

タックス・リターン

年が明けて一月、そろそろ日本で言う確定申告にあたる、タックス・リターンの季節が近づいてきました。Turbo Tax を使って準備を始めているのですが、大ショックです。

日本では給与から源泉徴収されていますが、それは米国でも同じです。ただし米国の場合には、いろいろ自分で指定ができまして、奥さんが納める税金の額を少なくなるような指定のままだったのです。
家を買ったばかりだったので、控除額が大きかったため、これまで問題はなかったのです。
しかし、住宅ローンの利子に対する支払額が少なくなってきたために、控除額が少なくなってきてしまっていたのです。

普通、タックス・リターンでは、政府から納めすぎた税金を返してもらうことの方が多いはずなのに、なんと、昨年に引き続き、足らない分を払わなければならなくなりそうです。。。

これから、Turbo Tax の控除額の最大化するためのオプションを使って、控除額をできるだけ最大化し、納める税金を減らそうと試行錯誤中ですね。

いやー、ほんと米国って税金高いですね。。。
特にミドル・クラスへの税率、信じらんないっす。。。

2007-01-21

日本食でパーティー

昨日は、結婚式にも来てくれたニコル(と彼氏)を招待して、日本食でパーティーをしました。ニコルは、転勤で行っていたドイツから、昨年ミネソタに戻ってきていたのです。

ニコルは、日本に行って最初に料理を教えてもらって作ったのが、きんぴらゴボウなんだそうです。今回、一緒にきんぴらを作ろうとしたのですが、今の季節、どこにもゴボウが売っていないのです。普通のスーパーにいつもあるんですが。オリエンタルショップに行けばあったかな?今回は残念ながらこれは見送り。

卵焼き、豆腐サラダ、蒸しなす、サーモン、ごはん(もちろん私の実家のお米)、あずきアイスクリームというメニューに、焼酎と日本酒をたしなむ程度に。

ステファン(ニコルの彼氏)は、左利き&箸がまだ使い慣れないので、豆腐が食べにくそうでしたが、ばくばくみんな食べちゃいましたね。最近、日本食にはまっているらしいです。日本食レストランで、熱燗を飲みながらニコルが来るのを待っていることもあるとか。日本酒を冷やか熱燗か?ってきいたら、「もちろん熱燗」って。塩と一緒に日本酒を飲むこと教えてしまいました(冷やの方がいいのだろうけど、あんまり日本酒飲まないのでよく知らないけど)。テキーラと同じだね、とかいって飲んでましたね。

デザートを、「アイスクリームと豆」って紹介したら、「Beans!?」と、見事にアメリカ人(いや、彼はドイツ人だった)のようなアクションで、みんなで大爆笑。ふつう、豆は塩と煮たりして、デザートにはでないですから驚くのも無理はない。しかし、あまりに見事なリアクションに、みんなツボに入ってしまった感じでした。

今回、あずきからあんこを作ったので、今日はこれから奥さんがどら焼きを作ってくれるのです。
楽しみだ!

2007-01-15

JASM新年会

昨日は、JASM(Japan American Society of Minnesota) 主催の新年会がありました。
新年会と言っても、日本で言うところの文化祭みたいな感じです。餅つきしていたり、焼き鳥や寿司の販売をしていたり、舞台で踊り披露したり。
私は、オークションでDVDをゲットしました。ルパン三世の。
カラオケ大会があって、奥さんが参加しようとエントリーしたものの、雪が降り出してきていたので、急遽取りやめ、大雪になる前に自宅到着。
(今回の雪は、米国の北東部に大きな影響を及ぼしたようで。)

JASMのトップページ(http://www.mn-japan.org/DM/en/home)に、Corporate Roundtable という企業スポンサーの会合があったときの様子がありますが、なんと、一番手前に移っているのはうちの奥様ではないか。同僚のピーター(奥さんの左隣)とともに参加したときの様子を取られていたようで。

2007-01-05

今更ながら Podcast にはまってます

ついにというか、やっとというか、iPod を買いました。

Podcast の無料の英語学習教材がたくさんあるので、これをいつでも聞けるようにしたかったのです。
iTunes と iPod の組み合わせが、PC とプレーヤーの同期とか、面倒なことが最も簡単にできる組み合わせなので、やっと iPod に手を出したのでした。

これまでは、Google Reader で Podcast も聞いていたのですが、Podcast を聞いている最中は、Google Reader で次の記事に進めないずに面倒だとか、PC の前以外で聴くとかができなかったのです。

iTunes + iPod を使い出して、この簡単さに、もうすっかり Apple の回し者状態ですよ。
最初、iPod Shuffle を使い出したのですが、iTunes との同期が手動で行わなければならないことに嫌気がさして、iPod nano に交換してしまいました。アメリカでは、こういう交換がレシートさえあれば簡単にできるので、こういう時に助かります。

Poscast での英語教材ですが、English as a Second Language Podcast (http://www.eslpod.com/website/index.php) がすごく良いです。こっちに来たばかりの私では、かなり難しい教材だと思ったのですが、今のレベルだとちょうど良い。ネイティブと同じに会話できる奥さんでも、新しいボキャブラリを増やせています。

The Bob and Rob Show (http://www.englishcaster.com/bobrob/) もいいですね。
日本の大学で英語を教えている二人らしいですが、とてもおもしろいです。

どちらも英語のみですが、昔の私だと難易度が高すぎですが、今は逆に日本語の解説はなくても良くて、英語を英語で解説してくれる方が、いっそう勉強になり嬉しいです。

しかし、欠点が一つ。夫婦の会話の時間が減ってしまいそうなのが難点なのです。。。
奥さんにゲームのように iPod も使って良い時間を制限されちゃいそうだ。。。