2007-10-02

合理的なギフトの仕組み - レジストリー

米国で結婚する時や子供が生まれる時には、結婚式や出産日の少し前に、シャワーというイベントを開きます。
これは女性だけで催されるイベントで、参加できない私には、どんなことをやっているのか詳しくは知らないのですが、その中でギフトをあげるのが基本です。
また、シャワーとは別に、結婚式に行くにはギフトを持って行きます。

こういうギフトは、日本だと何が良いかなぁと悩んで、近い仲なら欲しいものを聞いたり、キャッシュが一番良いだろうとご祝儀にしたり、というようになるところでしょう。

こちらでは、欲しいものの一覧を作って、その一覧の中から選んでもらいます。
レジストリーと呼ばれている仕組みです。

ギフトに良いものを扱っているお店にいくと、店舗の中にモニターとキーボードがおいてあるのですが、これがレジストリーの一覧を検索して、一覧を印刷したりする端末です。この端末で一覧を印刷して、買い物をすると、レジストリーには購入済みと表示されて、他の人と重複することがないようになっています。今は、インターネットを使うのが当然ですから、オンラインでレジストリーを検索して、ギフトを購入することも、もちろん出来ます。

合理的な仕組みですよね。欲しいものがもらえるし、送る側も何も送ろうか悩まなくて良いし。

日本の Amazon にウィッシュリストという仕組みがありますが、これはレジストリーと同じものです。
日本にもレジストリーを広めようとしているのでしょうね。


今回子供が生まれるにあたって、友人らがベイビー・シャワーを開いてくれることになりました。
なので、私たちもいくつかのお店で、このレジストリーの登録をしています。

もし、この合理的な文化の生み出したレジストリーというものに、どうしても参加してみたいという方がいらっしゃいましたら、クレジットカードをご用意のうえ、次のURLにアクセスしてみて頂ければと思います。(当然英語のサイトですが。。。)

Target (ターゲット)
http://www.target.com/gp/browse.html/ref=cm_lc_bct_home/?ie=UTF8&node=306503011
奥さんの名と姓、Arrival Stateは「Minnesota」を、Arrival Dateは「February」を選び、「Search」をクリック。検索結果の氏名(奥さんでも私でも、どちらでもOK)をクリック。

Babies "R" Us (ベビザラス)
http://www.toysrus.com/registry/index.jsp
「find a registry」で、奥さんの姓と名を入力、州は「MN」を選び、「FIND REGISTRY」をクリック。

0 件のコメント: