2007-09-26

友人の本を紹介させてください

友人が本を出版しました。この場で、紹介させてください。

「なぜもったいない働き方をするのか」(田村圭著)という本です。若手のビジネスマンの方を対象とした本です。

仕事とのうまいつきあい方と言うんでしょうか、どうしたらストレスのない円滑なコミュニケーションを、上司や周りの人たちと出来るようになるのか、ということに関しての本です。

2007-09-23

車を買いました

車を買いました。この前書いた通り、トヨタの Matrix です。
サイドエアバッグを付けると、ルーフ付きになってしまうパッケージだったので、ルーフもついてしまいました。
広いアメリカですから、長い距離を走行することも考えて、クルーズコントロールもつけました。
新しいのは、やっぱりのり心地が良いですね。カローラは全然力がなかったので、高速道路の合流で流れにうまく乗れなかったのですが、もうそんなこともなくなります。

ナンバープレートがついていないですが、後ろに貼り付けてある黄色い紙が、21日間の一時的な許可証になっていて、ナンバープレート無しでも走行できます。



もう、紅葉が始まってきているので、新しい車で少し日帰りの小旅行をしようかな。
Posted by Picasa

2007-09-18

誕生日にあらためて思った

米国に来て三回目の誕生日を迎えました。
子供が来年生まれるということもあってか、誕生日というのは、生んでくれた人に感謝すべき日だなということを、今更ながら奥さんと話しています。
仕事を調整したり、デイケアを手配したり、名前考えたり、初めての出産だといろいろ勉強したり。
こういうことを生まれてくる子供のために親がやってくれて、その上でものすごくいたい思いをして生んでくれるわけですからね。
 
でも、実の母親にこれを伝えるのは恥ずかしい。。。
この blog にだけとさせて。。。
 

2007-09-15

デイケア探し

子供が生まれた後、奥さんは 2-3ヶ月の休みをもらった後に、仕事に復帰する予定でいます。
 
一度仕事から離れて仕事をしていなかった期間が長くなればなるほど、次の就職先探しが難航したり、給与水準が低くなってしまったりします。
まー、これは日本でも同じかもしれませんが。
また、奥さんは家でずっと子供と一緒というよりは、仕事を通じて社会との関係性を維持していることの方が、良いタイプだと思います。もちろん、子供への愛情は沢山与えるのですが、子供にも将来がありますが、奥さんにも将来があります。子供は、大きくなったら家を出て行くことになりますから、両方をバランスさせることが必要でしょう。
 
というわけで、デイケア探しに一所懸命な最近です。
 
デイケアは、次のように年齢で分けられているようです。
0ヶ月から16ヶ月までを Infant(インファント)、
16ヶ月から3才までを Toddler(トドラー)、
3才からを Preschool(プリスクール)、
4才からをPre-Kindergarten(プリキンダーガーデン)
5才からをKindergarten(キンダーガーデン)
 と定義しているようです。
 
Toddler までは、だいたい年齢に沿ってやり、その後は子供の成長にあわせて、無理にその年齢になったから次に進めると言うことはしないようです。
こちらの学校の始まりは9月ですが、7月とか8月に生まれたこの場合、一年遅らせて通わせることも普通だとか。
また、Kindergarten は、だいたい小学校に付いているので、そこから公立のところに行かせることが多いようです。
 
そうして、デイケアにかかる費用が、この順番に高いのです。
なんと、Infant をデイケアセンターに朝から晩まで一週間預けると、$300(35,000円)位になります。一月に15万円くらいになっちゃいます。
また、Infant だと時間単位とか半日だけというオプションがなくて、週に二日とか三日というオプションがあるセンターもありますが、それでもそんなに安くはないです。Toddler以降だと、半日だけとか、いろいろオプションを選択できる場合があります。
 
センターではなく、自宅で預かることをビジネスにしている人たちもいます。
たいてい、こういうところはライセンスを取得して定期的に抜き打ち検査があったり、ライセンスの更新で毎年研修を受ける必要があるということです。
一日$35で預かってくれるところもあり、センターに比べるとかなり安いです。
 
センターとホームケア、いくつか見学に行っているのですが、双方メリット・デメリットがあり、悩ましいです。
 
センターのメリット
  • 比較的清潔。毎日部屋を消毒しているところもあります。
  • 施設の安全性が高い。入室にはPINが必要とか、扉に手とかを挟まれないようにガードがあったり。
  • Toddler以上だと教育をしっかりやっている。(センターによって、かなり差はあるが。)
  • 様々な子供に接していて、いろいろなタイプの子供の扱いに慣れている。経験25年なんていう人もいたり。
  • 小さい時から、沢山の人々がいる場所の中で成長できる。
ホームケアのメリット
  • 安い。
センターのデメリット
  • 高い。
ホームケアのデメリット
  • 衛生的でないところが多い。普通の家で、平均的なアメリカの家庭はそんなに清潔じゃないです。
    カーペットにペットの毛が沢山ついているなんてところも。
  • 一人でやっているので、その人が病気とかなると、バックアップがないことがある。
  • Toddler以降、教育までやれるところはない。
 
Infant の時というのは、安全・清潔で、きちんと食事を取らせると言うことが重要でしょう。これを満たせるならば、センターでなくとも良いでしょう。
Infant のときはホームケアにして、Toddlerからは教育をしっかりしたいのでセンターにする、というのが理想ですかね。
 
毎週部屋を綺麗に掃除して、カーペットにゴミが落ちているとすぐ拾っているような性格の私が、満足できる清潔度のホームケアがあればいいのですが、まだそういうところは見つからず。
 
子供ができるということは、なかなか大変なことなのだとわかってきましたが、でも嫌じゃない。
むしろ、こういうことで夫婦でディスカッションしていくのが楽しいですね。
もうちょっと調べて、早くデイケアを確保し、安心して出産をむかえたいですね。
 

2007-09-06

姓名判断が信じられない

まだ早いのですが、子供の名前を考え出しました。
命名関連の本を買って読み出しているのですが、姓名判断が信じられなくなってきました。
 
姓名判断に用いる漢字を、旧字体を使うか新字体使うかくらいは知っていましたが、今回調べていくと、何ら信じるに値するものではないような気がしてきてしまっています。
  1. 旧字体と新字体で画数が全く異なり、全く違う結果が出る。
    (ここまでは想定済み)
  2. 旧字体を使う流派内でも、画数が違うことがある。
  3. 姓と名とで、画数が変わるという流派もある。
  4. 仮成数(姓と名の文字数が異なるときにバランスを取るために、天格または地格の画数に付加する数。姓が二文字、名が三文字だったら、天格の画数に文字の差分1を足す。)を使う流派と使わない流派がある。使うのは新字体での診断に多いような気がする。この1画の違いで、ぜんぜん結果が異なってくる。
  5. 二冊買った本では、どちらも新字体で仮成数を使うものであったが、オンラインで無料で出来るタイプのものは、旧字体か新字体を選べるが仮成数を使わないものばかり。
流派によって違うから、どれか自分の信じる流派に絞って考えよう、とかいてあるサイトが多いです。
流派によって全く異なる結果になるのって、そもそもどうなの?と思ってしまう。
結局、自分たちが正しいと思って選ぶものが一番良いんじゃないのかと。
姓名診断自体は、名前を決めるときのクライテリアの一つなだけとして、これを判断基準にはしないことが無難か。
 
 

2007-09-01

車選び進行中

子供ができると、奥さんとは別々の行動を取らないといけなくなります。
というのも、奥さんが会社に早い時間に出勤し、私がデイケアに子供をできるだけ朝遅くに連れて行く。仕事が終わった奥さんが子供をピックアップして、私は遅く仕事を開始した分だけ遅れて帰る。こうして、できるだけデイケアの費用を節約しようと思っているのです。また、子供の検診とかでも別行動になるだろうし。

もう一つ重要なのは、やっぱり車でのセイフティー機能。今のは10年以上前の車なので、衝突安全性とかエアバッグとか気になってきてしまいました。

これまで、奥さんが学生時代から使っていた車を二人で使っていました。しかし、こっちは車社会。車がないと別々の行動はきないんですよね。というわけで、どうしても車がもう一台必要です。


今の車はセダンなので、子供を乗せる時に大変であるという話はよく聞きます。従って、少し車高が高くなる車にしたい。子供は、できれば二人くらい欲しいので、小さすぎてはいけなさそう。でも、ワゴン車まで大きくて高額のものは買えない。故障が多い車ではメンテナンスが大変なので、高信頼性の車が必須。

こういう条件で、Consumer Report という、車の信頼性に関する調査データの本で調査。やっぱり日本車が一番信頼性が高いそうで。この本から、私の勝手なランキングは、
1位、レクサス。買えない。。。次!
2位、トヨタ(除くレクサス)。だいたいみんな良い感じ。ただ、緊急時の操作性だけアベレージ。
3位、ホンダ。仕事での苦い思い出が。。。私たちの稼いだお金が彼らの給料になるのは嫌。
4位、メルセデス。無理!
5位、スバル。結構売れてる。日産車よりも見かける。

というわけで、今の候補は、トヨタの Matrix。日本では発売されていない車種らしい。
http://www.toyota.com/matrix/index.html?s_van=GM_TN_MATRIX_INDEX

次は、ディーラー選びですね。