2010-01-20

パン焼き機さん、参りました。

Bread Maker というものに対する認識を改めたことを、ここにご報告させて頂きます。参りました。脱帽です。

パンは、いつも大量に作って、冷凍保存していました。お店で買うと高いですからね。
しかしながら、まもなく二歳になる娘がとても活発なため、土日にパンを焼こうと思っても時間がなくて作れないのです。
冷凍しておいた在庫もなくなってしまいました。

もうパンを手作りする時間が作れないなら、Bread Maker を購入してしまって、娘との時間を気兼ねなく過ごせるようにしようと思うようになりました。

そうして昨日届いた Bread Maker、どんなものかそのお手並み拝見しましょう、と 100% Whole Wheat(全粒粉)でどんなものが出来るか試してみたのです。100% Whole Wheat なんて、なかなか難しいだろう、出来るもんならやってみな、くらいの気持ちで試してみたのです。

今朝、その焼きあがったパンを食べてみて、もう、手でこねるのはやめることにしました。
材料を入れるだけで、簡単に上手に焼き上がりすぎです。
こんなに簡単で上手だったら、もっと早く買えば良かった。。。

しかし、主食がパンではない日本の会社の Bread Maker が、アメリカで一番売れているとは、不思議なものですね。

2010-01-13

コーチングのクライアントを募集しています

新年第二回目のこの投稿も、ちょっと告知をさせてください。

私の奥さんが、コーチングのクライアントとなってくれる方を募集しています。

コーチングとは、簡単に言うと、クライアンが持つ力を最大限に引き出すことで、人生をよりよく生きるための手法の一つです。

コンサルティングのように、解決策を提示したり、代わりに問題を解決したりするようなことは行いません。また、カウンセリングや心理療法、精神療法といったものとも異なります。コーチングは、あくまでも個人の力を引き出すことをお手伝いすることで、課題の解決や、より充実感を伴った生活をおくれるようになることを目的としています。従って、会社のエグゼクティブ、管理職や一般社員の方、主婦や学生などなど、非常に多くの方にお役に立てる手法です。

米国では、コーチングを受けているエグゼクティブの方々は、少なくありません。エグゼクティブ・コーチングを専門に提供する会社は数多くあります。また、組織レベルで管理職の方々にコーチングの手法をトレーニングして、部下の育成を促すということが、普通になりつつあります。


一般的なことを書いてみましたが、こう書くと、大きな課題があるときにだけ使える手法かのように思わせてしまったかもしれませんね。でも、例えば、「仕事と子育てに忙しく、パートナーとじっくりと話をする機会が無い」とか、「会社でチームリーダの立場にあるのだけれど、リーダーシップがうまく発揮できていないと思っている」、「個人事業主としてビジネスをやっているが、次のレベルにビジネスを持って行きたい」、「漠然とした思いなのだけど、何か変えることで人生をよりよいものにしたい」という課題でも、もちろんコーティングはお役に立てます。

言い換えると、

・今がんばっているんだけど、うまくいっていない。この状況を改善したい。
・人生を、今よりもよりよいものにしたい。

というような思いのある方であれば、コーチングはその助けになると思います。

私の奥さんは、昨年、コーチングを行う者としてのトレーニングを受けました。今年は、その認定を受けるための Practicum(実習)を行う予定にしています。そのPracticumには、実際にコーチングのクライアントとなってくださる方が必要なのです。

・住まわれている場所は問いません。日本でも、米国でも、それ以外の国でもOKです。
・日本語または英語でコミュニケーションを取ることが出来る方。
・毎週または隔週で、45分から1時間のセッションが可能な方。(ただし、初回のみ1~2時間ほど。)
・3ヶ月以上継続できる方。(途中、旅行等でのスケジュール調整は問題ありません。)

このような方がいらっしゃいましたら、ぜひとも連絡をいただきたいです。ご連絡は、私たちの連絡先をご存知の方は直接メールいただければと思います。連絡先をご存知でない方は、このブログのコメント欄からご連絡頂ければと思います。(コメント欄は承認制となっています。)

コーチングのセッションでの内容は、秘密保持契約に基づき、コーチとクライアント意外の人と共有されることは一切ありません。認定プログラムのスーパー・バイザーがモニターする場合がありますが、その場合は予め了解を頂いた上で行います。また、私たち夫婦間でも内容が共有されることは絶対にありません。安心してセッションを行って頂けます。

なお、この認定プログラムの規定により、コーチングのセッションは有料で行われます。コーチングを専業とされている方々は、1セッション$100以上というのが相場らしいのですが、今回は認定プログラムの一貫ということもあり、相場からはかなり割り引いた料金とさせて頂く予定です。

関心をもたれた方は、ぜひともお気軽にご連絡をいただければと思います。

2010-01-09

PCのサポート依頼受付中

年明けしてだいぶ経ってしまいましたが、みなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年最初の投稿は、ちょっとした告知を。

私は、米国の大学を出たわけではないのですが、ここミネソタでも仕事を得ることが出来て生活していけています。それもこれも、ITエンジニアであるということが主な要因です。

日本から来られた方々と話をしていて、私がITに詳しいという話をすると、PCの修理などを依頼されることがあります。学生のころから修理は良く引き受けていたり、前の会社では業務の一部として社内のPCサポートもやっていたこともあり、私にとっては難しいことではないので引き受けさせてもらっています。

しかしながら、私や奥さんと直接繋がりが無い方々が、米国には当然沢山いますよね。異国の地で、PCに問題が起きたりしても、日本語版のPCを使っていたりして、こちらでは修理しようにも出来ないとか、英語では説明が出来ないとか、お困りの方もいらっしゃるでしょう。そういった方々のお力になれればと、副業としてPCのサポートを行うことにしました。詳しくは、次のサイトをご覧ください。

ハンディー・テリー

もし良かったら、お知り合いにサイトをご紹介頂けるとうれしいです。

それでは、2010年がみなさんにとって良き年となりますように。