2010-03-04

時間節約 その2

今回は、前回の時間節約の続きを。

前回は、料理の時間が私たちには課題であったことまでを書きました。今回は、その課題に対する私たちの対応の仕方を書きたいと思います。

私たちが決めたことは、非常に単純で、土日の朝4時から二人で料理をする、というものです。

一人で料理していると、どうしても効率がよくありません。二人で料理をすると、驚くほど短時間で調理できます。しかし、娘が起きているときは二人で料理することは出来ません。そのため、料理をする時間は、娘の起きる前か起きた後、またはお昼寝の時間に限られます。

お昼寝の時間は、娘が音に敏感で、眠りに落ちたことを確認するまで作業が出来ないので、利用できる時間がかなり限定されてしまいます。

娘の寝た後は、お風呂に入ったりしたいし、私たちも疲れているし、終りのケジメがつけにくく、夜中までいろいろやってしまいそうで、この時間もあまり使えない。

そこで、娘の起きる前を料理の時間に割り当てたのでした。もともと、夜ははやく寝て、朝4時には毎日起きていたので、生活パターンの変更はありません。この時間だと、私たちも元気で作業がはかどります。

夜早く寝るようになったのは、夜なかなか寝てくれない娘をあやしながら一緒に朝まで寝てしまうことが続いたことがきっかけでした。しかし、以前「就寝1時間前のEメールのチェックは睡眠を妨げる」との研究結果を読んだことがあり、これはこの生活リズムを続けるべきじゃないかと思ったのです。

なんでも、コンピュータの光が、睡眠を助けるホルモン、メラトニンの分泌をやめるよう脳に信号を送ってしまうのだそうです。エスプレッソ2杯分を飲むのと同じ不眠効果があるのだとか。光が原因ですから、メールのチェックだけでなく、PC を操作することそのものをやめ、また、iPod などの機器も利用することも避けるようにしています。

そのかわり、寝る前にはリラックスした時間を過ごすようにしました。メールの返事を書いたり、調べものしたり、オンラインでの買い物をしたり、PC を使う時間はどうしても必要ですから、それは朝起きてからの時間に行うようにしました。結果、以前より睡眠時間は短くなっているのですが、前より寝起きも良いし、昼間眠くなるようなこともないし、生活が改善しています。

話をもどしますが、週末の料理時間を早朝に変更した結果、週末がとっても楽に過ごせるようになりました。二人で娘と遊べるので、体力的にも楽ですし、娘もより楽しめているようです。あっという間に終わってしまっていた週末が、長く感じられるようになりましたよ。

私たちには、とっても大きな改善が見られた時間の使い方であったので、二回に分けて書いてみました。みなさんは、どんな時間節約術してますか?

0 件のコメント: