2007-03-26

ホーム・インプルーブメント

先週末は、キッチンのペンキ塗り等々、もろもろホーム・インプルーブメントに明け暮れました。

ペンキ塗りは、紆余曲折あり、当初の計画から色も変わり、塗り終わったら午前2時までかかっちゃいました。

今回、いろいろ課題がわかりました。

  • 私たちは、色選びのセンスがないこと。
  • 備え付けの家具類の色を変えないと、どんな色のペンキを使っても、古さはなくならないこと。
  • 床がすべて絨毯であることで、色選びに制約があること。

この事実を踏まえ、これからもっと大がかりなホーム・インプルーブメントをすることにしました。

  • 雑誌等で、すてきな家を探し出し、それをまねること。
  • 備え付けの家具等は、新たに買って交換する+ヤスリをかけてニスを塗り直す。
  • 細かなパーツ(扉の取っ手やスイッチやそのフレート)も、すべてマッチしたものに交換する。
  • バスルームは、すべてリフォームし直す。(予算に余裕があれば、ウォシュレット付きにする。)

さー、どこまで出来るかわかりませんが、早速雑誌を買いに行って、研究開始です。

2007-03-23

ビデオ電話

ちょっとブログの更新をさぼり気味です。

いま、キッチンのペンキ塗りやら、バスルームの蛇口を変えたり、ホーム・インプルーブメントにはまっているので、PCの前に仕事以外で座っていることが減ってきているのでした。

この週末にキッチンのペンキ塗りを完了させる予定です。

そんな中、奥さんの実家から浅草で買ったお菓子やら沢山届いたのです。

奥さんの実家にPCがあったら、感謝の気持ちをビデオ電話で伝えるところなのですが、残念ながらPCはありませんし、実家のお母さんは使いこなすのは、ちょっと大変でしょう。

私の実家には、PCとカメラが付いているので、いつでもビデオ電話が無料で可能です。Skype 様々です。

しかし、PCがない場合には、いろいろ難しいことがわかりました。

調べていくと、NTT東西のフレッツフォンというのがあり、機器とサービス契約をすればフレッツフォンに対応しているプロバイダー間は、ビデオ電話が可能です。

http://www.fletsphone.com/

専用機器だと、難しくなく使えていいですよね。でも、海外とのビデオ電話は無理なのが難点。

日本国内だけだったら、これが良いでしょうね。

海外とも使えるものだと、アシストプランという会社のものがあるみたいです。

http://www.assistplan.com/assistfon/

これ、月額基本料が安いのですが、どこにも機器の値段が書かれていないのですが、機器の値段が結構高いみたいです。

近未来通信のような会社もあったので、ちょっと警戒しちゃいます。

何も日本の会社じゃなくても良いじゃないか、としらべてみると、D-Linkという台湾の会社のものが比較的安価でよさげです。

この会社のものは、昔から秋葉原でよく見かけたし、使っていたこともあるので、まだ安心です。

http://www.dlink.com/products/?pid=302&sec=0

この電話機だと、ディレクトリーサービス(インターネット電話の電話帳)に、i2eye というシステムを使うそうなのですが、これがWindows にインストールされている NetMeeting と互換性があるそうです。

ということは、相手はテレビ電話の機器であるのに、こちらはPCという使い方ができそうです。

難点は、機器が英語版であることでしょう。使いこなせるかどうかが心配なところです。

いろいろ選択肢はあるのですが、今ひとつ決め手に欠きますね。

やっぱりPCを使ってもらうのが、結局一番便利そうなきもするし、でもPCだと値段がな。

うーん、どうしよう。。。。

2007-03-10

明日からサマータイム

しばらく更新をさぼってしまいました。
二月はずっと日本のオフィスにいて、東京の奥さんの実家にはインターネットアクセスがないので、更新できないのでした。

日本から戻ってきて、時差ぼけがすっかり抜けて、快調になりだしたと思ったら、明日からサマータイムです。昨年までは、4月の最初の日曜日がスタートだったのですが、今年から3月の第二日曜日からと変更になりました。
日本語ではサマータイム、夏時間と言いますが、家の周りにはまだ40センチくらいの雪があるので、日本語だとすごく違和感がありますね。米国では Daylight Saving Time といいます。イギリス英語だと Summer Time だとか。ちなみにドイツ語でも Sommerzeit というとか。ミネソタには、アメリカ英語の Daylight Saving Time が似合います。

仕事上で、この夏時間の開始が変わったことによるシステム変更なんて言うのがありましたが、ニュースでも Mini Y2K とかいって報道していました。あまり影響はなさそうというのが大半の意見ですが、どうなりますか。

この夏時間、導入するかどうかは、各自治体が決められるそうで、導入していないところもあるとか。アリゾナ州の大半の自治体は導入していないそうです。もともと4つのタイムゾーンをもっている米国本土ですから、そういう時差のあるのには慣れてはいるものの、自治体毎決めれるというのは、困っちゃう人もいるんでしょうね。

我が家では、すでにPCをのぞくすべての時計の時間を変更してしまいました。
外は春っぽくなってきたし、部屋のレイアウト変更とかもしたし、夏時間になるし、気分一新していこうかと思ってます。