2008-10-06

降雨レーダー

このニュース、

「<ゲリラ雷雨>7割「的中」 市民1万人のメール情報を分析」

によると、

全国約5万人のメール登録者のうち約1万人から「雲のある方角」「雷鳴の有無」などの情報や写真を携帯電話で送ってもらい、積乱雲の発生や発達をとらえる。それを分析し、ゲリラ雷雨が予想される地域にいる登録者に事前にメールで知らせる

のだとか。日本にいた時、時々ものすごい豪雨に見舞われた経験が何度もあるし、さらにひどくなっているらしいですね。

しかし、人海戦術ではなく、テクノロジーによる解決というのは出来ないのでしょうか?

私の住む地域では、豪雨の時には、降雨レーダーを使った予測が普通です。オンラインで、いつでもレーダーによる降雨状況を閲覧できます。

日本でも、こういう降雨予測ということは出来ないのでしょうか?
高層ビルなどの障害物が多すぎ?
電波の利用が許可されていない?

日本で使われていない理由を知っている人がいたら、教えてほしいです。

0 件のコメント: