2008-09-14

子供向けの演劇

今日は、知り合いが、子供向けの演劇について学びにミネアポリスに来ていて、ご夫婦でこちらに1年間滞在されるということで、ミネアポリスをご案内できればとお会いしてきました。時々大雨が降ったりする天候でしたが、楽しく食事が出来て良かったです。

旦那さんは、日本では舞台監督をなさっているのだそうです、有名な劇場で。子供向けの演劇というのが日本にあまりないとかで、日本でも作っていきたいと言うことで、奨学金をもらって勉強に来られているのだそうです。

いろいろお話を聞きたかったのですが、旦那さんはお仕事があるということで、残念ながらご挨拶だけでした。でも、ミネアポリスに来ることになった経緯を聞くことが出来て、ここが好きで住んでいる私たちには、とてもいい話を聞かせてもらえました。

演劇は、やはりニューヨーク、ブロード・ウェイが有名ですよね。子供用の演劇でもやはりそれは変わらないのだそうです。そのため、最初はニューヨークで学びたいと思っていたのだそうです。しかし、実際にニューヨークの方に話をしてみると、ニューヨークは、演じる場所を提供しているだけで、演劇を作るところを学ぶには一番良いのは、ミネアポリスだということを教えてもらい、こちらに来ることになったのだそうです。

この辺で有名な Chanhassen Dinner Theatres というところでやっていた人が、主役の座を争うテレビ番組で優勝したりしていたし、前の会社の同僚が趣味で演劇をやっていたり、記念日に Chanhassen Dinner Theatresのチケットを送る男性の話をきいたり、人口一人あたりの劇場数が、ニューヨークに次ぐ全米2位であるとか、こういう裾野が広いところが、ミネアポリスのレベルを高めているんでしょうね。

子供達が学びに行けるクラスもあるようなので、姫が行きたいと言い出したら、通わせちゃうぞ。


0 件のコメント: