2009-10-30

ネットワーキング

奥さんの新しい勤務先が決まりました!!

このブログでは書いていなかったのですが、この経済状況の受けて、奥さんは4月に会社をレイオフになっていたのです。無事に勤務先が決まって、本当に良かった。心配してくださったり、知人を紹介してくださったりした皆さま、本当にありがとうございました!大変感謝しております。


奥さんのジョブ・サーチを通じて知ったことは、ネットワーキングということが、ものすごく重要であるということでした。
ネットワーキングとは、知り合いなどを通じて、求めているポジションの会社の中の人や、採用の決定権をもつ人々と面会して、自分を知ってもらう、また、その会社のことを知ることです。
私のような IT の仕事の場合には、少し事情が違うみたいですが、その他の仕事の場合には、ネットワーキングにより決まるといっても過言ではないようです。


最初に統計の話をすると、85% のジョブは、ネットワーキングから決まっているそうです。残りの 15% が公募になっているものから決まっているのだとか。
つまり、Monster とかに載っている仕事は、全仕事のうちの 15% 位のものだけなんでしょうね。15% のために時間を割くよりも、85% のものに時間を割くほうが、効率的ですよね。

今の経済状況下ですと、一つのポジションに 400 人とか応募があるのだそうです。それを応募をすべて丹念に見てくれるなんて事は無いのだそうです。
そのため、その会社のポジションの高い人がレファレンスとなっているなど、人脈を活用しないと、レザメを見てもらうことすら出来ないのだとか。
したがって、そういう人々とのネットワーキングが、レザメを見てもらうため必要になります。

また、ネットワーキングにより知り合った人が、新しいポジションが必要になったときに、名指しで連絡をしてくれることも多いです。
募集をして、めぼしい人をピックアップして、その人を面接して、選考して、二次面接して、とやっていたら、今の時代時間がかかりすぎなのでしょうね。
一応、体裁のために公募するものの、公募した段階で、すでにそのポジションは埋まっているということのようです。

さらに、大きな会社は、その会社が活発に事業を行っているように見せかけるために、ポジションが無くとも募集をかけていることも多いのだとか。

こういう事実を知ってしまうと、Monster とかで仕事のオープニングを待つことは、時間の無駄遣いと断言してしまっても良いかもしれません。


では、どうやってネットワーキングをしていったら良いのだろう、と思われますよね。
ネットワーキングのやり方に関して知りたいという方は、ぜひ奥さんに連絡を。
このブログのコメントを通じて連絡いただいても結構です。

なんで書かないかって?いや、それは、私も知らないので奥さんに教えてもらわないといけないので。

2009-10-29

PCのデータのバックアップ


久しぶりのブログの更新となってしまいました。Twitter でつぶやく方が手軽で、ついつい Twitter を使ってしまいます。

先週、Windows 7 がリリースされましたね。私は買う予定は無かったのですが、安く手に入れることが出来たので、自宅の PC をバージョンアップしました。Windows XP を使っていましたが、XP よりも軽快に動いてくれます。会社の PC は Vista を使っていますが、かなりチューニングしていても遅いです。Windows 7、良くなっているようですね。

こういったバージョンアップにあたって気をつけなくてはならないのが、データのバックアップ。間違えて重要なデータを消してしまっては大変です。
皆さんは、バックアップはどうされていますでしょうか?

最近は、デジタル・カメラで取った映像を PC に保管していることでしょう。大切な子供の写真とか、無くしてしまう事なんていやですよね。
CD/DVD にバックアップしているという方もいますが、CD/DVD は長期間の保存には不向きなメディアです。10年以内の CD でも、1割近くのデータ破損が発生すると言われています。


このような事情もあり、私は、次のようにバックアップを行っています。
おかげで、バージョンアップも簡単に終わりました。


1.HDD のミラー

普通の PC は、HDD は一台しか付いていないと思います。一台しかない HDD が故障してしまった場合、その HDD の中のデータを取り出すことは困難です。(復旧を行ってくれる会社がありますが、結構高額な料金がかかります。)
しかも、HDD というのは、PC の中で最も重要な部品であるのにもかかわらず、物理的な動きのある機器なので、故障率が高いです。

そこで、私の PC は RAID という仕組みを使って、同じ情報を二台の HDD に保存しておき、一台が故障してもデータが確実に取り出せるようにしています。

これが、バックアップではないですが、データを失わないための一つ目の手法です。



2.外付け HDD へのバックアップ

「うっかりデータを消してしまった」とか「昨日までのファイルの状態に戻したい」といった経験はありますか?
こういった事への対策として、外付け HDD への定期的なバックアップで対応しています。

手作業でもバックアップは可能ですが、バックアップすべきデータが多いと、手作業では漏れが発生してしまうでしょう。こういう作業は自動化させてしまいましょう。
私は、Duplicati という無料のソフトを使っています。

Duplicati のスケジュール機能で、毎日一回、前日から変更のあった差分だけを、外付け HDD にバックアップしています。バックアップは圧縮されるので、HDD の容量の節約にもなります。また、月に一回フル・バックアップを実施するようにしています。つまり、一ヶ月前までなら、いつの状態にでも復元することが出来るようになっています。

一日一回の実施であるため、その日に作成したファイルを削除してしまった場合には復旧することが出来ませんが、この程度で十分でしょう。

Apple の Mac OS X では、Time Machine という機能で、これと同じようなことが出来ますね。

これが、二つ目の対策。



3.Amazon S3 へのバックアップ

PC が盗難にあってしまった、トルネードや火災などにより PC が破損してしまった、などへの対策として、オンライン・ストレージと呼ばれるサービスを利用しています。オンライン・ストレージは、自宅の PC ではなく、ネット上にデータを保管しますから、万が一盗難にあっても、データは容易に復旧が可能になるわけです。

数あるオンライン・ストレージ・サービスで、知名度も高く、料金も手ごろなのは、Amazon S3 というサービスです。あの Amazon の提供するサービスです。
私は、40GB ほどのデータを Amazon S3 に保管していますが、月々$4程度しか費用がかかっていません。

Amazon S3 を利用するには、Amazon のサイトにアクセスして、S3 サービスを利用のための Access Key と Secret Key を発行してもらいます。これは、ショッピング等で利用する Amazon のアカウントとは別のものです。そして、Amazon S3 を利用するためのソフトというものを利用して、データのバックアップを行います。

いろいろな会社からソフトがリリースされていますが、私が使っているのは、次の二つのソフトです。

CloudBerry Online Backup

有料($29.99)ですが、大変優秀なソフトです。大量のファイルのバックアップでも、安定して動いてくれたのはこのソフトだけでした。


S3 Backup

無料です。ベータ版でエラーが出たりしますが、起動しなおすとちゃんと動いてくれます。
数GB 程度のデータであれば、このソフトがお手軽でしょう。
私は、データ量が少ないノートPCでこのソフトを使っています。


これらのソフトを使って、毎日夜中にデータのバックアップを実施してもらっているので、手間いらず。

なお、私の場合、最初にすべてのデータを Amazon S3 にバックアップするのに、一週間かかりました。一度、すべてをバックアップしてしまうと、以降は差分だけをバックアップするようになり、数分から1時間もあれば、毎日のバックアップは終わっています。

これが三つ目の対策。


個人の PC であれば、これだけやっていれば大丈夫かな。

HDD のミラーは、最初にそういうことに対応した PC でないと難しいでしょうね。
Amazon S3 は、少し特殊なので、使い方がわからない場合には、Google で検索してみると、解説が沢山あります。

バックアップに不安のある方は、お試しあれ。