2007-10-21

紅葉狩りに行ってきました。


昨日は、気温が摂氏20度の超えたのではないでしょうか?とても暖かな日でした。 こんな暖かな日も最後でしょうね。 この機会をのがさぬよう、紅葉をみに行ってきました。 少し遠出をしてもよかったのですが、やはり妊娠中の奥さんが大変でないよう、遠すぎず近すぎずの場所へ。 ちょうど、雑誌で隣のウィスコンシン州のハドソンというところが載っていたので、そこに行ってきました。 Stillwater の少し南に位置するところです。Stillwater だと混んでしまっているでしょうが、ここはのどかなところでよかったです。 駐車スペースが沢山余っていたので、すぐに車を止めることができたのがよかったですね。Stillwater だと、駐車場さがしが大変ですからね。 Stillwater のようなアンティークはそれほどなく、ふつうのお店が多い町でした。たった2,3ブロックしかメインストリートがない、本当に小さな町です。 そんな小さな町なのですが、そんな町にもついに日本語の書かれたTシャツが進出していました。 このほかにも、「若虎」なんて書いてあったものもありましたよ。 川沿いのレストランで、とても暖かいのでテラス席で昼食をいただきました。 あっ、おっきいブルーチーズ・ハンバーガー、写真撮っておけばよかったなぁ。

Posted by Picasa

リンゴ狩りにいってきました。


更新が遅くで、すでに先週のことですが、リンゴ狩りに行ってきました。
アメリカでのリンゴ狩りというと、遊園地まであるような大きなものがあると聞いていたので、すごいところを想像していたのですが、今回いったのは、こぢんまりとしたのどかなりんご園でした。

ここのりんご園は、会社の同僚の兄弟がやっていて、会社の同僚が手伝いに来ていたので、農家の裏方の方まで見せてもらってきました。私の実家はリンゴ農家ですから、日米の比較ができて楽しかったです。

日本と米国のリンゴの違いというと、次のようなところがありますね。
・種類が違う。(ふじのような種類は、冬が早くいのでミネソタでは育てられないそうです。)
・小さい。
・傷物がおおい。
・ミツが入っていない。
・酸味が強い。
・水分が少ない。

今回は、ハラルソンという種類がちょうど収穫の時のようです。
つがるよりも、少し酸味が強い感じの味でした。もぎたては、意外と水分もあって、若干ですがみつ入りでした。
大きさは、やはり小さいですね。

冷蔵庫を見せてもらうと、すごい量が入っています。こんなに入れてしまっては、そこの方は重さで潰れてしまうんじゃないでしょうか?お店でうっているリンゴが傷だらけなのも納得です。

木についているリンゴは、日本の基準では多すぎですね。これが大きくならない理由の一つでしょうね。

やはり、私は、アメリカのリンゴはピーナッツバター(ピーナッツと塩だけで、日本でよく売っているようなものとは違うものです)を付けて食べるのがよいみたいです。リンゴそのものでは、日本のリンゴとの比較をどうしてもしてしまって。。。

りんご園の中のバスは、なんとトラクターです。ミネソタらしいですねー。こういうのは、日本でもやってほしいなぁ。
Posted by Picasa

2007-10-07

またまた結婚式に行ってきました

昨日は、今年三回目の結婚式へ出席。
新婦はいろいろお世話好きで、私がこちらに移ってくる前に永住権の手続きのため一週間滞在した時に、パーティーを開いてくれたり、友人が他の州に引っ越す時にもパーティーをやったり。

そんな彼女の選んだ相手は、ちょっとなよなよ系で、歩く時に背筋伸ばせーと言いたくなる感じのギーク。
そんなところが彼女には良いようで、幸せそうな二人でした。

今回の結婚式は、ミネアポリスのダウンタウンにある図書館だったんです。
そういうところでの結婚式は初めてです。宗教的なことはやりたくなかったのかな?
プリクラを持ってきてあって、そこで撮影したら、隣のメッセージ・ブックに写真付きで二人へのメッセージをかけるようにしてあったりして、これはなかなか楽しかったですね。

スピーチの時に、こちらの結婚式では初めて出し物を見ましたよ!日本では普通ですが、こちらではあまりありません。
6-8人くらいのグループで、アダムス・ファミリーの替え歌をアカペラで歌ってくれました。

ハネムーンは、メキシコに行くとか。これからも幸せにね!
Posted by Picasa

2007-10-02

合理的なギフトの仕組み - レジストリー

米国で結婚する時や子供が生まれる時には、結婚式や出産日の少し前に、シャワーというイベントを開きます。
これは女性だけで催されるイベントで、参加できない私には、どんなことをやっているのか詳しくは知らないのですが、その中でギフトをあげるのが基本です。
また、シャワーとは別に、結婚式に行くにはギフトを持って行きます。

こういうギフトは、日本だと何が良いかなぁと悩んで、近い仲なら欲しいものを聞いたり、キャッシュが一番良いだろうとご祝儀にしたり、というようになるところでしょう。

こちらでは、欲しいものの一覧を作って、その一覧の中から選んでもらいます。
レジストリーと呼ばれている仕組みです。

ギフトに良いものを扱っているお店にいくと、店舗の中にモニターとキーボードがおいてあるのですが、これがレジストリーの一覧を検索して、一覧を印刷したりする端末です。この端末で一覧を印刷して、買い物をすると、レジストリーには購入済みと表示されて、他の人と重複することがないようになっています。今は、インターネットを使うのが当然ですから、オンラインでレジストリーを検索して、ギフトを購入することも、もちろん出来ます。

合理的な仕組みですよね。欲しいものがもらえるし、送る側も何も送ろうか悩まなくて良いし。

日本の Amazon にウィッシュリストという仕組みがありますが、これはレジストリーと同じものです。
日本にもレジストリーを広めようとしているのでしょうね。


今回子供が生まれるにあたって、友人らがベイビー・シャワーを開いてくれることになりました。
なので、私たちもいくつかのお店で、このレジストリーの登録をしています。

もし、この合理的な文化の生み出したレジストリーというものに、どうしても参加してみたいという方がいらっしゃいましたら、クレジットカードをご用意のうえ、次のURLにアクセスしてみて頂ければと思います。(当然英語のサイトですが。。。)

Target (ターゲット)
http://www.target.com/gp/browse.html/ref=cm_lc_bct_home/?ie=UTF8&node=306503011
奥さんの名と姓、Arrival Stateは「Minnesota」を、Arrival Dateは「February」を選び、「Search」をクリック。検索結果の氏名(奥さんでも私でも、どちらでもOK)をクリック。

Babies "R" Us (ベビザラス)
http://www.toysrus.com/registry/index.jsp
「find a registry」で、奥さんの姓と名を入力、州は「MN」を選び、「FIND REGISTRY」をクリック。