2008-03-29

主張すべきは主張すべし

昨年、親戚が遊びに来てくれたホテルで、予約していた部屋とは違う部屋があてがわれたことがありました。後日、そのホテルのマネージャーにこれを主張したところ、部屋代をまけてくれました。

ところが、今回は保険会社とこんなことがありました。

姫君が母乳を上手に飲めないために、コンサルティングを受けました。そのコンサルティング費用に関して、保険の適用範囲内かどうかを確認するために、奥さんが電話して問い合わせたところ、copayという$20だけ払えば良い種類のものになるということでした。それであればということで、コンサルティングを受けていたのでした。

ところが、後日保険会社から送られてきた明細を見てびっくり。$600以上払えとなっている。びっくりでした。

奥さんが保険会社に問い合わせたところ、保険適用範囲外だからだと。

そこで、奥さんは保険会社に対して、「私は間違った支払額を伝えられた。私たちが払うべきは$20だけだ。」という文章を送って、保険会社の判断を仰いだのでした。

通常、電話での問い合わせは、すべて録音されているので、その記録に戻って確認してもらえれば、どちらの主張が正しいのかわかります。

昨日、保険会社からの、その判断の手紙が届きました。その手紙には、次のようにありました。
... A review of the recording of this telephone call confirms that Ms.
[奥さんの名前] was incorrectly advised
that there would only be a $20.00 office
visit copay for these services.


勝訴しました!!!!

日本のように、「大変申し訳ございません。」のような言葉は一つもないですが、そんなことはもう気にならなくなりました。結論が正しければ、何でも良いです。

改めて、主張すべきは主張すること、この大切さを身にしみたのでした。

2 件のコメント:

Maki さんのコメント...

初めまして。Makiと言います。
1月中旬より、Bloomingtonの会社に出向となり、Eden Prairieに住んでいます。

貴ブログを生活の参考にさせて頂いてます。
いつも有用な情報、ありがとうございます。とても参考になり、感謝しています。

アメリカでの生活は、この記事で仰っている通り、主張しないとだめですね!

これからも、おじゃまさせてください。
ご挨拶まで。

teru さんのコメント...

Maki さん、コメントありがとうございます。

私たちも同じ Eden Prairie に住んでいます。ご近所さんですね!

奥さんの日本人女性の友達で、定期的に食事したりしているのですが、もし良かったら参加してみませんか?(by うちの奥さん)

もし良かったら、ブログのチャット機能でお声かけ下さい!