2009-03-29

レディー・ファーストは1才から

自由に歩けるようになった姫ですが、洗濯物をたたんでいると、洗濯物の上に座ってきます。それも、ブランケットとかタオルの上に座ってくるんです。座って、こちらをみて「やはくやってよー」という顔をしています。

これは、デイケアで覚えてきたブランケット・ライドという遊びをやって欲しいのです。ブランケットの上に乗ったまま、私たちがブランケットを引っ張って動き回るという遊びなのです。

姫はこれが大好き。デイケアの先生がブランケットを持ってくるのを見たとたん、笑顔で両手をパチパチたたいて喜ぶそうです。

そして大好きなことは一番先にやりたいそうで、月齢の近い男の子が二人いるのですがその子たちに「席を譲りなさい」と、手で退くように指示して場所を確保するのだとか。先生は、姫はレディー・ファーストを教えているのね、と。

まだ一才だというのに、レディー・ファーストを覚えさせられている男の子たち、ごめんよう。でも、社会に出ると重要なことだから、今から学んでおくことはきっと君たちの将来に役に立つよ、と思うことにしているのでした。

この子たち、たぶん同じ小・中学校に通うことになるだろうから、ずっとうちの子に譲り続けることになるだろうな。「教育してあげてるの。」なんて姫が言い出したりして...

2009-03-28

初めての言葉

久しぶりの更新です。なんか疲れてしまっていて、9時を過ぎると眠くなり、ソファーで寝てしまうことも何度か。
最近、姫がとっても元気で、目を離せないのです。家中、何かしゃべりながら歩きまわっています。
常に注意をはらっていないといけないので、疲れちゃうのかな。

家では日本語、デイケアでは英語という環境のためでしょうか、なかなかしゃべることが言葉になりませんでした。
でも、最近は少し言葉を発するようになりました。

初めての言葉は「star」でした。友人が姫の誕生日に送ってくれた絵本に、魚のお腹に星のマークがあり、そこに「This one has a little star.」と書いてあるのです。これを読んであげると、「star」のところだけ後に続いて繰り返します。(でも、今は発声してくれなくなっちゃいましたが。)

よく言葉に出すのは、「oh-oh」ですね。おもちゃとかを持って歩いていき、途中でおもちゃを落としてしまうと「oh-oh」を連発します。

デイケアでは、「done」「Chris」(デイケアの先生の名前)など発声するらしいのだけど、私たちはまだ聞いたことがない。

日本語はまだ発声していないな。でも、日本語はわかってきているみたいで、「これお母さんに持っていって。」というと、ちゃんと持って行ってくれる。
わかるのが先で、発声できるようになるのは遅れてくるといわれていますから、もう少ししたら日本語も発声するようになって来るかな。

初めての日本語は、何になるんだろう。

2009-03-15

春が来た!

つい数日前は、摂氏-20度くらいを記録していたのに、現在、摂氏12度です。明日はもっと暖かくなるようですし、この気温はしばらく続くようです。つまり、ミネソタの長い冬も終わり、春が来たようです!

いつも思うのですが、ミネソタは四季がちゃんとある場所ですが、季節の変わり目が非常にわかりやすいです。日本のようにゆっくり変わっていくのではなく、2週間くらいで季節が切り替わる感じです。

とても暖かい日だったので、今日は朝からショッピングに近くのモールまで行ってきました。

このモールは、通路がカーペットなので、初めて姫を家・デイケア以外で歩かせてみました。子供を中央にして、両側を奥さんと私で手を繋いであげて歩いてみました。姫は大喜び。時々、とてもよい笑顔で私たちを見上げながら歩いていきます。100mくらい歩いたでしょうか。そこでカーペットが終わってしまったので、そこまでとしましたが、もうどんどん歩けてしまいそうです。履き心地の良い靴であることも良かったようです。

まだ、バランスを崩すときもあるので、カーペットでない硬い床は避けていますが、散歩に気持ちよいほど暖かくなった頃には、外を走り出しているのかな。

2009-03-05

ひな祭り

もう何日も過ぎてしまいましたが、3月3日はひな祭り。昨年はあわただしくて準備できなかったのですが、今年は姫のために、日本のおじいちゃん・おばあちゃんが雛人形をプレゼントしてくれました。

昨年日本に行った際に、浅草橋の吉徳にて購入したのです。人形は、実際にみてみて、お店の人に詳しく教えてもらって、納得のいくものを購入できました。姫の名前にちなんで、桐の木をつかったものにしています。吉徳では、海外発送もしてくれるので、とても助かりました。

今回は、ちらし寿司を奥さんが作ってくれて、簡単にお祝いをしました。平日だと、なかなか時間がなくて難しいですね。でも、一年前の大変だった頃からは遙かに楽になっていて、時のたつのはなんと早いことか。

あと何回、姫と一緒にひな祭りを過ごせるのかな。片づけるのしばらくやめようかな。。。
Posted by Picasa

2009-03-01

子供用の靴

今週は、姫が熱を出しました。昨年の夏に熱を出してからこの半年、デイケアから菌をもらって来て鼻水が出ることはあっても、熱を出すことはなかったのです。これが生まれてから二回目の高熱でした。

高熱ではデイケアに預けられないため、午前中は私が、午後は奥さんが面倒をみることに。こういう時に、会社の社長は「子供のことを第一に優先しなさい」と言ってくれたので、心置きなく面倒を見ることが出来ました。
(余談ですが、日本では、こういうときに母親が面倒を見るのが当たり前、というイメージがありますが、今でもそうなのでしょうか?)

四日目あたりから元気にはなってきてはいたものの、熱は下がらずにいました。6日目の今日日曜日になって、やっと熱も下がり一安心。まだ、せき・鼻水はでるし、声もハスキーなままですが、もう大丈夫かな。

今週は、そんな姫に、おじいちゃん・おばあちゃんから靴のプレゼントが届きました!

姫は、私の家系の足の形を受け継いでしまったようで、幅が広く、甲が高いのです。
こちらで売っている靴だと、サイズ5だとどんな靴でも入るのですが、靴が大きすぎて、チャップリンみたいになってしまいます。そこでサイズ4でも、ゆったりなものを選んで履かせていました。それでも、履かせるときには、すこしきついかなと思っていました。

日本から届いたのは、日本の靴メーカー、アシックス製の靴。靴屋さんで、幅が広めの靴をとお願いしたら、出してくれたのだそうです。

やっぱり日本人の足には、日本のメーカーの靴が良かったようです。幅広で甲が高い姫の足に、ぴったりでした。それに、とっても履かせやすい。姫も歩きやすそうです。

アメリカのサイズだと、4 1/2 になるのですが、ぜんぜん大きすぎず、長すぎず。適度に足先にスペースができるのです。

靴は、小さな子供にはとっても大切なものなので、もう少し早く姫にあう靴を選んであげればよかったかな。少し反省です。残念ながら、アメリカでのアシックスでは赤ちゃん用の靴は販売していないです。今後は、日本のオンライン・ショップで購入、実家に送っておき、こちらに転送してもらわないといけない。ちょっと送料が高くつきますが、あわない靴を履かせてしまって、足がおかしくなってもいけないですからね。

アシックスのサイトには、子供の足の特徴とか、
靴のサイズの測り方とか、
があり、非常に参考になりました。

ミキハウスも良い靴を作られているようで、こちらも今度試してみたいですね。