2008-10-27

ちゃんとした日本語を使わなければ

本格的に寒くなってきたミネソタです。昨日は、雪がまっていました。もう、帽子・手袋・マフラーが必須になりました。

昨日は、まもなく子供が生まれるお友達夫婦と、レジストリー作成のお手伝いに Babies "R" Us(ベビザラス)へ。
必要なもの、良いものを上手に購入するために、私たちの経験を生かしてもらえれば幸いです。
私たちが購入をした際に、必要なもののリストを作成していたので、今回はそのリストを説明させてもらいました。

レジストリーに関しては、過去のエントリーを参照ください。

今回びっくりした事は、私の日本語がよろしくないという事実。。。日本語でなんという名称か、すぐに出てこないんです。「あーーーー、」、「えーーーー、」という感じで、日本語名を思い出す長い間がないと出てきません。

以前は、英語の勉強のために、英語で話したり、資料作成したりするようにしていたのです。その後、子供が生まれ、家庭内では日本語を使っていくということにしました。でも、家庭内で日本語で会話をしていても、物の名称は英語のままだったのです。これが原因でしょう。

これは、非常に良くない傾向です。娘にはちゃんとした日本語を使えるようになってもらいたいですから、手本になる親がちゃんとした日本語を使わなければ。

娘は、デイケアに来ている他の子供をじっと観察していて、それを真似るのだと、デイケアの先生に聞きました。一時期、ものすごく低いうなり声のような声を発していたことがあったのですが、これも他の子供の真似だったもよう。9ヶ月なのに、もうそうやって観察から学んでいるとは、驚きです。

アメリカに来て15年にもなるうちの奥さん、ちゃんとした日本語使うし、通訳もやるし、すげーなー、と改めて思いました。見習います。

2008-10-20

日本製はやっぱりすばらしい

姫の授乳用のボトル、日本で買ったものを使っていました。

ところが、ちょっとしたミスで、ほとんどのニプルをだめにしてしまったのです。急遽、アメリカのもので授乳を、はじめてやってみました。ボルトは、もらったり、他の製品を買ったら付いてきたもので、こういう時もあるかもととっておいたのです。

しかし、このアメリカのもの、図太くて、ニプルがとても堅い、ニプルに空気がボトルに入るための穴がない、などなど、大丈夫かな?と思うところがあったのです。案の定、なかなかミルクが出てこないので、姫はストレス状態に。姫はボトルを振ったり、体をブリッジのように反ったり、「でてこーい」と試行錯誤していましたが、なかなか出てこない。結局、いつもの3倍くらいの時間をかけて授乳。さらに姫は汗だくに。

こういうちょっとしたものでも、日本製のものの方が、よく出来ているような気がします。
そういえば、こちらで売っている爪切りバサミ、日本の製品に販売元の情報だけ英語で書かれたシールを貼っているだけのものでしたね。Amazon.com とかのレビューをみると、評価も良いんですよね。

日本から替えのニプルが届くまで、もうちょっと我慢してね。

2008-10-19

紅葉狩り

姫のパスポートの受け取りに行ってきました。シカゴ領事館の方が、セント・ポールの方にある日本語補習校まで出張してくれるので、そこまで受け取りに。私たちは、ツイン・シティーの南西の端の方に住んでいるので、北西の端の方まで、そこそこ長旅です。車で50分弱かな。

日本語補習校のカフェテリアで受け取りだったのですが、みんな日本風のお弁当を食べていました。漂うにおいが日本の運動会を思い出しました。こんなにいっぱいの日本人(とハーフの人)をみたのは久しぶりです。受け取りは、受領証にサインして終わり。簡単。

せっかく遠くまで来たので、少し足を伸ばして、隣のウィスコンシン州ハドソンまで紅葉狩りに。
Still Water もすぐ近くですが、そっちは人気のスポットで非常に混み合います。また、排気音の騒々しいバイク乗りたちが多いとニュースでやっていました。そのため、Still Water のすぐ南に位置するハドソンに行くことに。フリーウェイおりて、すぐの町なので、交通の便も良いんですよね。

ここは、昨年もこの時期に訪れていて、景色もそこそこだし、混まないし、町も大きくないので歩き疲れないし、落ち着いて過ごせます。

今年は、ちょっとしたイベントをやっていました。今年からの試みなんだとか。チェーンソーを使った、何を競っているのかはよくわからなかったですけど、コンテストなんかやってました。田舎町のイベント、ほのぼのでいいですね。

こちらの紅葉は、もう一週間もしたら、すべての葉が散ってしまいそうです。
その後は、いよいよ本格的な冬の到来。。。
Posted by Picasa

2008-10-16

子育て中に夫にして欲しいことランキング2008

「子育て中に夫にして欲しいことランキング2008」というのがありました。

これって、「いまやってくれていないけど、やってほしいこと」なのか「いまもやってくれているけど、もっとやってほしいこと」なのか、わからないですね。たぶん両方を含んでいる結果なのでしょう。でも、この違いを明確にしてもらわないと、その結果から読み取れることがかなり違うと思うのです。

こういうアンケートの結果を元に、奥さんとディスカッションすることが多いのですが、いつも質問内容が曖昧で、価値観や立場によって質問の理解の仕方がすごく差が出てしまっていると思われ、「この結果からは何も読み取れない。」という結論になることが多いです。。

こういうアンケートというのは、ほとんどはアクセス数を増やすためのものであって、アンケートを実施する側は、深く考えて実施していないものがほとんどでしょう。そういったものがニュースサイトのトップに掲載されてしまう現状、ちょっと危険じゃないかと思うんです。

2008-10-15

ボク様未婚男

「ボク様未婚男」って言葉、ご存じですか?私は知りませんでした。

日経ビジネスの記事で知ったのですが、

「ボク様」ってどういう意味?どうやら彼氏と僕(同じく31歳)には共通点があるらしい。(1)自分の仕事や趣味で精一杯で、他人への関心が薄い。(2)傷つくのが怖い。「オレについて来い」的な甲斐性ゼロ。(3)「いずれ結婚しよう」とは思っているが今は決断できない--。自己中心的なところは「オレ様」と同じだが、自信も決断力もないので「一見優しいけれど、実は頼りないボクちゃん」

という男性の事だということです。

ただ、この記事を読んでいると、男性もいろいろ考えている人、事情のある人などあることがわかりますね。

結婚に関することって、女性向けの記事が多くて、決断できない人のことや、よい男性がいない、なんてことが取り上げられているケースが多い印象を持っていました。しかし、こういう記事を読むと、男性も女性も、双方とも良い異性がいないと考えているケースが多いのかもしれないですね。

最近の記事では、そんな「ボク様未婚男」を卒業した人の話がありました。

Y よく分かんないけど、分かったんです。先に結婚した友だちにも、「(結婚すべき相手に)会えば分かるよ」と言われていたんです。僕も「夢みたいなことを言いやがって」と思っていたんですけど、本当だったんですね。これから先、こいつとずっと一緒にいるんだと分かったんです。

O そういう心境に至ったのって、どうしてだと思う? (1)年齢(30歳前に結婚したい)、(2)経験(女遊びはやり尽くした)、(3)偶然(運命的な出会い)の三択で選んでみて。

Y 間違いなく(3)ですね。だって、自分でもまさか結婚するとは思いませんでしたもん。友達もびっくりしています。「お前が結婚かよっ。急に変わりすぎだろ」って。


結局、『縁』なんですかね?

2008-10-13

出汁とったり、包丁研いだり

この週末は、予定が直前に延期となったため、何もプランのない週末となりました。

こんな時には、のんびりすごしたいところですが、和食を作るときに使う出汁がなくなってしまったので、出汁作りを。出汁は、アメリカ人は魚くさいと感じる人が多いみたいなので、来客のない週末に作るのがベターなんです。

我が家では、昆布と鰹節からの出汁を大量に作って、小さい入れ物に分けて冷凍しています。使うときに必要なだけ解凍しています。普通の冷凍庫ではなく、長期保存に向いた専用の冷凍庫があるので、大量に作っても十分スペースがあります。

鰹節は、かんなを使って作るので、出汁作りは男の仕事ってことになっています。削られたものを買ってくるよりも安上がりですしね。出汁をとった後の鰹節も無駄にはしません。味噌と砂糖、醤油を加えて混ぜ、味噌おかかに。信州出身の私、おかかといえば味噌なんです。東京に住んでいたときに、コンビニでおかかのおにぎりを買って、味噌ではなく醤油であったときには、詐欺にあったと思いましたよ、まじめに。

そんなわけで、大量の鰹節を作るのですが、どうもかんなの切れ味が悪い。かんなのを刃を研いであげないとだめな模様。でも、こんな時も大丈夫。我が家には砥石があるのでした。ついでに包丁も研ぎたいし。

簡単に研ぐことの出来る機械などもありますが、砥石を使っています。包丁屋さんによると、包丁の刃の部分には、目に見えないのこぎりのようになっているところがあって、砥石でないと、そののこぎりの箇所がなくなってしまうんだそうです。

アメリカで包丁を買おうとすると、日本製かドイツ製が良いものとして売られているのですが、ドイツ人の友人は、日本製のほうが良いといいます。私はどちらも良いものだと思うのですが、砥石で研いだものと、そうでないもの、その違いがあるのではないかと、勝手に思っています。

最後に、包丁の切れ味を確認する簡単な方法を書いておきます。意外と知られていないようなので。

まず、親指の爪の上に、直角に包丁の刃を当てます。そして、横にスライド(親指の方向と平行にスライド)させてみてください。

包丁が動いてしまうようであれば、そろそろ研いだほうが良いころです。爪に傷が付いてしまうこともあるので、女性は気をつけてやったほうが良いですよ。

ミネアポリス近郊の方で、包丁を研いでほしい方がいらっしゃいましたら、ぜひお声かけください!
Patrick's か Sofitel のケーキと交換でどうでしょう!!

2008-10-09

サラ・ペイリンはミネソタ訛り

共和党の副大統領候補、サラ・ペイリンは、いまやワイドショーの常連となり、毎日メディアをにぎわせています。

私にはまったくわからないのですが、サラ・ペイリンはミネソタ訛りがあるのだとか。

かつて、200家族くらいが、ミネソタとその周辺の州から、サラ・ペイリンの住む市の近所に移住しているのだとか。そのため、アラスカのそのあたりの地域では、ミネソタ訛りがあるのだそうです。
http://www.kare11.com/news/news_article.aspx?storyid=526029&catid=14

意外な関係があった、ミネソタとサラ・ペイリンではありますが、調査によると、ミネソタはオバマがリードしているのだとか。共和党は、ミネソタで党大会を行ったのに、面白くないでしょうね。。。

2008-10-08

4人に一人は結婚難民

右サイドにあるお気に入りのブログに、

婚活 応援ブログ=仲人のため息

を追加しました。

最初に、「4人に一人は結婚難民」ということから始まっていて、ドキッとしてしまいますよね。

「本当にこんな人いるの?」と思ってしまうほど、想像もしなかった言動をとられる方々の例に、申し訳ないのですが、大爆笑したり、考えさせられたり、楽しませてもらっています。

結婚したいと考えている方にとっては、前向きになる考え方を紹介してもらえるサイトではないでしょうか。

私たち夫婦では、あの時こう考えていたとか、この考え方は自分の考え方に近いね、とか話をすることができて、より一層双方を理解しあえる機会を与えてもらっています。既婚者にも、お勧めです。

2008-10-07

男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキング

「男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキング」という記事を読みました。
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/mystery_action_female/

男性としては、確かにそうかもしれないものばかりですね。女性にとっては普通のことかもしれないですが、男性には不思議なんですよね。特に『「あなたにまかせる」と言いながら、選んだものに不満を言う』という項目なんか、要注意じゃないでしょうか。

ちなみに、うちの奥さんに該当しそうなものは、「納得するまで引き下がらない」というところくらいでしょうか。でも、これは私はそうあってほしい行動であるので、問題ないですが。


2008-10-06

降雨レーダー

このニュース、

「<ゲリラ雷雨>7割「的中」 市民1万人のメール情報を分析」

によると、

全国約5万人のメール登録者のうち約1万人から「雲のある方角」「雷鳴の有無」などの情報や写真を携帯電話で送ってもらい、積乱雲の発生や発達をとらえる。それを分析し、ゲリラ雷雨が予想される地域にいる登録者に事前にメールで知らせる

のだとか。日本にいた時、時々ものすごい豪雨に見舞われた経験が何度もあるし、さらにひどくなっているらしいですね。

しかし、人海戦術ではなく、テクノロジーによる解決というのは出来ないのでしょうか?

私の住む地域では、豪雨の時には、降雨レーダーを使った予測が普通です。オンラインで、いつでもレーダーによる降雨状況を閲覧できます。

日本でも、こういう降雨予測ということは出来ないのでしょうか?
高層ビルなどの障害物が多すぎ?
電波の利用が許可されていない?

日本で使われていない理由を知っている人がいたら、教えてほしいです。