2009-02-16

天職って...

天職ってなんなのか、若い頃はよく悩みました。今の私は、IT エンジニアしかないだろ、と言われるでしょうけれどね。でも、昔は他の職業を考えていたんですよ。大学受験の時には、まったく IT とは関係のない学部を志望していたんですよ。ひょんなことから IT 関連を学ぶことになり、そのおかげでアメリカでコミュニケーション能力が高くなくとも、雇ってもらえています。

システムを構築しているときには、時間を忘れ、奥さんが置いていってくれたコーヒーやお菓子の存在も忘れ、没頭してしまいます。熱中しすぎて徹夜してしまうことも。これぞ天職だと思っています。

最近、友人がミネソタが本社の大きな会社を辞めました。今の経済状況からしたら、とっても悩んだだろうし、勇気が必要だったことでしょう。そして、その友人はフォトグラファーとして独立しました。友人にとって、フォトグラファーが天職なんでしょうね。

そんな友人の独立にあたり、少しだけお手伝いをさせてもらえました。とても大きな決断をした友人のお手伝いを出来て、とても光栄です。

Kayako Mae Sareen
k.mae studio

私は、この Web サイトの構築を手伝わせてもらいました。私の天職とするところのスキルが、こうして友人のお手伝いに活かせるというのは、とても嬉しいことです。

かやこさんには、うちの姫を撮影してもらったことがあります。優しい仕上がりがとても気に入っています。これまで何人かのフォトグラファに撮ってもらったことがあり、みな上手でした。でも、写真が優しいのは、かやこさんの特徴ですね。

結婚・出産・記念日などなど、ぜひともコンタクトしてみてください。

2009-02-15

チョコレート・ブレッド

最近、自家製のパン作りにはまっています。

こちらでもパン焼き機が普通に販売されていますが、場所をとられるし、せっかく新しいオーブンがあるのに、それを使わない手はありません。また、奥さんによると、パン作りってわりと簡単なんだそうです。一度に大量に作って冷凍しておけるから、手間もそんなにかからないそうです。

今日は、奥さんがチョコレート・ブレッドと胚芽パンを焼いてくれました。

Turtle Bread (http://www.turtlebread.com/) というお店で売っているチョコレート・ブレッドが大好きなのです。でも、スーパーですぐに売り切れてしまい、入手が困難なんですよね。お値段も良い値段します。そこで、奥さんがレシピがない中、工夫して再現してくれました。

Turtle Bread のものよりも、甘さ控えめでやわらかく仕上がりました。味もものすごく良い!有塩よりも無塩のバターが良くあいます。粉の20%はココアなんだそうです。
胚芽パンは、良くある普通の胚芽パンですが、自家製であるだけで美味しく感じます。

チョコレート・ブレッドのレシピが欲しい方は、奥さんに問い合わせあれ。


この美味しく焼けたパン、姫にはまだ食べさせていません。姫は、食べたそうに見つめていますが。今は、食物へのアレルギーがあるかどうか、いろいろな食材を試している最中なのです。今週は乳製品の週なため、小麦のものはあげられなくって。もう少し我慢してね、姫。

2009-02-09

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンという言葉はご存じだと思います。私は、癌などの大きな病気の時にしか必要ではないものと思っていました。

先日、奥さんの歯の治療にあたって、ちょっとそれはおかしいんじゃないのか?と思うような事があったのです。日本に帰国していた際に、どうしても歯が痛むと言うことで、保険なしですが、日本の歯医者さんにお世話になりました。話はそれますが、日本の診療費って安いんですね。保険適用されているアメリカでの診療費よりも安かった。歯の治療のために日本に帰国するという人がいると聞きますが、今はそれが理解できます。

日本での治療では、アメリカに戻ってきて元に戻すにあたって、簡単にできるということを確認してから治療してもらったのです。でも、こちらに戻ってきていつもの歯医者さんでは、全部やり直しになると言われたのです。当然、金額もものすごい見積もりが。

この歯医者さんにかかるようになってから、医療費が高くなってきているような気がしていたので、多少不信感があったのです。この件でますます不信感が増幅されました。

そこで、どうしたら納得が出来る判断が出来るか奥さんと話をして、この歯の治療に関して、セカンド・オピニオンをもらうことにしたのです。

奥さんが調べてみると、セカンド・オピニオンを得るための診察は無料であるところも多いことがわかりました。今いっている歯医者さんも、レントゲン写真等を私たちに提出してくれました。日本では、カルテを外に出さしてもらえないケースも多いそうですが、そんなことはありませんでした。何も障害なくセカンド・オピニオンを得ることが出来ました。

結局、セカンド・オピニオンを二つ、三つほどもらいました。セカンド・オピニオンを出してくれた歯医者さんは、日本の歯医者さんが教えてくれた診療方法で大丈夫である、ということでした。

そうとなれば、今まで行っていた歯医者さんにはさよならです。セカンド・オピニオンをもらった中から一つ歯医者さんを選び、そちらに行くことにしました。無事治療も終わり、医療費も納得できるものとなりました。

セカンド・オピニオンって、たいそうなことだと勝手に思ってしまっていましたが、診療に関わることすべてに考慮しても良いものなんですよね。今後も、こういう仕組みを利用して、自分たちが納得できる判断をしていきたいですね。

「公共交通機関は使いにくい」と感じるママが7割

最近、こんなレポートを読みました。

子どもを連れて出かけるママが、街中のどんなところに不便を感じているのかをまとめたレポートを森永乳業が発表した。10年前と比べて改善されていない点が多く、社会の目が冷たいと感じているママも多いようだ。

昨年、私たちが日本に帰国した際に感じたことと、まったく同じでした。
誇張しているわけではなく、平日に子連れで外出すると、社会の目の冷たさを感じます。週末は、他にも沢山子連れの人がいますから、まだ良いですけれど。

ここミネソタでの生活や、日本の私の田舎では、移動手段が車であることや、子連れを前提としたショッピング・センターなどが多いです。そのため、子連れでの外出はとても楽です。でも、都市部での移動やショッピングは、かなりストレスになりました。

10年前とあまり変わっていないということにも驚きですね。人々の意識は、徐々に変わっていっているとは思うのですが、まだ多数派にはなれていないということでしょうかね。

2009-02-07

スパム・ミュージアム

スパムっていっても、迷惑メールのことじゃありません。食べ物のスパム(SPAM) です。
正確には、迷惑メールのほうは spam とすべて小文字で書きます。

最近は、日本でもスパム缶は普通に売っていますよね。スパムおにぎりとか、スパムご飯とか人気があると聞きます。

そのスパム缶ですが、この不景気の中で売り上げを伸ばしているそうです。
安いし調理が簡単だし、家計にやさしく、時間も節約だし、重宝するのでしょう。

そのスパム缶を販売しているのは、Hormel Foods という会社で、本社はミネソタにある会社なんです。
そして、Hormel Foods のあるオースティンという町には、スパム・ミュージアムがあります。

オースティンは、私の住んでいるところからは少し距離があるので、行ったことはないですが、話のネタのためにもいくべきでしょうか?スパム・スパとかあるそうです。スパですよ、スパ。いったいどんな人がスパム・スパをやろうなんて考えたんでしょうか?その発想に脱帽ですよね。

ミネアポリス近郊の方、ぜひ行ってみたい方がいらしたら、一緒にどうですか?