2010-04-26

ひらがな学習の教材を作ってみた

だいぶ言葉が発声できるようになってきた娘ですが、英語のセンテンスの一部が日本語になります。
「I wanna 開ける.」とか。

もう少し大きくなって来たら「家の中では英語で話しかけられても一切返事をしない。」という友人家族のやり方を見習う予定です。(家の中ではドイツ語のみ。その甲斐あって、友人は英語もドイツ語もネイティブ。)

今のところは、英語で言われても、日本語と混ざっていても、娘の言葉を日本語で言ってあげて、繰り返して発声するように促している程度にしています。

デイケアでは、Phonics というクラスを取っていて、発声とアルファベットを習っています。まだまだ習うには早いんじゃないかと思いましたが、私たちではネイティブの英語を教えられないし、多くの同じくらいの年齢の子がやっている、というセールス・トークに促され、受けることにしました。

娘は、クラスをとても楽しんでいるようで、最近は本の文字を指さして、「A, B, C」と言っています。ぜも、ぜんぜんあってはいない。どうやら、絵と文字の違いはわかってきたようです。

アルファベットを習いだしたので、そろそろひらがなを学べるようにしようかと思い出しています。

Google で検索してみると、ひらがなを学ぶためのフラッシュ・カードを無償で提供しているサイトなどが見つかりました。ただ、Phonics の教材がよく出来ていていて、それと比較するともう一歩という感じなのです。また、日本の教材はイラストのものが多いような気がします。小さい子供の場合には、写真の方がイラストよりも効果が高いと言われているそうなので、そういう点でも。

大人を対象ですが、人材教育に関わっている奥さん、かつて関わっていた私は、効果の高い方法を採用したいですよね。

選択肢がないんだったら、作ればいいじゃないか、と Phonics の教材を真似させてもらって、日本語用に教材を作ってみました。画像ファイルさえ用意すれば、自動的に教材を PDF で生成する、というものです。こういう時に、仕事で使っている開発者としてのスキルが活かされます。そうして出来上がったのは、こんな感じの教材です。



娘は、まだまだペンでなぐり書きしか出来ないのですが、ゆっくりと慣れていくのかなと、気長に構えています。

画像は、Google のイメージ検索で見つけたものを使っているので、著作権的に PDF をここで公開はできないのですが、せっかく作ったものなので、もし試してみたい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。生成された PDF をお送り致します。

2010-04-05

4/10

今日から奥さんの会社で、4/10(フォー・テン)と呼ばれるシステムがスタートします。
これは、1日10時間働き、週4日勤務というシステムです。毎週金曜日から日曜日、3連休が毎週続くのです。朝7時から働き出し、夕方5時半ごろまでという勤務時間になります。

昨年までは、9/80(ナイン・エイティ)と呼ばれるシステムが夏の間だけあったそうなのです。これは、9日間で 80時間働くようにすることで、隔週で金曜日が休みになります。このシステムを発展させて、今年から 4/10 というシステムになったのだとか。きっと、これまでの 9/80 によるコスト削減効果が高かったからでしょうね。

このシステムのために、家族全員の生活リズムが変わらなくてはならないのに、金曜日は相変わらず仕事に出なければならない私は、ちょっと損している感じがしてしまっていて、あまり好きなシステムではないです。とはいえ、これにあわせないといけないので、毎週金曜日は、ダウンタウンで合流して、夫婦でゆっくり昼食を食べる日にでもしようかと思います。

あー、いいなぁー、しかし。。。